2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.10.20 (Thu)

待ってました!!

最近、とっても気に入って使っている米粉が届きました。

注文するのに勇気がいりましたよ〜
20キロ入りの大袋です。

161020_0714~01

袋の大きさがわかりやすいように、ムスメに「となりに寝転んで」とお願いしたら、「いやっ!」と激しく拒絶されました(涙)
ムスメの体重は17キロあるし、わかりやすいかなぁ、と思ったんですけど。

ともあれ、今までは1キロの袋で買っていたのですが、あっという間になくなってしまって、在庫の補充を忘れると泣きたくなるくらい切ないので、一気に買っちゃうことにしました。
1キロ入りの袋を20袋買うのと20キロの大袋を比較すると、1キロ入りの袋のほうが小分けの手間の分割高で1.3倍くらいの値段になるので、節約になりますしね。

でもね、以前も同じことを考えてミズホチカラの20キロ入りの袋を買い、使うたびに粉が飛び散り、小分けしようと小さな袋に入れる時にこぼし、掃除がとっても大変だったので、「もう二度と大袋は買わない!!!」って誓ったはずなんですけど、私。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」っていうのか……でも、粉がたくさん家にあると安心するんですよねぇ。
「これだけあれば、子どもたちの食べ物、大丈夫」って。
冬眠するクマみたいですけどね〜

そうそう、クマといえば、いもとようこさんの『ずっとそばに』という私の大好きな絵本があります。

161020_1420~03

お父さんとお母さんを人間に殺されてしまったクマさんが森の動物の子どもたちを慈しみ、ともに信頼しあいながら一緒に暮らしていました。
ところがもうすぐ冬になるのに森には食べ物がなくなってしまい……。

うえーん、内容を思い出しただけで涙が出てきて、胸が苦しい……ダメだ。
切なくて悲しくて、でも愛しくて、やり場のない思いがこみ上げくるけれど、「みんな仲良く暮らしていかなくちゃならないんだ」と考えさせられるお話です。

ラストシーンを書いてしまうと読んだ時の感動が知らずに読んだ時と違ってしまうと思うので、触れないでおきますね。

私はこの絵本を子どもたちに読み聞かせするために買ってきたのですが、読みながら号泣。
涙がぼろぼろこぼれて字は見えないわ、しゃべれなくなるわ、で、それを見ていたムスメも泣き出し、ムスコはびっくりしてしまい、読み聞かせどころではなくなってしまいました。

今も、寝る前に読む本が並べてある本棚の目立つところに置いてあるのですが、ムスメに「好きな絵本を選んでね」と言うと「うん、わかった。おかあが なかないのにする。このえほん、ないちゃうんだよ」と指摘して避けています(汗)

それを聞いたムスコが、「おかあが泣いちゃうって、『ごんぎつね』も泣いちゃった? 先生も泣いちゃうんだって」と話し出し、『ごんぎつね』と聞いただけでウルウルしはじめた私に、「あー、やっぱりねぇ。先生は先生になる試験の時に『ごんぎつね』が出てて、泣いちゃって泣いちゃって問題がとけなくて大変だったんだってさ。おかあも誰かの前で絵本とか読まないほうがいいよ」とアドバイスしてくれました。

はい、わかりました。
『100万回生きたねこ』も人前で読まないようにします。
これも涙がじわじわじわじわ、ラストでどわ〜っ、なんですよねぇ。

子どもの頃は何を読んでも平気だったのに、母になったら涙腺が緩んでいるというか……もう涙腺が壊れてます(苦笑)
子どもたちが可愛くても泣けちゃうんですよねぇ、困ったもんです。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
切り干し大根とれんこんのミートソースなどの料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  私の役に立った本  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |