2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.10.04 (Tue)

カボチャの煮物で米粉マフィン

まずお詫びですみません。
ただいまレッスンのためのレシピの試作に明け暮れております(汗)
レシピがそろそろできあがりそうですので、お待たせしていて申し訳ありませんが、告知にはもう少しお時間をください。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、夕飯のカボチャの煮物が少しだけあったので、それをマフィンにしてみました。
うちのカボチャの煮物には醤油は入れないので、茶色っぽい色じゃないのでお菓子向きかな、と思って。

161004_1121~01

カボチャの煮物が甘かったので甜菜糖は入れませんでしたが、風味漬けにはちみつを入れて焼き上げました。
味は良かったんですが、でも、これ、マフィンっていう食感とは違うなぁ……。

ムスコとムスメに食べさせてみると……。

「おいしいけどさ、これ、気泡が小さいっていうか、ふわっとしてないっていうか、ちょっとだね」とムスコがあまりにも的を得たコメントをしたのでびっくり仰天。
だてに10年近く米粉を食べてきたわけじゃないのねー(笑い)

ムスメはおいしいと言っておかわりして食べていたので、これはこれで焼き菓子として「アリ」の味なのかもしれません。
マフィンとしては「ナシ」だけど。

話は変わりますが、面白いことがありました。
ムスコは新しくできたお友だちのおうちに初めて遊びに行くことになっているのですが、その朝のやり取りです。

ムスコ「おかあ、上に着るTシャツ、見つからない」
私「タンスに入ってるよ。長袖も半袖も入ってるからわからないのかな?」
ムスコ「いや〜、いろいろ入っているけどさ、派手じゃないのがいいんだよね」
私「派手じゃないって、どういうこと? いろいろな色や柄がないほうがいいってこと?」
ムスコ「そうそう、そういうこと。だってさ、今日、はじめてのおうちに行くじゃない? だから派手じゃないのがいいと思うんだよね」

私が笑いをかみ殺しながら、半袖で白地に水色の文字が書いてあるTシャツを渡すと……
ムスコ「これで大丈夫かな? 派手じゃない? 半袖がいいよね? 下着も脱いだほうがいいかな? 初めてのおうちで暑くなっても、まさか、そこで脱ぐわけにいかないもんね。今日は暑くなりそうだから汗かいちゃうと困るからね」

学校に行くので玄関先まで行くと……
ムスコ「ねえ、おかあ、挨拶は『失礼します』だよね? 『お邪魔します』よりも丁寧だもんね。あとは話す時は『です・ます』だよね。じゃあ、いってきます」

次から次へと、よく、まあ、思いつくもんだ(笑い)

このブログで何度も書いていますが、ムスコはものすごく人見知りです。
同世代の子に自分から話しかけることはないですし、相手から話しかけられても「おう」「うん」「よくわかんない」くらいしか言いません。
大人だったら普通に話せるんですけどねぇ。

なので、友だちになったばかりの子のおうちに遊びに行くと聞いた時には、「やったぁ!」と、とても嬉しくなりました。

そして、とても嬉しかったのには理由があるのです。

つい先日のこと。
夜、寝る前におしゃべりしていたら、「ボク、ほとんど遊び相手がいないんだよ。おかあとみーやんくらいかなぁ。だってさ、学校の子、ほとんどみんなゲームで遊ぶか、塾通いしてるから。ボク、ゲームは持ってないし、やらないし、塾も行ってないしさ。だから、友だち、いないの」。
その言葉を聞いて、切なくなってしまいました。

ゲーム機を買うのは簡単だけど、ムスコの性格からしてゲーム依存になるのは目に見えているから私は積極的には買おうとは思わないし、ムスコも自分でゲームをやりすぎてしまうことをわかっているから欲しがらないんですけどねぇ。
塾も行きたければ行けばいいんだよ、と言っても、塾は嫌いだ、と言って行かないし……。

小学校にいる他の子と生活スタイルが違うから、会話も含めた接点が見つからないということなんでしょうね。
もうそろそろ小学校の高学年になるんだし、ゲームや塾、どうしたらいいんだろうなぁ、と悩んでいたところだったです。

ところが、ところが。
新しく友だちになった子は、ムスコが「ボクはゲーム機もスマホもないからゲーム、よくわからないよ」と言ったら、「じゃあ、教えてあげるから、やってみたらいいじゃん」と言ってくれたとのこと。

「おまえはゲームを持ってないから一緒に遊べない」じゃなくて、「ボクのゲームで一緒に遊ぼう」と誘ってくれた、その子の優しさが私には涙が出るほど嬉しかったです。
小学4年生としては、ムスコは幼いし、その子は精神的にも大人びているのかもしれませんね。

ムスコも来年は小学校高学年。
思春期の入口も見え隠れする難しい年頃になってきますが、どうか、どうか、良い友だちとめぐり会い、思い出多く、楽しい少年時代を過ごせますように。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(2)

Comment

初めてのお家に行く時に気候と服装を考えられる4年生って素晴らしいですね。他人のお家でどんな事をしているのか見えないので先に練習してくれると親としては安心ですね。

私も子供の頃は人見知りで「お付き合い」がとっても苦手だったのでほとんど家にいた気がします。親戚もダメだったので盆暮れ正月が辛かったですねー。
高学年以降は図書館に行ったり1人で何時間もお散歩を楽しんだり。
息子くんの気持ち、少しだけわかります。ファミコンも私は持ってなかったし塾にもいかなったので話題についていけない事とかも。
でも少しだけ視線を広げるとそういうことを気にせず付き合ってくれる友人も結構いたりして、悪い事ばかりでも無かったです(^^)
それに派閥に入らなくても過ごせるので(仕事によってはそのスキルが必要かもしれませんが)で、今の職場では中立の立場として重宝されておりますよ。
こんな私から社交的な子供が出てきたので、世の中面白いなぁって思ってます。

色んなタイプの人間がいるから世の中うまく回ってるんだろうなぁと今になって改めて思います(´ー`)

しかし、男の子はみんなゲームしてますよね。ゲームを持たせてないママさん達も同じ様な事で悩んでました。
女の子もゲームもしてますが、女子トークが中心のようでゲームを持ち歩いて遊びに行く事は少ないですが…。ゲームは難しいですねー。
キャンプに行ってまでゲームしてるお子さんを見ると、それはどうなのかなぁ。と思う事も…。
最近の我が家はやっと落ち着いてきましたよ。
「勉強した時間だけ8時半までならゲームをさせてあげる」と言ったらやる気を出してルールを守って、ちゃんとたっつんを仲間に入れて2人で楽しそうにしています。たっつんにはゲームを買わざるをえない環境になってしまってますけどね…。
そしていつまでコレを餌に勉強を釣れるかわかりませんが 笑

ふと『いつになったら子供への悩みが減るのかな?』って真面目に考えたんですが、とりあえず社会人になったらひと段落なのかな⁇と思ったら気が遠くなったので考えるのやめました 笑
親業、頑張りましょうねぇ!




おちょこ |  2016.10.04(火) 23:14 | URL |  【編集】

おちょこさんへ

丁寧にご自身の子ども時代の経験を教えてくださり、ありがとうございます。

おちょこさんは子どもの頃から、しっかりとした価値観があり、自立心を持ってらしたのですね。
無理に人に合わせるのではなく、自分でどうしたいのかを考えて行動し、そうやって歩んでいるうちに同じように視野の広いお友だちと出逢うことができたのですね。

ムスコにもおちょこさんのように自然体でいながらにして、素敵なお友だちにも出逢えるような生活をしてほしいと願っています。

ムスコは甘えん坊というか、精神的に幼いというか……すぐに、「なにすればいい?」「なにをしたらいいかわからない」と受け身で、自分で考えようとしないところが心配の種なのですが。

まず、自分はどうしたいのかという、自分の立ち位置みたいなものを定めるのが大切なのかなぁ、と私は思うんですよね。
そこからがスタートかな、と。

おちょさんがおっしゃるとおり、小さいうちから「自分はどうしたいのか」「どうありたいのか」と自問自答することは、社会に出てからも役に立ちますよね!
子ども社会でも大人社会でも、どこであっても、大なり小なり「グループ」みたいなものがありますものね。

自分の立ち位置がはっきりしたら、どうやったらうまくつき合っていけるか、と、もう一歩進んだことも考えられますし。
いろいろな人と付き合えることで学べることも多いですし、人生が豊かになりますもんね!

ゲームがあると、やっぱり楽しいから、やっちゃいますよね。
共通の話題が簡単にできるし、それで遊べばいいんだし、付き合いの中でいろいろと考えなくていいから楽なのかなぁ、なんて思ったりします。
その一方では、友だちづきあいが円滑になる、ゲームをしながら、先を読むとか、集中するとか、そういうことも身につけるようになっていけるとも思うのですが。
悪いことばかりではなく、一長一短ですよね。

なるほど〜、ゲームがあったとしても、それをうまく生活の中にとりいれて、ルールを決めて使っていけるんですね。
おちょこさんのお宅のゲームとの関わり方をうかがい、とても参考になりました。

もっとよく考えてみます。
ありがとうございます!
えららん |  2016.10.06(木) 11:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |