2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.09.23 (Fri)

いや〜、おもしろい!!

米粉でパンを焼くのは、私の生活の一部です。
なーんて言ったら大げさですが(笑い)

朝、子どもたちがパンを食べたがるので、パンを切らさないようにしています。
前日の夜にミズホチカラの1斤型の食パンを焼いて密封袋に入れておいた時には、朝ごはんにサンドイッチが食べられますし、製菓用米粉で作るパウンド型パンだったら、朝焼いても、サイズが小さいので1斤パンよりも冷めるのが早いので、焼きたてが食べられます。

ミズホチカラは保水性があるためかしっかりと冷まして余分な水分を飛ばしてからスライスしたほうがおいしいですが、製菓用米粉のパンは水分が蒸発しやすく、ほんわかと温かく、ふわふわした状態でもナイフの刃にほとんどくっつかずにカットできます。

ミズホチカラも製菓用米粉のパンも両方とも冷凍したものをトーストして食べるとおいしいので、冷凍庫にもどちらかを必ず常備しています。

ムスメが「ちっちゃいパン たべたい!」と言うので、冷凍庫を見たのですが、あるのはミズホチカラのみ。
「焼いて食べる?」と聞いたら、「みみがかたくないのがいい。 やかないでたべたい」とのことなので、パウンド型で焼くことにしました。

ちょっと試してみたかったこともあり、いつもパウンド型のパンを焼くのに使っている米粉と、パンを焼いたことがない米粉の2種類で試してみることにしました。
両方とも、小麦・卵・乳・大豆・ナッツなしのケーキやクッキーを焼くとおいしい製菓用米粉です。

スライスして並べてみました。
上がいつもの製菓用米粉、下が試しに使った製菓用米粉。

160913_1122~02

気泡の状態も違うし、焼き上がった形の美しさも違います。
言うまでもなく、上がいつもの製菓用米粉です。

気泡の大きさがどの程度に入るようにするかはお好みですが、このパウンド型のパンは、製菓用米粉の粒子の細かさの関係もあって、耳までふわふわやわらかです。

陥没しちゃっているほうは、もちもちしているようよりも、アルデンテ(?)といったらいいのか、ちょっと内側から押し戻してくるかのような固さがあります。

今回は同じ配合で焼きましたが、きっと、それぞれの粉に合った配合にすれば、2種類ともおいしいパウンド型パンになると思われます。

生地のとろとろになっていたほうがいいのか、クリーム状になっていたほうがいいのか、でんぷんや糖分、油脂の量などによっても焼き上がりはまったく変わりますね。
もちろん、焼き上げ時の温度も大きく影響しますが。

ムスメは「パン、2こ やいたの?」とニコニコしながら両手に持って食べていました。
私が首をかしげながら形の悪いパンを食べているのを見て、「おかあ、のこしちゃダメだよ。もったいないばあさん、きちゃうよ!」

そうだよねー、食材は大切に、楽しく食べないといけないよね。
残したパンはパン粉にして、今度、トンカツかコロッケにするからね!

あれこれ組み合わせていくと状態が変化していくので、おもしろいですね〜

米粉の種類自体が増えているということもありますが、米粉のここ数年の進化には目をみはるものがありますよね!!!
いやー、素晴らしい!

この分だと、米粉が小麦粉と同じくらい、スーパーで売っている当たり前の食材になる日も近いかも!?
我が家には小麦粉は置いてないけれど(笑い)

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |