2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.09.13 (Tue)

天然色素のラムネ菓子

ムスメが風邪をひいて家にいます。
鼻水と咳が出ていますが、いつものように高熱が出ているわけではないので(←出ないで治ってほしい!!)、それほどぐずぐずしないので、ムスメの様子を見ながら私の用事を済ませています。

私が「足りない食材を注文しなくちゃ」と思って、いつもお世話になっているチームアレルギ―さんのサイトを見ていたら、ムスメが「これ、つくりたい!」とカラフル☆ラムネを指差しました。

多少、調子が悪くても、食べ物にはめざといムスメです(笑い)

ムスメが「はやくたべたい。はやくつくりたい」と急かすので、ムスメの昼食の用意もそこそこに、レシピを見ながらつくってみました。
できあがったのは、写真とはまったく違う不格好なラムネでしたが……(汗)

160913_1100~01

レシピの全量で作ると多すぎるので、すべて半量にして作りました。

色素は「紅こうじ」色素を使い、フレーバーのエッセンスはなかったので省略。
フレーバーを省略したら味にメリハリがなかったので、ちょっとクエン酸を追加して酸味を強くしました。

オリジナルレシピのとおりにしなかったためか、丸めようと思ってもやわらかすぎてまとまらなかったため、コーンスターチをまとまる固さになるまで増やしました。

白っぽい甜菜糖を使ったのですが「作っている間に溶けてザラザラしなくなるのかしら?」と思いましたが、できあがってもザラザラした粒が残った状態。
私が以前作ったラムネでは粉砂糖を使っていたので、甜菜糖をミルサーなどで粉末にしておけばよかった、と後になってから思いました。
作る前に思い出せば良かったけれど、もう投入した後で間に合わず(汗)

白っぽいラムネはそのままの生地の色で、うっすらピンクになっているほうが紅こうじで色づけしたラムネです。

ラムネの生地を真ん丸にすると、生地の重さで平たくなるので、お皿の上に直接ではなく、クッキングシートなどの上で作ったほうが、水分が抜けやすいのではないかと思われます。
皿だとラムネが密着して底の部分の水分が抜けずべたつきますが、クッキングシートを敷けば、皿とクッキングシートの間に空気の層ができますから。

まだ乾燥していない段階だったにもかかわらず、ラムネはムスメ好みの味だったらしく、「おいしいね! これ、 おいしいね! にゃんにゃーががっこうからかえってきたら しろとピンク 1こずつ たべるんだよ。いまは もう たべすぎだからダメ」と、食べたくてついつい手が伸びてしまう自分自身に注意していました(笑い)

チームアレルギーさん、おいしいレシピをありがとうございます!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用。グルテンフリーのおやつ満載です。

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
グルテンフリーの料理やさまざまなパンやケーキ、お菓子のレシピもいろいろありますよ。
みなさんのおかげで増刷になりました! ありがとうございます!!


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |