2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.09.12 (Mon)

気持ちだけで、まあ、いっか。

先日、私の誕生日でした。

9月に入った頃から、ムスコが「もうすぐ、おかあの誕生日だね。プレゼント、何がいい?」
「ねえ、おかあの誕生日、なにあげようか?」とムスメにも相談を持ちかけ、ひとりで盛り上がっていました(笑い)

私のふたりへのプレゼントのリクエストは「お手伝い券」。

「おかあさんが頼みたい時に『お手伝いして』って言ったら、『えー』とか『あとで』とか『それ、やりたくない』って言わないで手伝ってくれる『お手伝い券』がいいなー」と言うと、「わかった!」とふたりでいいお返事。

誕生日の当日、どうなることかと思ったら、去年同様、母から「お誕生日おめでとう」とメールが届いたのみ。
子どもたちからは一言もなし(苦笑)

去年までは、実家の母以外、「おめでとう」と言ってくれず、みんなから忘れ去られた誕生日だったので、どうして今年は一生懸命言っているのか不思議だったのです、実は。

ムスコが私の誕生日を認識していてくれただけで大きな進歩だし、まあ、いいとしよう。

「ケーキでも作ろうかな」と言うと、「じゃあ、買いに行こう!」とムスコ。
「え? どこで小麦・卵・乳製品なしのケーキ、売ってるの?」と聞くと、「頼まないとないなぁ……。だから、おかあが作るんだね」

やっと納得したムスコは「そうだよね、おかあのお誕生日だもんね!! ローソクも立てる?」といきなり張り切りモードになり、ムスコとムスメと3人でロウソクを買いに行きました。

ケーキ作りの時には、ふたりは味見の手伝い。
「どうやったらいい?」「これ、どうするの』と、飾り付けもとっても熱心でしたよ(笑い)

できあがったケーキはよれよれになってしまいましたが、子どもたちの年齢のロウソクを立て(←ムスコが9歳、ムスメが3歳。「サンキュー」の語呂合わせじゃないんです。笑い)、ロウソクに火をつけてムスメが「ふ〜」。

160911_1928~02[1]

食べながら、「ねえ、おかあ、このケーキ、卵みたいな味するね。卵、使ってないのにね」とムスコが言えば、「うん、たまごのあじ」と真似っこのムスメ。

「そう? 卵の味ってこういう感じかな?」と聞くと、「うん、そうだよ!」とムスコ。
まだ食べたことがないけど、自分が知っている食材の味を組み合わせて、こういう味なのかな、って想像してるんだねぇ。
可愛いものですね〜

まだ「お手伝い券」のプレゼントが届かないのですが、もらえるのはいつかしら?
来年の私の誕生日かな?(笑い)

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用。グルテンフリーのおやつ満載です。

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
グルテンフリーの料理やさまざまなパンやケーキ、お菓子のレシピもいろいろありますよ。
みなさんのおかげで増刷になりました! ありがとうございます!!


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(2)

Comment

お誕生日おめでとうございます!
お母さんの誕生日って悲しい事に1番認知度が低いですよね。私もいつも自分でケーキ作ったり買ったりしてアピールしていますが、『ケーキが食べられる日』程度の認識です…。

子供の頃はお手伝い券なんて嬉しいのかな?なんて思っていましたけど、もらう側になってみたらとっても嬉しいですよね(*^^*)
お手伝い券=『お母さんのお願いしたお手伝いを断ってはいけない券』はとても魅力的です 笑

よい1年になりますように♪
おちょこ |  2016.09.16(金) 19:34 | URL |  【編集】

おちょこさんへ

ありがとうございます!
いくつになっても「おめでとう」と言ってもらえると嬉しいものですね。

おっしゃるとおり、母の誕生日の認知度は低いです……。
私自身、優先順位1位は子どもたちの誕生日で、次がクリスマス、あとは夫の誕生日(←すねるからね。笑い)ですかね。

自分のことは、いつも後回しになっちゃいますね。
母に「誕生日プレゼント買ってあげるよ。何か欲しいの、ないの?」と聞かれても、とっさには何も浮かばなくて。
いつまでも母に元気でいてもらいたいと思いました。

今年、父を亡くしたからかもしれないですが、「健康で元気に過ごせること」とか「家族みんなで楽しくご飯が食べられる」とか「素敵な友人たちとの心の絆」とか、お金で買えるものよりも、お金で買えないもののほうが大切に思えるようになってきました。

お手伝い券、もうすでに子どもたちは忘れちゃってるみたいなのですが、ムスコとムスメが一緒になって「お手伝いしたい、なにかしたい」と台所で大騒ぎするたびに、「ふたり一緒じゃなくて、ばらばらに手伝って!」って言いたくなっちゃいます。
狭い台所でぎゅーぎゅーになって騒いでいて、包丁を落としたり、食器を落としたりしたら危ないじゃないかぁぁーーー

子どもたちが「お母さん、お母さん」と言ってまとわりついてくれているのが、今年の何よりの誕生日プレゼントかもしれません。
えららん |  2016.09.16(金) 20:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |