2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.07.11 (Mon)

パン弁当を持って湘南へ

土曜日は雨でしたが、日曜日は薄曇りになりました。
参議院選挙の投票を終え、子どもたちが「海に行きたい!」というので電車で湘南へ。

行った先は湘南とは言っても、江の電で行ける海は激混みだろうという予想で、辻堂海岸と辻堂海浜公園まで行きました。
我が家は自動車がないので、移動は公共交通機関です。
電車やバスが混んでないか、目的地のそばに駅があるのか重要なチェックポイントになります。

最初は辻堂海岸に行ったのですが、ここはサーフィンで有名な場所。
いつも波があるため、小さな子どもを遊ばせている人の中には、子どもにライフジャケットを身につけている方々も見かけました。
遠浅ですが、急に深くなっているところもあるので、子どもから決して目と手をはなしてはいけないと思われます。
家族連れは少なめです。

大小の波が来るので、ムスコは楽しそうに波がざっぶーんとなる波打ち際で遊んでいましたが、ムスメは波にびびりまくって、浜辺で砂遊びでした。

160710_1150~01[1]

思い返してみれば、去年、ムスコは何度も「海が見たい」と言い、季節はずれの時期に来ては、人気のない海をずっと見ていました。
陽気がいい時でも、「海の水が温かいから足だけつけてみようよ」と誘っても、「砂がつくのがイヤだ」「波はイヤだ」と言って砂浜を歩くだけ。
遊ぶこともできないほどに心が疲れていたのかもしれないなぁ。

けれども、今年は自分から波にざぶざぶ入って行って、私のほうが「遠くまでいくとおぼれちゃうから、ひとりで行っちゃダメだよ!」と声をかけないといけないほどでした。

画像のムスコは波打ち際に直立不動でいますが、それは波が怖いからではなく、「おかあが一緒に手をつないで海に入ってくれるのを待っている」の図です(笑い)
ムスコが元気に遊ぶ姿を見ていて嬉しくなりました。

おでかけの時に一番気になるのが、食事です。
食べられるお店や加工食品を探してさまよっていて時間がかかるよりも、安心して食べられるのはお弁当。

我が家では、おでかけの時にはほぼ100パーセント、お弁当持参です。
もしも食べられそうなお店を偶然発見したら、入ってみたりすることもあることはあるので、お弁当には保険の意味もあります。
でも、お弁当が一番安心ですよねぇ。

海に行く時には、海の家でごはん、なんてちいーっとも考えず、お弁当ですよ、お弁当。
おにぎりをにぎることも考えたのですが、長時間持ち歩くことになるので、水分が多いと心配かな、と思って、パンを焼きました。
パウンド型の米粉食パンにソーセージを入れて焼き上げたものです。

160710_0855~01[1]

すみませんっ!
何の芸もないんです(汗)

米粉食パンの上にソーセージが乗っているように焼き上がったらいいな、と思っていましたが、やっぱり、生地がゆるいので焼き上がった時には見事に底に沈んでいました。

でも、子どもたちは「あっ、ソーセージが入ってる!」と喜んで食べてくれたので、よし、としたいと思います。

主食とおかずが一緒になっている総菜パン。
おにぎらずと同様、おでかけに便利ですよね〜

おにぎりだと近所の公園に行く時にも持って行くので「特別感」がないので、ちょっとおでかけの時に頑張って作れるような総菜パンのバリエーションを考えてみたいと思います。

そうそう、参議院選挙が終わったと思ったら、今月末には都知事選挙ですね。
たくさんの候補者の名前が上がっていますが、その中に宇都宮けんじさんという方がいらっしゃいます。

ご覧になった方もいらっしゃるかとは思いますが、宇都宮さんは日本屈指の凄腕弁護士で、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でも取り上げられ、正義感を守るために、社会的弱者を救うために闘ってきた方です。
「プロフェッショナルとは、他人のために一生懸命仕事をする人のこと」とおっしゃっていますが、都知事になっても、都民のために何事も諦めず、良くなるように頑張ってくださるのではないかと期待しています。

宇都宮けんじ希望の政策・7というのが掲げられているのですが、その中には、都知事として予算をクリーンに使うというのはもちろんなのですが、子どもたちがのびのびと暮らせる社会、子どもたちの可能性をのばせるような土台作り、環境を守るための代替エネルギー推進、平和を守ることなど、子どもたちが過ごしやすい未来をにするための政策が多くあります。

7月14日追記:宇都宮けんじさんは立候補を取り下げたと報道がありました。政治の世界のことはさまざまな計算や力関係が働き、「人間性が信用できるから」とかそういうことだけではないのでしょうね。

国際情勢のみならず、日本国内の状況が急速に変わりつつある今、子どもたちの世代になった時に、当たり前の日常がなくなってしまうようなことにならないといいな、と心から願っています。

私にできることは、「この人に未来を託したい」と思う人候補者への一票を投じることだと思っています。

投票権は18歳以上となり、若い有権者が増えましたね。
若い有権者たちの一票一票が、自分たちの未来を選びとるために投じられますように。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載です。

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  コメント(4)

Comment

海はいいですよねぇ。私も時間ができたら海を見に行っちゃいます。江ノ島とは違って千葉の港ですけど。
疲れた時も元気な時も、海はいいですよねぇ。
ちょっと遠いかもしれませんが、館山の海がとっても青くて綺麗ですよー!天気がいいと富士山を見ながら海水浴。駅からまっすぐ歩いてすぐ海!江ノ島や九十九里浜みたいに賑やかすぎずオススメですよー!いつか行ってみてください(*^^*)

ソーセージパン、食べるのが楽しくなるデザインですね♪私がえららんさんに言うのもおこがましいですが、以前えららんさんのパンレシピで小さい型に入れて発酵の後15分くらい蒸してから具材を乗せて焼いたらコーンマヨパンを上手く作る事が出来ましたが、いかがでしょうか?
手間がかかるのでそれ以来作っていませんが…。
おちょこ |  2016.07.12(火) 21:50 | URL |  【編集】

おちょこさんへ

青い海と青い空を見ながら、潮風を感じていると心がなごみますよね〜

この間、海に行った時に浜辺をムスメと一緒に裸足で歩いていて、足はやけどしそうなほど熱いわ、でもサンダルを取りに行くのにも遠いわで、ムスメをだっこして「トタン屋根の上の猫」みたいな状態になり、遠くでビーチバレーのコートを冷やすためにホースで水を巻いている男の人に「あちちちち!! 水、水、水をくださいーーーー!! やけどしちゃいそうなんです!!」と大声で叫び、助けてもらいました(汗)
海はロマンばかりじゃないと身をもって知りました(苦笑)

夫の出身が千葉なので、最初に連れて行ってもらった場所は九十九里でした〜
ハマグリも焼いて食べましたよ!
南欧の雰囲気があったりする場所もあって、千葉の海は行く所によってずいぶん印象が変わりますよね。

総菜パン、考えてくださってありがとうございます!
コーンとマヨドレ、間違いなくおいしいですよね!!
やっぱり、米粉パンは、蒸してバリエーションをつけるほうがいいですよね。
発酵して焼くだけの蒸す手間なしのパンにしたかったのですが、急がば回れの心意気が米粉パンには大切ですね。
えららん |  2016.07.13(水) 13:49 | URL |  【編集】

簡単に作れる惣菜パンを創作中だったんですねー!
急がば回れ、は最近の私の教訓です(;^_^A焦って作ると食パンがうまく作れないんです。
でもえららんさんは十分手間暇かけて作ってらっしゃいますよ〜‼︎お弁当にサンドイッチなんて作った事がないです。食べるの簡単、作るの大変なサンドイッチですもの…。

海はそうですね、ロマンばかりじゃないですね。
砂浜の熱さ、ソーセージでも焼けそうな時ありますよね。なんで裸足になっちゃったんだろうって後悔するのに毎年やっちゃいます。
そして千葉の港の方は近くで眺めると、汚くてがっかりしてしまうので必ず高い場所から眺めるように気をつけてます 笑


おちょこ |  2016.07.14(木) 12:59 | URL |  【編集】

おちょこさんへ

「急がば回れ」がおちょこさんの教訓になってらっしゃるなんて、同じですね!
パン作りもそうですが、アレルギーも焦っちゃダメですもんね……。

あっはっは!!(笑い)
ソーセージが焼けそうな熱さ、そのとおりですね!!!
浜辺でバーベキューは禁止ですが、鉄板置いてソーセージ乗せて、必要に応じて虫眼鏡で日光を集めて「焼けるか、焼けないか実験」やってみた〜〜〜〜い!

海にはロマンあり、リアルあり、で、やっぱり水がある場所はいいですよね!

今年は砂浜で遊ぶだけでなく、どっかで川遊びができないかなぁ、と思って場所を探しています。
川底の小石拾いとか、小魚や沢ガニを子どもたちに探させたいんですよ〜
ふたりとも尋常じゃなく虫や生き物を怖がるので(涙)
9歳児はいいとしても、3歳児を連れて電車(またはバス)で行ける圏内で、と考えると、なかなか難しいものです。
えららん |  2016.07.16(土) 05:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |