2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.06.27 (Mon)

梅シロップの不思議

今年も梅シロップを作りました。

梅シロップは青梅で作るとさっぱり・すっきり・きりりとした甘酸っぱいおいしさですが、完熟梅で作ると甘みと香りが強くなり、フルーティな味わいになります。

ここ数年、毎年、無農薬栽培の完熟して木から自然に落ちた南高梅を農家の方に送っていただき、梅シロップを作っています。

作り方は簡単です。

梅を洗って乾かし、ヘタを楊枝でとり、梅の実全体に楊枝でちょんちょんと穴をあけて、氷砂糖と一緒に漬け込んで3週間から1か月ほど日の当たらない涼しい場所に置いておくだけ。

たったこれだけで、香り高くて味わい深い梅シロップができるなんて、自然の力はすごいですよねぇ。

今年は同じ梅だったのに、ちょっとやり方を変えたら、できあがった色も風味もずいぶん違ったので、驚いています。
普段は直射日光が当たる場所には置いていませんが、色がわかりやすいように窓際に持って来てきました。

160627_0823~01[1]

左側の色が薄桃色のほうは、傷がない完熟梅を使ったもの。
右側の鴇色のほうは、傷がある梅を使ったもの。

氷砂糖で漬け込む時には、梅の表面にたくさん穴をあけて梅のエキスを出やすくするくらいですから、表面に傷がある梅であっても支障はないと思うんですよねぇ。

けれども、傷がある梅のほうが色が濃いし、シロップが早くできてきたし、作っている最中から、酵母が活発に発酵しているようでブクブクしています。

もしかしら、梅自身が傷ついた部分を修復しようとして、そこにエネルギーが集まっているから、シロップにした時に、ぎゅぎゅぎゅっと詰まっていた酵母が出てきて、元気いっぱいに活動しているのかなぁ。

子どもたちは「おいしい、おいしいね」と言いながら喜んで飲んでいます。

ブクブクしたまま置いておくと発酵しすぎてアルコール分が出てしまったり、酢のようになったりしてしまうのですが、この元気いっぱいの酵母の働きを火入れして抑えてしまうのは惜しいので、まだ梅のエキスが出きっていないようだけど冷蔵庫に入れようかなぁ。

もう1本の傷がない梅をシロップにしたほうがブクブクした感じもないので、もう少し常温で置いておいて梅のシロップを出し切ってから、必要に応じて火入れすればよさそうです。

今年の夏もかなり暑そうですが、我が家では、今年の夏も梅シロップと甘酒が大活躍してくれそうです。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |