2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.03.03 (Thu)

クッキーのまとめ焼き

うちの子どもたちは食物アレルギーがあって外では食べたいと思っても我慢しているためなのか、ただの食いしん坊なのか定かではありませんが、毎食後、「今日のデザートなに?」。

朝ごはんの後のデザートはナシ、ということになっているのですが、お昼ごはんと夜ごはんの後のデザートは必須。

3時のおやつに関しては、「朝ごはんの後のデザートは我慢しているんだから、その分も込みで食べたい!」というものすごい理屈がつきます(笑い)

そんなわけで、子どもたちに食べさせるのにも、私がちょっと何か食べたいと思った時にも便利なので、いつもクッキーを冷凍庫に入れてあります。

クッキーを作る時には、こんな感じで「まとめ焼き」。
今回は、4種類をいっぺんに焼きました。

160303_1453~31

左上から時計回りに、玄米寒天サブレ、ココア寒天サブレ、紫芋とコーンフレークの寒天クッキー、堅焼き寒天クッキーです。
すべて、寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトに掲載しているレシピで作っています。

本に載っているのとはかたちが違いますが、抜く型が変わったり、厚みが変わったりすると食感も変わるので、楽しいです♪

今回はあわてていてオーブンシートを敷き忘れています(汗)
でも、敷いたほうがクッキーがするりととれるし、天板にクッキーがこびりつかないので、さっと水で流すくらいでラクチンです。

焼き上がってみたら、ココア寒天サブレががっちり天板にくっつき、無理矢理はずして割れてしまったのも多数(涙)
ちょっとした手間もおいしく食べるためには重要だと、毎度のことながら反省する私でございます(汗)

そうそう、私のレシピの分量が少なめなのは、実は、天板の半分に乗るくらいの量にしているからなんです。
同じ温度で、同じくらいの焼き時間でできるクッキーであれば、1枚の天板で2種類焼くことができます。

ただ、2種類作ると、最初に型抜きして天板に並べた生地が乾燥してくるので(←天板に並べた後に乾燥する分には問題ありません。型抜き以前に乾燥してしまうと抜きにくくなるので乾燥は避けたいですが)、後から並べた生地のほうに火がまわりやすくするとよいかと思います。

2種類を1枚の天板で焼いて左右を反転させる、あるいは2段で焼けるなら、1枚の天板に1種類ずつ乗せ、上下を入れ変えたり、火のとおりが甘い時にはその分だけ焼き時間を延長する、などするとよいかと思います。
時々、様子を見てくださいね。

もし、2段分の天板が入るオーブンで、天板2枚に2種類ずつ、合計4種類を焼く場合には、途中で上下を入れ替えたりして、焦げないように、でも生焼けにならないようにしています。
ただし、こうなってしまうと、2枚の天板の温度が均等になるようにオーブンの様子を見なければならず、「クッキーのお守り」が必要なので、手間が減るかというと、そうでもないかと(汗)

私の場合は、「さーて、やるぞ!」と気分が乗った時に何種類も作るのが好きなので、「クッキーを作ろう」と決めた日には、4〜6種類くらい作っています。
ポリ袋に入れて生地を作るので、作りはじめてしまうと、あんまり面倒だという感じもしませんし。

今日はひなまつり。
3月下旬には連休があり、その後、子どもたちは春休みに入りますね。
お子さんと一緒にクッキー作り、いかがですか?

いっぱいできたら冷まして密封袋に入れて冷凍庫で保管して、冷凍庫から出したてのカリッ、コリッとした冷たいクッキーを食べるのも楽しいですよ♪

160225_1115~58
『寒天を使って、サクサクおいしい-米粉のクッキーとタルト』もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(2)

Comment

レシピ本、届きました-!

どうしてあんなにきれいに型抜きができるのか、不思議です!
タルトはおいしそうで、釘付けになってしまいました(笑)

コストコで1リットルのメープルシロップを買ったのですが、メープルシロップで作っても大丈夫でしょうか?

息子くんの絵が、なんとも素朴で暖かくて…
本の雰囲気にぴったりだな~と思いました(^^)

家族で作り上げた本って、素敵ですね♪
まみ |  2016.03.03(木) 17:18 | URL |  【編集】

まみさんへ

ありがとうございます!
本、買ってくださったのですね。
ムスコの絵もほめてくださって、ありがとうございます。

型抜きですが、崩れやすくて抜きにくい生地の時には花とかハートとか、シンプルで抜きやすい型を使って、抜きやすい生地の時にはちょっと複雑なもの、動物などをも使ったりします。
今度、型抜きのこと、書いてみますね。

タルト、おほめいたき、光栄です!!!
スーパーで手に入るなじみのある食材で作るタルトなので、お時間がある時に作ってみていただけたら嬉しいです。

1リットルのメープルシロップですかー、うっとり。
「高くてちょっとしかないから」とブレーキをかけず、「おいしいから、使っちゃおう!」って思ってたっぷり使えますね〜

本の「低糖シロップ」を「メープルシロップ」に置き換えると、シロップの糖度が変わり、とろりとした感じになるため、「メープルシロップ」だと若干、レシピの分量よりも多くすることになります。
メープルの香りも強く、甘さもかなり強くなりますので、市販のお菓子に近い味になるかな〜、と思います。
えららん |  2016.03.04(金) 08:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |