2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.05 (Wed)

米粉フォカッチャのサンドイッチ

米粉のフォカッチャサンド米粉のフォカッチャサンド



米粉と白神こだま酵母の優しい味わいの米粉パンは大好きです。
しかし、さすがに食べ過ぎて飽きてきました。

なので今日は、ムスコの米粉食パンを焼くかたわらで、自分用の米粉フォカッチャを焼くことに。
今日のお昼ご飯は、米粉フォカッチャのサンドイッチと心に決めました♪

上はチキンサンド。
簡単ローストチキンの残りに香菜をたっぷり入れてチリソースをかけてピリリと夏向きの味。

下はベーコン&トマトサンド。
焼いたベーコンにトマトとバジル、ミントを入れて、ノンエッグマヨネーズをたっぷりとかけたら、香ばしくて爽やかな香りでいっぱいのサンドイッチになりました♪


【More・・・】

米粉のフォカッチャ



<材料(直径12センチのパイレックス丸型1個分)>
♡リ・ブラン          80グラム
♡ホワイトソルガム       10グラム
* なければリ・ブランに置き換え可能。
♡とうもろこし粉        10グラム
♡コーンスターチ        8グラム

A1マーガリン         12グラム
甜菜糖             6グラム
塩               2グラム

白神こだま酵母         3グラム
温水(酵母用)         10グラム

温水              75グラム

バジル(生バジルでもOK)   お好きなだけ
*オリーブオイルにつけたドライトマトを刻んだものや、オリーブ、ローズマリーなどでもおいしいです。好きなハーブを好きなだけ、どうぞ。

菜種油(またはオリーブオイル) 適量
岩塩(または、自然塩)     適量
*焼き上げる時に菜種油を塗るのは乾燥を防いで塩味を引き立てるためです。精製した塩化ナトリウムだけの食卓塩だと塩しょっぱくなるだけなので、ミネラルや微量成分を含む岩塩や自然塩を使ったほうが格段においしいです。


<作り方>
1)♡の粉類をボウルに入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。
2)酵母を温水に溶かし、5分ほど置く。
3)ボウルに入れた粉類の上に甜菜糖をこんもりと盛り、離してA1マーガリンと塩を盛る。
4)甜菜糖を目がけて溶かした酵母を入れ、容器についた酵母を洗い流すようにしながら温水を入れる。
5)A1マーガリンと塩がまんべんなく混ざるよう、生地がなめらかになるまで数分間かき混ぜる。
*A1マーガリンはしっかり混ぜていくうちに温水の温度で溶けていくので大丈夫です。
6)分量外の油を塗った型に生地を入れて、軽く底を叩いて表面をならし、ラップをしてから天板に乗せる。四隅に湯を入れた湯呑みなどを置く。
7)35度で30分程度、1.5倍くらいまで発酵させる。
*発酵時間は室温によって変化します。夏場は30分程度、冬場は40分程度になります。
8)発酵が終了したらラップをはずし、生地の上を指先に菜種油をたっぷりとつけながら上部全面を優しくなぞる。油にひたしたフォークでポツポツと穴を明けてから、全体的に岩塩をふりかける。
*発酵していて軟らかいので、気泡をつぶさないように気をつけつつ、油をぬりつけてください。
9)岩塩を振りかけた型の上部をアルミホイルでおおい、しっかりとフタをする。
10)200度に余熱したオーブンで20分焼き、アルミホイルをはずして13分焼く。焼き上がったらすぐに型からはずし、ラックにのせ、アルミホイルをふんわりとかぶせて粗熱をとる。
*アルミホイルを外して焼くのは、焼き色をつけるためです。



型はそこが抜けないタイプの丸形なら、ケーキ型で大丈夫です。
私はたまたま、パイレックスを持っていただけなので。


ハーブの香りと塩のインパクトで、いつもの米粉パンとはちょっと違った味わいになります。
米粉パンですが、しっとりもちもちじゃなく、ふんわりと軽いです。
ちょっとパサつく感じになるところが、フォカッチャぽいんじゃないかなー、と私としてには思っていますが、どうでしょうか?

料理の付け合わせだったら適当な大きさにカットして食べてもいいですよ~。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

こんなの食べたい。

たまには自分用もいいですね!
ハーブと岩塩を米パンと組み合わせるところもいいわ。
今、お腹がすいているので、グーっと音がなりそうです。
>米粉パンですが、しっとりもちもちじゃなく、ふんわりと軽いです。
>ちょっとパサつく感じになるところが
え、もちもちじゃないんですね。
すごい配合だわ。メモっておこう!(←メモってないで作りなさいよ~。と心の声)
薄切りにして、ラスクのようにしても美味しそう。
カナッペみたいにしてもいいね。

生地上部に油をつけたり、フォークで穴をあけたり、
まねしてやってみたい事がいっぱいですー。
早く米粉クッキングを再開しなくちゃ。
ほしみかん |  2009.08.06(木) 07:00 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

そうなんですよー、もうムスコの米粉パンの残り物処分で大量に食べるので、飽きました~。
フォカッチャ、なかなかいいですよ。
ほしみかんさんならドライハーブをたくさんお持ちだから、いろいろなヴァリエーションをつけられますよ♡

米粉パンを「もちもち」じゃなくしたい時には、ホワイトソルガムやとうもろこし粉を入れるといいです。
ホワイトソルガムにはねばりがないので、1~2割入れると、かなり軽い感じになります。
そのかわり、長時間保存しようとすると乾燥しやすいので、ラップで包んでからジップロックで厳重パックしないといけませんけど。
味としては、とうもろこし粉を入れても糖分や油脂を調整する必要はないですが、ホワイトソルガムの場合、たくさん入れれば入れるほどクセが出てくるので、多少、糖分などを足したほうがおいしいです。まあ、好みの範疇ですけどね。
米粉だけじゃなくなると水分量が変わるので、その調整は必要ですよん。

上部に油をつけて塩を降るのは効果あり!でしたが、フォークの穴は焼き上がったら潰れていたので、あまり効果がなかったのかも……。
でも、フォークで穴を開けた分、ひび割れも少なかったかなぁ~?

夏場は体調が悪いそうですが、どうぞお大事にしてくださいね。
えららん |  2009.08.07(金) 06:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/162-f64b7617

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |