2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.01.04 (Mon)

新年初パン焼き

お正月気分はたくさん食べたお餅で味わって、そろそろ普通モードに入る準備です。
ムスコの冬休みは今週の木曜日までなので、宿題が〜、宿題をやらせないとぉ〜

先生から「ムスコくん、リコーダーが苦手みたいなので、『小さな世界』を吹けるようにして登校してください」と言われているので、「ぴゃらー、ぴー!!」と超音波みたいな状態のリコーダーを、「トゥー,トゥー」みたいな落ち着いた、安定した音を出して演奏できるよう特訓せねば(汗)

でも、ご近所迷惑でなかなか練習できず、なんですよね(涙)
何年か前、ムスコと公園で遊んでいた時、公園のすみっこでリコーダーの練習をしている男の子とママがいましたが、その気持ちが今、よく、よーーーくわかります。

ダメ出しばかりするとムスコのやる気がまったくなくなってリコーダーを投げ出してしまうので、少しでも良いところを見つけて、誉める、誉める!
誉めまくっていると、「結構、ボク、やるじゃん」というまんざらでもない顔をして(笑い)、調子に乗ってリコーダーの音を出そうとするので、まずは出してみて、そこから良い音にしていくようにしていこう、っと。

誉めまくられて達成感があったのか、ムスコが練習した後、「ねえねえ、おかあ、最近、パン食べてないね。おかあが焼いたパン、食べたい」と可愛いことを言ってくれたので、はりきってパンを焼きました。
私も誉められて伸びるタイプです(笑い)

ついでに、同じレシピでも水分量が変わると米粉食パンの食感が大きく変わるのか、比較実験をしてみました。

151230_1147~01

手前が水分量を多めにしてホットケーキの生地とパンケーキの生地の中間くらいの固さにしたもの、奥がいつものとおりの水分量。
見た目はほとんど変わらなかったのですが、水分量を多くしたほうがもちもち度が若干高かったです。

白玉団子の生地よりも少しやわらかめなくらいの生地だったり、かなりゆるい生地にしてふんわりした米粉食パンを焼く米粉もあるので、使う米粉や配合によって大きく食感は変わるんだなぁ、と改めて思いました。

米粉の世界では、米粉パン用の研究・開発もさかんになっていますよね。
ごはんを食べる量が減っているとは言いますが、米の消費量がパンで増えたらいいですよね!

日本国内でもグルテンフリーが広く認知されてきたからか、米粉にグルテンを足すというミックス粉の方向ではなく、米粉に麦成分を入れずにという方向での商品開発も活発になっているみたいですね。

何の本で読んだのかうろおぼえなのが残念ですが、米粉には疲労回復効果が期待できるというデータがあるそうです。
ごはんはもちろん体にいいのですが、米粉だと米粒よりも米でんぷんが体に吸収しやすいから、なのだとか。

おいしくて健康的ということなら、学校給食にもってこいだと思うんだけどなぁ。
「パン」といえば「小麦パン」の代名詞みたいな感じになっていますが、いつの日か「米粉パン」と「小麦パン」とメニューに表記されるようになったらいいな、と夢みています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |