2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.12.18 (Fri)

寒天のワンダーランド

ずっと前から行ってみたかった場所に行ってきました!
かんてんぱぱカフェ 初台店です。

寒天を使った製品のラインナップがものすごく充実していて、見るのが楽しくて、楽しくて、楽しくて!
かんてんぱぱのショップは試食もたくさんあって、「これ、どういう味かな?」と思った時に試せるのも嬉しいです。

また、カフェが併設されていてランチを食べたり、ティータイムを楽しんだりすることもできます。

私がランチで頼んだのはチャプチェだったのですが、糸寒天を戻した状態で90グラムも使っているそう。
「食べきれないかも!?」と思うくらいのボリュームでしたよ。
それなのに、カロリーはごはんも含めて400キロカロリー以下。
おいしくて、お腹いっぱいになって、しかも食物繊維たっぷり〜

ブラボー、寒天!!

いろいろと買い物もしてきちゃいました。

151217_1436~01

上の箱は粉寒天がたくさん入っていてお買い得価格。
「かんてんクック」は普通の粉寒天で、「ぱぱ寒天」は80度の熱湯でも溶ける簡単・便利な寒天です。
小分けパックに入っているから、計量スプーンなしでささっと使えるのが嬉しいです。

寒天蜂蜜は小さな容器(ポーション)に入っているので1回使い切り。
とろ〜んとしていてスプーンですくって食べる、子どもたちのちょっとしたデザートにいいかな、と思って。

寒天えんどうスナックはノンフライ。
まだ食べていないのですが、サクサクおいしそう〜

お店の人たちも、とっても親切です。
食物アレルギーの対応について聞いたのですが、カフェで食事をする際に、事前に電話などで確認すれば特定アレルゲンを教えていただくことができるそうです。

買いたいのは他にもあれこれあったし、食べたいメニューもあったのですが、あとはまた行った時かな。

時々、聞かれるのですが、私が使うのはほとんど寒天で、ゼラチンはあまり使いません(←使い方もよくわからない。汗)。
ムースでも、何でも寒天で固めるのが好きです。

あんみつとか、豆かんとか、水ようかんもだ〜〜い好き。
洋菓子も好きですが、とにかく和菓子が大好きなので、寒天派になったんだと自分では思います。

昔は「寒天には何の栄養もない」と言われていましたが、今はたくさんある寒天の効用に注目が集まっていますよね!
おいしく食べて健康になれるっていうのも、寒天を好きな理由のひとつです。

寒天は海藻からできている食物繊維たっぷりの食材だけど、ゼラチンは動物の肉の皮や腱などから作られる動物性タンパク質ですよね。
そのタンパク質に含まれるコラーゲンを原料にしたものがゼラチンなのだそうです。

動物性パンパク質は体に必要なものだと思うし、ゼラチンは古代エジプトの時代からあったともいわれ、先人たちの知恵が作り上げた素晴らしいものですよね。

でもね、厚生労働省の牛海綿状脳症(BSE)対策におけるゼラチン等に係る規制の見直しについて(案)みたいな公式な資料で、「BSE リスクの管理された国やリスク不明の国を原産とする牛骨のゼ ラチン等への使用を認めている」と書かれているのを読むと、食べる時にふと気になってしまいます……。

たとえば、ゼラチンそのものは良いものですが、ゼラチンの原料になる牛肉の安全性に関することに広がっていってしまい、結果的に国家間の政治・経済の問題にまで広がっていってしまい、わからないこと、消費者からは見えないことが出てきてしまうので、そういうのが不安な気持ちに結びついていたりします。

食の安全性というのはさまざまな角度から検証していく必要があり、わからないことが多々ありますね。

私は専門家ではないので、実際にところどうなのかはわからないので、もしかしたら、さまざまな食べ物のことでいらぬ心配をしていることがあるのかもしれません。
もっと食の幅を広げ、食べることを楽しむために勉強したいなと思います。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |