8年分のわがまま

毎日、暑いですねー
みなさん、体調を崩さずに過ごしてらっしゃいますか?

先日、ムスコを連れて大田区にある萩中公園に行ってきました。

この公園、すごいんです!
古い蒸気機関車、都電荒川線、消防車、トラック、ボートなどの本物の乗り物が置いてあって(←そのスペースはガラクタ公園という名前がついています)、それに乗って遊ぶこともできるし、「交通公園」という別名のとおり、小さな道路や信号などがあって、そこを自転車に乗って走って交通ルールを遊びながら学ぶこともできます。

150803_1549~02[1]

そして、そして、この公園で秀逸なのはプールと水場!
噴水から続く小さな川に足をひたすこともでき、プールには屋内・屋外があり、流れるプールやウオータースライダーまであります!

そんなに充実した公園なのに、大田区立の施設なので、公園の施設は無料、プールも数百円♪
お財布にもやさしいのです。

実はムスコ、小学3年生ですが、まだ泳げません……(涙)
去年までは水に入るだけでキャーキャー騒いでいたのですが、今年になって、弟家族がムスコを海に連れて行ってくれ、やっと海で浮き輪をつけてやっと楽しく水遊びできるようになったところ。

ちょっとずつできるようになっているとはいえ、さすがに、もう「ボク、泳げません」は通用しない学年かなぁ、と私は思い、プールに泳ぐ練習をしに連れて行くことにしました。

萩中公園のサイトを見せたら、ムスコは「うわぁ、ウオータースライダーがある!やってみたい!」
私が無理矢理連れて行って練習させるのではなく、自発的にプールに行きたいという気持ちが重要なので、その機会を逃さずに、即、連れて行ったのでした〜

結果的には、泳げたのは5、6メートルでしょうかね。
誉めて誉めて誉めまくって練習して泳ぐのが怖くなくなってきたようになってきたのですが、息継ぎができないので、このくらいが限界みたいです。
あとは、息継ぎができるように、励ましつつ、頑張ってもらわねば。

さてさて、ムスコ、最近、赤ちゃん返りがひどいです……。

ムスメが生まれたばかりの時には、まるで小さなお母さんみたいにかいがいしく世話をしてくれ、とても助かりました。赤ちゃん返り、まったくナシ!

でも、最近は何でもムスメと同じがよくて、朝から晩まで口をひらけば「だっこ、だっこ! だっこしたいの」
何でもムスメがしてもらうことは自分もしてほしいし、ムスメと同じものがほしいし、ムスメと同レベル……(泣)

ちょっと高いところから飛び降りて、「見てて、見てて、ここから飛べるよ! ボク、すごいでしょ?」みたいな言動もあったりします。
これ、保育園の年少さんくらいがよくやっていることですよね……(汗)

ムスメは「にゃんにゃー(←お兄ちゃんのこと)」と呼ぶのですが、ムスコが「にゃんにゃーもしたいの!」「にゃんにゃーが先!」などというように自分自身のことを愛称で言うようになっているところにも、赤ちゃん返りしてるんだなぁ、と感じます。

思い返してみれば、ムスコは保育園に通っている頃、とても聞き分けのいい「良い子」でした。
私が早朝からお弁当を作っていたので、その間、おとなしく椅子に座ってずっとテレビを見ていてくれたおかげで、作業がはかどりました。

「ダメだよ」といえばしないし、騒がないし、いたずらもしない。
親が嫌がること、叱られるようなことは何もしない子。
食物アレルギーとアトピー、喘息のケアのほうは気が抜けない感じでしたが、しつけ自体は手がかからなくて楽でした。

ところが、ところが、今は、ずっと我慢していたことが爆発的に出てきた感じ。
いやー、甘えて、甘えて、大変です(苦笑)

ムスコは生後4か月から保育園に通っていたし、その間、私がずっと心身ともに余裕がなくて甘えさせることもせずに過ごしてしまったため、今、保育園時代のやり直しをしているのかもしれません。

よくよく考えてみれば、ムスコは「手のかからない良い子」だったのではなく、「良い子でいないとお母さんに嫌われちゃう」と思ってムリして我慢して、子どもらしさを出せなかったんでしょうから……。

ふと思ったのですが、だっこには絶対量があるのでしょうか。
ムスコはだっこの量がまったく足りていないから、それを満たすため、毎日、だっこ、だっこ、だっことベタベタしているのかな、とやっと気づきました。

今のところ、家でのムスコの精神年齢は3歳くらい(笑い)
いつになったら小学3年生らしくなるのかはわかりませんが、学校や外ではちゃんと年齢相応に行動できるので、家ではゆっくり乳幼児期のやり直しをさせてあげたいものです。

「小学3年生なんだから、いいかげんにしなさい!」という言葉が口から出そうになりますが、ムスコは8年間もわがままを言ったり、甘えたりするのを我慢してくれていました。

私も、親目線で親の都合ばかり押し付けるのではなく、ムスコ目線でムスコがやりたいことを、ムスコのやりたいようにやらせてあげられるよう、頑張りたいと思います!!
まだまだ私は未熟者ゆえ、イライラ、ガミガミしちゃうんですけど(汗)。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

comment

管理者にだけ表示を許可する

ウチのお姉ちゃんと同じですーー!ってついついコメントを。
ウチも最近お姉ちゃんが難しいです(´・_・`)ほんのちょっとした事でスネて泣いちゃうし、やたらベタベタしてきたり。きょうだいの年齢差と性別の違いも輪をかけてるのかなぁと感じています。えららんさんはちゃんと向き合っていて素晴らしいお母さんですー!私も向き合わねば…と思いつつ難しい日々ですが、きっと今が大事なんですよね。私も頑張らないと!

おちょこさんへ

コメントありがとうございます!!
共感してくださって、ありがとうございます。うっうっう(感涙)

おちょこさんのお宅でも、お姉ちゃんの心が揺れ動いているのですね。
お料理教室で会った時には、とてもしっかりしていて落ち着いた印象でしたが、お母さんの前ではまた違うのでしょうね。

おちょこさんがおっしゃるとおり、上と下の年齢差もあるでしょうし、性別も違うから、「隣りの芝生は青い」的なうらやましい気持ちになったりするのでしょうかねぇ。
母としては、上の子にもたくさん、たくさん、手をかけ、愛情をかけてきたつもりでも、それははっきりとした記憶には残っていないだけに、今目の前で母にかまってもらえている下の子が羨ましくなるのかな、なんて、おちょこさんのコメントを拝見しつつ、ふと思いました。

誉めていただいて恐縮ですが、私、本音を言えば、ムスコに年齢相応にしっかりしてほしいという気持ちがあるのに、「甘えさせなきゃ」と思ってムリしているから、ムスコのベタベタがあまりに続くと、瞬間湯沸かし器みたいに「もう、いいでしょ!」って、イライラしはじめちゃうので、ムスコは「え? 今の今まで甘えていても怒られなかったのに、どうして急に叱られるの?」って、私の豹変ぶりについてこれていないと思います……(汗)

でも、甘えを出してくれているのは子どもにとって必要だからこそ出しているサインなので、それをしっかりと受け止めてあげないと、ですよね。
頑張ります!!!

おちょこさんの素敵な沖縄旅行のレポート、食い入るようにして拝見しました!!!
私はおちょこさんがとっても羨ましいです。

ムスコ君、夏休みでお母さんとたくさん一緒に居られるから、甘えたい気持ちも大きくなるんでしょうね。
学校がある間は子どもは子どもで、めっちゃ気合い入れて、頑張ってる部分ありますもん。
行くのが当たり前でも、行きたくない日もあるし。

えららんさんがこうしなきゃ、こうあるべきなのに、なんで?!としんどく思っておられるのなら、スクールカウンセリングもオススメです。

私も昨年、長女が学校に行きにくくなり、教室に入りにくくなってしまったとき、自分の子育てをめっちゃ振り返って、かなり凹みましたもん。

でも、カウンセラーに認めてもらって、間違ってないと確信が持てると、自信がもてて、子どもにも向き合いやすくなったし、落ち着けるようになりました。

●●しなきゃ、と思ってお母さんがしんどくなってしまうのは良くないので、あまり思い詰めてしまわないでくださいね(*^^*)

私はかなりゆるくやってるし(笑)

あ、でも、アカンことは厳しく叱りますけどね、もちろん。

四年生の次女が外で手をつないできても、二年生の長男が膝の上に乗ってきても、今は時期的に暑苦しいけど(笑)まだこんなんでええのか?と思うこともありますが、ま、えっか、って受け入れて、わざと大げさに赤ちゃんのように横抱きに抱き締めて、ほっぺすりすりして、よしよししたりすると、恥ずかしがって逃げます(笑)

充電ができれば、離れていけると思うので、好きにさせてあげたら良いと思いますが、あまりにも、と思うなら、えららんさんの思いを正直に、伝えてみても良いかも知れませんね。

ひつじさんへ

親身になって考えてくださって、ありがとうございます。
じーんとしました。

そうなんですよね、学校がある時には子どもは子どもなりに頑張っているんですよね。
そもそもあまりムスコはコミュニケーションが上手ではなくて友だちとうまく遊べないようなので、学校に行く楽しみみたいなものがないようで、家にいたいと思うんでしょうね。
「休み時間に何してたの?」と聞くと、「ひとりで図書館の本が並んでいるところを見てた」とか「教室の中をふらふらしてた」と言うことが多く、そういう点でも積極的に学校に行きたくないし、行ったらいったで疲れるから、家では甘えたくなるんでしょうね。

ひつじさんはカウンセラーと話すことで前に進んで行けたのですね。
カウンセラーなど専門家と話すとわかること、すっきりすること、目からウロコがぽろぽろと落ちるようなこともありますよね。

私もカウンセラーに相談したこともありますよ〜
カウンセラーは私がやってきたことは間違いではなく、その時々で最善の選択をしてきた積み重ねだと言ってもらいました。
ムスコが甘えることは悪いことではなくて、むしろ、年相応に精神が成長して行くために大切なことだはわかってはいるんです。
ちゃんと成長に応じた経験をしていかないと、いつかそういったゆがみが出て、もっと大きな傷になったりすると思うので。

そうわかっていながら、ムスコをありのままに受け止められない自分がもどかしいです。

ひつじさんが言ってくださっているとおりです!!
「充電ができれば、離れていけると思うので、好きにさせてあげたら良い」と、私も思っています!!!

せっかくの夏休みなので、ムスコとのコミュニケーションを密にして、少しずつ「充電」させてあげたいと思います。
私も「漏電」とか「放電」しないよう、気分転換しつつ過ごします♪

いつもありがとうございます。

10歳までは、無条件で甘えさせても大丈夫ですよ(^^)
だっこーはもちろんないけど、うちの中1長男はまだまだくっついてきますから(笑)

あと、いくつになっても、甘えられると思った時に甘えてくるみたいですよ
大きいんだから!と突き放さず、たくさんくっついてあげてくださいね♪

2人の甘えん坊さんの相手は大変でしょうけど、しばらくたって満たされたら、いいお兄ちゃんに戻ってくれるんではないでしょうか?

まみさんへ

おはようございます!

長男くんはまだくっついてきますか〜
ムスコの学校の先輩ママは、「もう中学生になったらろくに話してもくれないから,今だけよ」と言っていましたが、その子その子で甘えるのも個性なんですね。

> 10歳までは、無条件で甘えさせても大丈夫ですよ(^^)
私もそれは理解しているんですよー
そうしてあげたいとも思うんです。
でも、気持ちのほうが……(汗)

あまりにもぐずぐず、ベタベタしていると、「もう、ちゃんとしてよ!」って言いたくなっちゃいます。
ムスメはまだ小さいし、ムスコにもムスメと同レベルの言動をされると手がかかって大変という私の勝手な事情なんですよね。
わかってるんだけどなー

ムスコの気持ちが満たされなければいつまでも赤ちゃんっぽい言動が続くでしょうから、やっぱり、私が甘えさせてあげられるようにならなきゃ、ですね。

米粉パンで辿り着きまして、とても興味深く拝見させていただきました!
息子はもうすぐ3歳ですが、卵と小麦はアナフィラレベル、他にも乳や果物などアレルギーがあります。
なんだか空気を読んでいい子にしてくれているところなども似ています笑
一度お話を聞きに行きたいほどです!
これからの息子の参考にさせていただきます(^^)
更新楽しみにしています☆

お名前ナイショさんへ

おはようございます。
更新を楽しみにしてくださり、ありがとうございます。

息子くんはもう少しで3歳のお兄ちゃんになるのですね。
赤ちゃんからお兄ちゃんに成長していく途中で、できることが日に日に増えていって、可愛い盛りですね!

息子くんには卵・小麦・乳.果物などにアレルギーがあるのですね。
そうですよね!
食物アレルギーがある子には、まわりの気持ちが良くわかる、優しくていい子が多いですよね。

小さいうちから、食べ物と自分の体の関係というのか、アレルゲンを口に入れると苦しくなったり痒くなったりするといった説明をちゃんと聞くとか、気になっても勝手に口に入れないことを学んでいくので、観察眼が培われたり、我慢できるようになっていくから、ということもあるのでしょうね。
食物アレルギーがあると心配なことも多いですが、思いやりがある優しい気質で、ママが大好きで嬉しいですね。

米粉パンには小麦パンとはまったく違うおいしさがありますよね!
家族みんな、食物アレルギーがない実家の祖父母もいとこたちも米粉パンが大好きですよ〜
米中心の食生活は、アレっ子だけじゃなく、日本人の体質に合っていると思うので、おいしく食べ、楽しんで、ゆっくり焦らず進んでいきたいですね。

これからもよろしくお願いします!
ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード