2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.04.20 (Mon)

油の力はすごい!

週末、やってみたかった実験をしました。

そうです、そうです、「焼きアメリカンドッグを油で揚げたらヒビはなくなるのか?」という実験でございます。

私は実は揚げ物が好きなのですが、でも、家だと油の処理が面倒だし、揚げ物を作るとムスコは食べ過ぎ、ムスメも食べたがるので(←ムスメは基本的に揚げ物は食べさせず、どうしてもの時のはせいぜいフライドポテトくらい)、あまり作りたくありません。

でも、油が揚げたアメリカンドッグは、そんなもろもろの自分の気持ちを大きくうわまわる「食べてみたい!!」という気持ちがありまして(苦笑)

やってみましたよ、はいっ!

150407_1407~33

ヒビのかけらもありません〜〜〜

しかも、焼きアメリカンドッグは米粉の重い生地に重力がかかりかまぼこ型に焼き上がりますが、油で揚げるとまんまるぅ〜〜
油の中だと重力が働かず、摩擦もなくなるからなのか(←科学音痴の私なので、間違っているかも)、アメリカンドッグを入れた途端、ぶわっと全体的に膨らむのも圧巻でした!

150407_1340~17

かじるとね、サクッ!
ジュワッ!ですよ。

いやー、おいしいんですよ、これが。
コンビニで買うアメリカンドッグの味みたい。

アメリカンドッグをパクパクかじりながら、私、悟りました。
アメリカンドッグの味って、もしかしたら、油とソーセージとケチャップのコンビネーションで生まれるんじゃなかろうか!?

とにかく、あまりに感動したので、ムスメがお昼寝をしているすきに、ムスコのおやつに作ったのです。
揚げ物が好きなムスコがどれだけ喜ぶかと期待に胸をワクワクさせつつ食べさせたら……。

「うっ、固い! これ、かじれない」(←今、乳歯と永久歯の生え変わりで前歯が何本もぐらぐらしている)

ああ、そうか、先っちょは固いもんね。
じゃあ、輪切りにしてあげましょう。

「ん? でも、やっぱり固いし、ボク、これ、好きじゃないと思う。焼いたほうがいい」だそうです(号泣)

焼きアメリカンドッグは大好きなのに、揚げ物も大好きなのに、どうして揚げたアメリカンドッグはおいしくないの?

えーん、えーん、せっかく作ったのにぃ。
一緒にワクワクしながら食べられると思ったのにぃ。
ぐっすん。

アメリカンドッグって、コンビニでしょっちゅう食べていたから、私にはおいしいのかなぁ。

コンビニやお祭りに屋台でアメリカンドッグを買って食べるのはとても楽しかったです。
そういうワクワクする場面と匂いと味を何度も経験して、「アメリカンドックはおいしい」と記憶に刷り込まれたんでしょうね。

そういえば、ムスコ、アレルゲンだったものを負荷する時、ものすごく警戒されるし、嫌がられてる……。
「楽しくなかった味の記憶」ですよね、まさに(汗)

生の牛乳なんて負荷した日には、「うぇ〜、おえぇ〜、まずぃ」と大騒ぎです。
アレルギ―反応ではなく、本人の過剰な反応に驚き、負荷が面倒になっちゃうくらい(涙)

アレルゲンがたくさんあっても、少しずつ負荷して、ほとんどのものを口に入れられる(←食べられる量や頻度はまた別です)ようになったけど、「うぇ〜、おえぇ〜」と見ただけで拒否反応を起こすものはたくさんあります(泣)

アレっ子は健康的な食生活に慣れていて良いことも多いけれど、アレっ子の味覚の幅を広げるのは難しいですね……。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(2)

Comment

油で揚げるとヒビが入らないんですね。
なるほどー
実験レポートありがとうございます♪

我が家の息子も自然派生協で購入したアメリカンドック(卵・乳不使用)を揚げて出したところ、「これすきじゃない。甘いホットケーキみたいなのにウインナーはあわない」とあっさり拒否。
きな粉揚げパンの代替えを張り切って作ったら「パンあげるなんて気持ち悪い。きな粉べたべたして食べにくい。作ってくれてわるいけどもう作らないで」と。
大判焼きも不評でした(^_^;)
張り切って準備して振られた気分でした笑

今まで母が作ってきたことや言ってきた事と違う食べ物は慎重派の男の子には受け入れがたいのでしょうかね~
リエ |  2015.04.21(火) 11:03 | URL |  【編集】

リエさんへ

そうなんですよ、油で揚げるとヒビが入らないんです。
おもしろいですね〜

米粉同士の結着力が弱くて(グルテンみたいな膜にならないですしね)、生地の重さで沈んでいく速度に重力がかかってさらに下にいくため、オーブンで焼こうと思うとカマボコ型になるし、膨張しようとして発生するガスを包み込むことができないんでしょうね。

油の中だと、それらが全部解消されるのかもしれません。
米粉の間に膜ができなくても油膜があるし、重力はかからず、むしろ浮力で膨らみやすくなるし、油の中には空気や水がないから、生地から出た水分は一瞬にして油の中で蒸発して生地は固まるから生地に亀裂が入るヒマがありませんものね。

お菓子作りは、科学実験と同じですよね。
ムスコが科学実験が好きなので、いろいろ調べているのですが、大嫌いだった物理も化学も「あ、こういうことがあるのか!」とストン腑に落ちて、とてもおもしろく感じます(子ども用の本ですが)。

お兄ちゃんもやっぱりあまりアメリカンドッグはお好みではありませんか……。
男の子は慎重なんでしょうかね。

ほんと、ほんと、はりきってアメリカンドッグというラブレターを書いたのに、失恋しちゃった気分です(笑い)
えららん |  2015.04.22(水) 10:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |