2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.02.15 (Sun)

見た目はいいけれど……

夫が行った先で見つけたと言って紫芋をおみやげに買ってきました。

うーん、紫芋か……色はキレイなんだけど使いこなせないんだよなぁ。
どうせなら、安納芋とか、紅はるかとか、甘くて繊維質じゃない普通の黄色いサツマイモにしてくれればいいのに(←心の声です。笑い)

……そんなふうに思いつつ放置しておいたら、あっちこっちが傷みはじめていました(汗)
せっかくの野菜を粗末にしちゃ、いけないですよね。
ごめんなさい。

紫芋を焼き芋にしてからケーキにしたらおいしいかもなぁ、なんて考えが一瞬、頭をよぎりましたが、子どもの相手をしつつ、焼き芋を焼いてからケーキにするのは時間も手間もないもんなぁ。

こういう時は、失敗知らずで、オーブンいらず、鍋ひとつでできるプリンの出番。
卵なし、乳なし、大豆なしの紫芋プリンになりました♪

150208_1113~010001

見た目はちょっといい感じなのですが、味は微妙……。

というのも、紫芋を軟らかくなるように蒸したら、毒々しい色になっちゃったんですよ。
いやー、このまま使ったら、おせじにもおいしそうな見た目にはならないでしょう、っていう感じの。

150208_0953~010001

紫芋の色素のアントシアニンは酸性のものと触れるとキレイな赤紫色になります。
それを利用して、家にあった柑橘類ということでじゃばらを入れたのですよ。

ちなみに、じゃばらというのは和歌山県の北山村でだけ自生していた柑橘類でユズやかぼすの仲間です。
これまた、夫が出先で買ってきましたです、ハイ。
日本国内であろうと、外国であろうと、珍しいもの、聞いたことがないもの、食べたことがないものに出合うと買って来てしまうので、私には使いこなせない食材があちこちに転がっている我が家でございます(汗)

で、じゃばらを入れて裏ごししたら、こんなにキレイな赤紫色になりました!
じゃばらを入れたのは少しなのに、すごいね〜

150208_0958~010001

このプリン、作り方はとても簡単で、粉寒天を水でふやかしてからココナツミルクと甜菜糖を入れて火にかけて粉寒天を溶かし、そこに紫芋を加えてバーミックスでなめらかになるまで撹拌して冷蔵庫で冷やしたら、できあがり。

たまたま、夫が自分のデザート用に買って来たイチゴを1粒もらって飾り付けたら、見た目はなかなか♪

だけどね、このプリン、メープルシロップをかけて食べても、一番主張しているのは、じゃばら。
じゃばらの独特の香りと酸味が主張するんですよ、しくしく……(泣)

酢は加熱すると酸味が飛ぶけど、柑橘類は酸味が飛ばずに風味が残るから、ちゃんと味のバランスを計算して入れないといけなかったんですね。
テキトーに作りすぎました、反省……。

ムスコは「うわぁ、キレイ、おいしそう!!(一口食べて)なにこれ? プリンなのにすっぱいんだけど? ボク、プリンは甘いほうがいいなぁ……ごちそうさま!!」。

ところがムスメときたら、ちょっと目を離したすきに、自分の分は完食。
ムスメ専用の踏み台をキッチンに移動して、それにのぼって放置してあった鍋についていた紫芋プリンをスプーンですくって黙々と食べていました。
1歳なのに、そういう知恵はまわるんですねぇ(大笑い)

150208_1021~020001

私が化学実験みたいなことをしちゃったために、ムスコには気に入ってもらえなかった紫芋プリン。

だけど、ムスメにはこんなにも気に入ってもらい、鍋にこびりついた分まで食べてもらうことができ、紫芋も許してくれるでしょうか。

次からは、紫芋をお菓子に使う時には、見た目より味を優先しようと心に誓ったのでした。

除去食で見た目のコピーにするか、味を優先にするか迷いますよね〜〜〜
限られた食材の中での組み合わせでコピーするので、食材の味や香りのバランスがダイレクトに感じられるんですよね。
それが予想外に吉と出ることあり、うまくいくと思ったのに凶と出ることあり……。
除去食って、深いわぁ。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  コメント(6)

Comment

えららんさん、心の声が漏れてますよ~(笑)

じゃばらって、初めて聞きました。
珍しいもの、買ってみたくなっちゃう気持ちも
ちょっとわかりますが、台所に立つものとして
冒険はほどほどにしたいところですね(^w^)

焼き芋、炊飯器で作ると簡単なので、時々やります。
私ならきっと、焼き芋として楽しみました。
手抜きです(笑)

ムスメちゃんの姿が、めっちゃぷりちーです(*≧∀≦*)
うちも、良い匂いがする、ってキッチンにやってきては
同じようにさらえてくれる事あります(^w^)

きっと、めっちゃ美味しかったんやろなぁ~♪
ひつじ |  2015.02.19(木) 05:55 | URL |  【編集】

アントシアニンが酸性のものと触れるとキレイな赤紫色になるって初めて知りました〜!!
今日紫大根のサラダを作ったのですが、あんずのドレッシングかけたらきれいな赤紫になったのでビックリしてたところです。
勉強になるな〜〜。

さつまいもプリンとってもおいしそうなんですけど^^;
今度じゃばらなしでまねして作ってみます・笑
あ、先日習ったバナナケーキをカボチャに変えて作ってみましたが、大好評でした!
水気がないので、ジャブジャブ牛乳入れましたが。

私も珍しい食べ物に目がないたちです。
「ネットで調べたら何とかなる!」って買っちゃうんです。
ご主人の気持ちわかるな〜〜。

ここでゴメンなさい。
娘、お手紙を楽しみにまってますね♪
負担にならない程度でお返事くださると嬉しいです♥
tete |  2015.02.19(木) 22:38 | URL |  【編集】

ひつじさんへ

こんにちは♪
お返事遅くなって、すみません。

やっぱり、心の声、もれまくりですか(苦笑)
だってねー、あまりにも「珍しいもの見つけたから買っちゃった」的な買い物が多く、しかも、買ってきたものを使わずに置いておくと叱られるっていうのは理不尽じゃないか、って思うんですもん。
そんな珍しいもの、自分で調理してくれぇ、って思います!

焼き芋はおやつの王道ですよね♪
ほっこり、おいしいですもん。

炊飯器で焼き芋にする時って、お芋だけを「炊飯」するんですよね?
それとも、ご飯を炊きながら、アルミホイルにお芋を包んで「炊く」のですか?
いつも「どっちがいいんだろう?」と悩んでいるうちに、魚焼きグリルで焼いちゃってます。

ムスメ、食い意地張りすぎですよね(汗)
ムスメの一心不乱に食べている様子に、つまみ食いしている自分の姿がオーバーラップしてどっきりしました。
大食い大会に出られそうな子ではなく、ラブリーな女子に育ってくれますように(笑い)
えららん |  2015.02.21(土) 16:00 | URL |  【編集】

teteさんへ

お返事が遅くなって、すみませんでした。

紫大根のサラダに、あんずのドレッシングなんて、おしゃれ〜〜〜〜〜
どんな味がするんだろう?
色も味わいも華やかなのでしょうね。

アントシアニンは酸性のものだと赤紫色になるのですが、アルカリ性のものだと恐ろしい青カビみたいな色になっちゃうんですよ。
以前、ベーキングパウダーを使って「青カビ色ケーキ」になったことがあり、それで焦って調べました(笑い)

さつまいもプリンはおいしいですよ〜
私もじゃばらなしで作ればよかったと後悔しまくりでした。

バナナケーキをカボチャでアレンジなさったのですね。
おいしそうですね♪
どんどんteteさんのレシピにしてくださって活用していただけたら、それほど嬉しいことはありません。

teteさんも珍しいものが好きなのですね〜
私は珍しい食材は遠慮したいたちですが、ゲテモノ以外の珍しい料理を食べるのは好きです♪
食べるのは楽しいですよね〜
えららん |  2015.02.21(土) 16:07 | URL |  【編集】

こんばんは。

炊飯器で焼き芋は、洗ったお芋をそのまま入れて、お水少々入れてスイッチオンしてます。
少々ってのがかなり適当で(笑)ぐるっと回しかけるくらいかな。

洗ったまんまの水分で炊くと、焦げ目がつくのですが、それがまた皮のあたりを美味しくしてくれたりもします(*^^*)

私はあんまり魚焼きグリルをうまく使えないので、炊飯器にお任せです(^w^)

美味しそうに食べる女子の姿は、ポイント高いと思われますが、いかがでしょう(笑)

…理不尽なの、確かにわかります。
自分で買ってきたなら、自分でチャレンジしてみて欲しいですね。
巻き込んで、一緒に作ってもらうとかは??

でもまあ、知らないものを知るのは楽しさもありますもんねぇ。
ひつじ |  2015.02.22(日) 00:06 | URL |  【編集】

ひつじさんへ

おはようございます。
さっそく、ありがとうございます♪

なるほどー、洗ったお芋にぐるっと回しかけるくらいで「炊く」のですね。
水を入れないと焼き色がつくんですかー
おもしろいですね〜〜〜
炊飯器でも、ちょっとしたことでお芋の風味を変えることができるんですね♪

グリルの時には、洗ったお芋をアルミホイルで包んで中火で20〜30分くらい焼くんですよ。
炊飯器だと丸ごと加熱するのだと思いますが、グリルだと火のあたる場所が決まっているので、大きすぎると一部だけが焦げてまんべんなく加熱されないので、小さいお芋ならまるごとですが、切ってから包んだりします。

そうそう、お芋って、塩水で洗ったほうがおいしくなるって、ご存じでした?
鹿児島のさつまいも農家の方に教えていただいたのですが、焼き芋にする時には、両端を切って塩水で洗ってホイルで包んで焼くといいんだよ、って。
さつまいもは切っておいておくと切り口がグレーになることからもわかるように、アクが出るからなんだそうです。

我が家の食いしん坊女子の大好物でもありますし、教えていただいた方法で焼き芋、作ってみます♪
世界は自分を中心に回っていると思っている理不尽男子も焼き芋なら文句を言わず食べるので(笑い)
えららん |  2015.02.22(日) 09:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |