2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.10.29 (Wed)

学校給食で起こった嬉しい驚き♪

このところ、いろいろと自宅負荷をしています。
ゴマ、全卵(←卵黄だけなら問題なく食べられるので)、全乳粉や生クリームなどの乳加工食品、エビなどなど……。

ムスコはこの夏、体調を崩しまくりでしたが、涼しくなり、やっと体調が安定してきたので、負荷に着手。
それに、連休が多いので、もしアレルギ―反応が出ても、体を休ませられますから。

自宅負荷しているものは、主治医と相談して決めています。
これまでも、ごく少量であれば口にできたものばかりで、どのくらいまでOKなのか試している感じ。
アナフィラキシーは起きないと思われるので、手許に薬さえあれば大丈夫だろうと私には思われます。

先日、ムスコにシシャモの負荷をして、3匹食べてもまったく問題ないことがわかりました!
やったっ!!
「シシャモ、うまっ♪」とムスコはご満悦(笑い)

今までも、シシャモは少量は食べられたのですが、体調が悪いと蕁麻疹が出たりすることがあったので、そうした事情を学校に伝え、給食では除去してもらっていました。

昨日のムスコの学校給食のメニューは「シシャモの唐揚げ」。
ムスコはそれを見て、「あっ、シシャモだ! ボク、たべられるよね♪」とウキウキ。

私が「給食の除去は前の月にメニューを確認してお願いしているから、『食べられるようになりました』って言っても、すぐには出してもらえないんだよ」と伝えると、がっくり肩を落とし、「そうか……ダメなのか……」とつぶやき、学校へと出かけて行きました(涙)

ところが、給食の時間、なんと、なんと、なんとーーーーーーーーーーーー、ムスコの食器には2匹のシシャモが乗っていたそうです!!!
ものすごくおいしかった、と目を輝かせていました♪

私にとっても、給食で除去食対応をしていただいていたものを、今月になってから解除申請の書類を出したのに、今月の給食として提供していただけたこと、夢のようでした。

全校の児童数が多いし、食物アレルギーがある児童に誤食などの事故が起きないようにと児童に提供するまでのチェックが大変なのは、保護者の私もよく知っています。

だから、当月解除なんて想像も期待もしていませんでした。
翌月、あるいは翌々月の解除に向けて話し合いをするんだろうな、と思っていましたから。

それにもかかわらず、「危ないから、解除は先にしましょう」とは言わず、「今日の給食、食べられたら嬉しいよね?」と、保健の先生がムスコの気持ちになって考えて給食室にムスコの分を出せるのか確認してくださり、笑顔でムスコにシシャモを給食として配膳してくださった担任の先生のお心遣い、ほんとうに、ほんとうに嬉しかったです。

スムーズにアレルゲンの解除ができるということは、きっと、普段から、食物アレルギー対応を慎重にしていることに加え、調理室と保健室とクラスの情報共有がしっかりとできていて、危機管理の対応もなされているからなんでしょうね。

ムスコが小学校に入ってから起こった出来事のうち、3本の指に入る嬉しい驚きでした♪


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |