2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.10.28 (Tue)

メープルマシュマロココア

ふと思いついて、飲みたくて飲みたくてたまらなくなるものって、ありませんか?
私は、ココアなんです。

昔はココアが大好きで、夏は冷たくして、冬はふーふーと息をふきかけながら熱いココアを飲むのが好きでした。
しかもね、そのココアっていうのが、ココアパウダーと砂糖をたっぷり入れて、濃厚な牛乳を入れ、上にホイップした生クリームを乗せたもの、ですよ。

板チョコそのまま食べているような濃厚さがあるのが好きでした。
当時は、チョコレート中毒だったしね。

今、飲んでみろって言われても、そんなココア、味が濃すぎて飲み干せないなぁ(汗)

でも、ココアが飲みたい。
飲みたいって言ったら、飲みたい(←我慢ができない子どもか、私!? 笑い)

というわけで、ココアパウダーと甜菜糖と豆乳でココアを作り、熱々のところにマシュマロを浮かべ、メープルシロップをかけてみました♪

141027_1259~020001

私はこのくらいのあっさり味のココアでちょうどいいみたい。
ココアパウダーをたっぷり入れたので少々ビターですが、メープルシロップが入れたので、キャラメルっぽい味もそこはかとしているように感じました。

ムスコにも声をかけると、「ん? ココア? のんでみる」。

メープルマシュマロココアを渡すと、「マシュマロがのってる!」と、不思議そうな顔。
「マシュマロがとけてるよ。なんだか、へんなの。マシュマロはたべるものなのになぁ。のむんだよね?」とマドラーをぐるぐるさせながら、「初ココア」を楽しんでいました。

手前に写っている絵本は、私がとてもお世話になっている方のお姉様が描いたものです。
タイトルは『もりのにんぎょう』といいます。

緻密に描かれた非常に美しい絵も魅力的ですし、命について考えさせられる深いメッセージが込められたストーリーも素敵です。
クリスマスの頃にムスコに読んで聞かせようと思って買ったのですが、読めば読むほど、この絵本は大人のための絵本だなぁ、と感じます。

もう絶版になってしまっているのが残念なのですが、ご興味があるようでしたら『もりのにんぎょう』のレビューを読んでみてくださいね。

メープルマシュマロココア、作って飲もうと思う人はあんまりいないんじゃないかとは思うのですが……

一応、レシピを描いておきますね。

<材料(ティーカップ約2杯分)>

ココアパウダー    大さじ4
甜菜糖        大さじ1
塩          ひとつまみ

豆乳         200cc
マシュマロ      お好み
メープルシロップ   大さじ2

<作り方>
1)ココアパウダーと甜菜糖と塩を小さな鍋に入れ、大さじ2の熱湯で練る。
2)1に豆乳を入れて沸騰させないように加熱し、温めておいたカップにそそぎ、マシュマロを浮かべてメープルシロップをそそぐ。


マドラーなどでマシュマロをとかしながら飲むのですが、メープルシロップがココアの底にしずんでいるので、かき混ぜるたびに味が変わるのがおもしろいです。

もちろん、マシュマロは鍋に入れて加熱しちゃえば溶けてかたちがなくなります。
でも、私はとけかけたマシュマロのつるんとした口当たりとともにココアを飲みたかったので、カップにココアをそそいでからマシュマロを浮かべました。

ココアを飲んだら、なんだか、子どもの頃に大好きだったミルメークが飲みたくなってきました(←でも牛乳じゃなくて、豆乳でね♪)。
牛乳が飲めなかった私にとって、牛乳の味を変えてくれるミルメークは救いの神だったなぁ(笑い)

ミルメークなら頑張って飲めたけど、牛乳を飲んでお腹が痛くなったり、痒くなったりしていたんだから、私、乳アレルギ―だったんじゃないかと思うんだけどなぁ。
「食物アレルギー」なんて聞いたこともなかった時代だったから、しょうがないけどねぇ。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |