甘さの好みには個人差があるけれど……

「おへぎ」というのをご存じですか?
私ははじめて聞いたのですが、真四角に薄く切って、こんがりと焼いたお餅です。

あ、焼く前の薄く切ったお餅も「おへぎ」とよぶのかもしれないですね。

夫が岡山物産館で買って来たのは、いわゆる「かわらせんべい」みたいな見た目で、それよりもさっくりとしていました。

141017_1520~010001

原材料が「もち米、砂糖、食塩」とシンプル♪
家族みんなで食べてたのですが……。

ムスコは「あまいねー」とニコニコしながらどんどん食べ、ムスメは前歯で噛もうとしていましたが固くて噛めず、奥歯でガリガリ。
子どもたちは、はじめてのおやつを堪能していました♪

ところが、夫の感想は……
「味がない」

えええええーーーー、こんなに甘いのに!?
これでも、砂糖の味を感じないの!?
それって、まずいんじゃない???

一般的な人の味覚というのは、かなり大量の糖分が入っていないと甘さを感じられないんでしょうかねぇ。
それとも、夫の甘みセンサーが麻痺してる???

夫はジュースもアイスもよく口にしますが、清涼飲料水やジュースを1本を飲むと、約20〜60グラムの糖分をとることになりますし、アイスだったらさらに大量の糖分が入っていますよね。

甘いからこそおいしい、ということもありますが、実際に入っている糖分の量を考えると頭がクラクラしますよね(汗)

ちなみに、清涼飲料水やジュースに含まれている糖分ですが、「炭水化物」のグラム数を見ると、おおよその量がわかります。
100グラム当たりで記されているので、清涼飲料水の内容量が300ミリリットルの場合には、記載されている「炭水化物」の量を3倍すればOKです。

100パーセントのフルーツジュースであっても、糖分はかなり含まれています。
なので、水がわりに、おやつやご飯の時に飲ませていいものではないなぁ、と感じています。

我が家は食べられるものが増えるにつれ、市販品を買うことが多くなり、糖分摂取量が多くなっているのを感じます。
ムスメのほっぺがザラザラ・ボツボツで、ムスコがあっちこっちをガリガリ。
ふたりとも、寝ている間も引っ掻きまくりです(涙)

知らずにとっている糖分の量も多くなっていて代謝しきれてないんだろうなぁ。
子どもたちは自分で選んで食べることができないので、少しでも良いものを親が選んで、あるいは作って食べさせてあげたいと思います。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

comment

管理者にだけ表示を許可する

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード