2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.05.20 (Tue)

いつか給食になりますように☆

ムスコがこの春、小学校2年生になりました。

ムスコの入学と同時に産休明けで戻ってらした良い栄養士の先生はとても優しくて、いろいろ考えてくださる方でした。
食物アレルギーにも理解がある先生だったので頼りにしていたのですが……3月末で転任してしまいました(涙)

4月から新しい栄養士の先生が着任。
給食の除去確認表を通してやりとりはしていましたが、会ってお話するチャンスがなく、すでに5月。

名前は知っていても、話したことがないというのは、なんとなーく不安なものですね……。

私にとって、ムスコが学校で安心して過ごすための「重要人物ベスト3」は、担任の先生、栄養士の先生、養護の先生。
ぜひとも、信頼関係を築きたい!

食物アレルギーのある子のお弁当は保健室で預かってもらうことになっています。

先日、お弁当を届けに行って養護の先生と立ち話をしていたら、新しい栄養士の先生があらわれました。
驚く私に、養護の先生が「まだお会いになってなかったんですよね? ムスコくんが『きょうは、あとから、おかあさんが おべんとうをもってきます』と教えてくれたので、栄養士に声をかけておきました」とニッコリ。

ありがとうございますっ!!!

先生方のお話によると、近年、食物アレルギーのある子が増えており、学校でもさまざまな工夫をしているのだそうです。

養護の先生が「アレルギーのある子は低気圧がきていても調子が悪くなるし、調子が悪い時にはいつも食べられるものが食べられなくなったりしますよね。そういう時に無理させちゃいけないんですよね」と、アレルギーっ子の体調の不安定さにも目を向けてくださっている愛情のある姿に感動(涙)

食物アレルギーの子が元気に楽しく過ごせるように、そして、アレルギーっ子を育てる保護者が安心できるように、学校の先生方がさまざまな立場から気を配ってくださっていることを知り、とても嬉しくなりました。

私が小麦・卵・乳製品・大豆・ナッツを使わずにケーキやクッキー、パンを焼くと、おいしいし、安心して食べられるんですよ、とお話したところ、おふたりとも目を輝かせて聞いてくださいました。

せっかく興味を持っていただいたので、お願いして、米粉のケーキとクッキーを試食していただくことに。
作って持って行ったのは、このケーキこのクッキーです。

140430_0929~020001

両方ともシンプルな材料でとても簡単に作れることを知ってもらうため、レシピも一緒に渡しました。

もしも、学校の給食に、小麦・卵・乳・大豆・ナッツを使わない米粉のケーキやクッキーが出たらいいなぁ。
食物アレルギーがある子もない子も、同じ給食のデザートを笑顔で食べられたら、素敵だなぁ。

いつかそんな日が訪れることを夢みています☆

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小学校
 | HOME |