2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.04.25 (Fri)

油と砂糖控えめバナナ米粉ケーキ(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

今週の火曜日はお料理教室でした!
とってもとっても楽しくて、「さぁ、開催レポートを書こう♪」と思っていたら……

またまたムスメが体調を崩しております(涙)

今度はお腹の風邪をもらってきたらしい。
風邪の菌は200種類以上あるともいいますので免疫が出来るのが追いつかないですし、次から次へとかかっても仕方がないんでしょうねぇ。

「保育園に入ったばかりの頃はそんなものさ」とはつぶやいてみるものの、慣れない環境の保育園に通うストレスでムスメの自然治癒力が下がっているのかしら? と心配ではあります。

ムスメの機嫌もそれほど悪くなく、深刻な病状ではありません。
なので、ホメオパシーで免疫力を上げるべくセルフケアして、好きなだけ母乳を飲ませ、ゆっくり休ませています。

改めて、開催レポートは書かせていただきますね。

先のことですが、5月の講座小麦・グルテン・卵・乳・大豆・増粘剤を使わない米粉食パンの告知画面をアップしていただきました。
ご覧になってみてくださいね♪

ほとんど何も食べないムスメ。
「母乳を飲んで、水分がとれていれば大丈夫」とは思うものの、ちょっとは食べてくれそうなものをと考え、ケーキを焼きました。

バナナを使ったのは、油脂と糖分を減らしてもふんわり仕上がるからです。
ムスコがゴムアレルギーでバナナを食べられなかった期間が長いので、あまりムスメに頻繁には食べさせていませんが。

油脂と甜菜糖の量を減らした分、レーズンとココナツミルクで甘さとコクを出しました。
ふわふわのケーキではありませんが、噛み締めるとバナナとレーズンとココナツの甘さがしっかりと感じられますよ。

140424_1632~020001

2口食べてくれましたが、やはりあまり食欲はない様子。
元気な時だったら、「んー、んー」と指差して、もっと食べたがるんだけどなぁ。

でも、まあ、体調が悪い時に油脂分や糖分をとりすぎると余計に胃腸に負担がかかって免疫力が下がるし、無理に食べさせすぎないほうがいいですよね。

残りはムスコと私の3時のおやつにしようっと。


<材料(20センチのクグロフ型1個分)>
♡ダイヤ米粉     100グラム
♡コーンスターチ   50グラム
♡甜菜糖       20グラム
♡塩         ふたつまみ
♡重曹  小さじ半分
*重曹+クエン酸はベーキングパウダー小さじ1と半分に置き換えられます。
♡クエン酸  小さじ半分弱

菜種油    15グラム
完熟バナナ  2本(皮をむいた状態で、全部で200グラム)
*皮に黒い斑点が出るくらい完熟したバナナを冷凍した後に解凍して水分を分離させて使っています。
水      30グラムくらい
*生地の固さを調整するために使ったので、バナナがもっとある場合にはバナナでも大丈夫です。

レーズン     30グラムくらい
ココナツファイン 10グラムくらい

<作り方>
1)♡の粉類をビニール袋に入れてしゃかしゃか混ぜる。
2)ボウルに1を入れ、菜種油を加えてから、バナナをつぶしながら良く混ぜる。ぽってりした固めの生地になる。
*油をごく控えめにしているため、水分を加えてホットケーキの生地のようなやわらかさにするとウイロウぎみになります。
3)生地にレーズンとココナツファインを加える。
4)油を塗った型に3を流し入れ、170度に予熱しておいたオーブンで25分ほど焼く(←竹串をさして生地がついてこなかったら焼き上がり♪)。
5)冷ましたら型からはずし、上から大きなボウルなどをかぶせて冷ます。なければ、ケーキにつかないようにアルミホイルをボウルのようなかたちにしてかぶせてもOK。
*冷ましている間にケーキから水分が蒸発して乾燥して固くなるのを防ぐためです。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |