2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.12.25 (Wed)

おからと米粉の簡単ガトーショコラ(小麦・卵・乳・ナッツ不使用)

今日は晴れ渡った冬空ですね。
空気がひんやりと冷たくて寒いけれど、気持ちいい日です。

そして今日はムスコの小学校の終業式。
朝寝坊のムスコがサンタさんが忘れずにプレゼントを持って来てくれたかを心配して6時に起き、プレゼントがあることを発見して遊びはじめ、「あ、もう いく じかんだ!」と、遅刻しそうになりながら走って行きました(笑い)

ついこの間、夏休みが終わったと思ったら、もう冬休みだなんて。
時間が経つのは早いですね〜

ムスコが時々遊びに行っている放課後クラブで、今日はクリスマス会。
自分たちでパフェを作るんだそうです(先生方がスポンジやコーンフレーク、生クリーム、飾りなどを用意するらしい)。

あとでムスコの材料を届けに行くので、お世話になっている先生方にクリスマスプレゼントとしてガトーショコラを焼きました。
ガトーショコラといっても、冷蔵庫においしい豆腐屋さんのおからがたくさんあってので、そのおからを使って。

あんまり生のおからをお菓子作りに使ったことがないため、心配なので私の朝ごはんに試作してみたら大丈夫そう。
本番ではこんなふうになりました♪
ふんわり&しっとりで、かなり濃厚な味です。

131225_1234~01

ガトーショコラにクリームっぽいものを添えてみました。

充填豆腐120グラムに、ココナツミルク50グラムと甜菜グラニュー糖15グラムを加熱してとかして冷ましたものを加え、ミキサーでガーッとしただけ。
ココナツミルクは豆腐の匂い消しです。
そのまま長時間置いておくと豆腐の水分が出てきて分離しますので、作ってから食べるまでの時間がある時にはタピオカ粉小さじ半分を加えてとろりとするまで加熱しておくほうが安心です。

もっと簡単に作りたいなら、木綿豆腐の水切りをしてメープルシロップを加えてガーッとしてもできます。
ただし、豆腐臭さが私には気になってしまうのですが。

さてさて、このガトーショコラ、レシピではグラム数が「100」とか「50」が並びテキトーそうに見えますよね?(汗)
普通の大人が食べるプレゼント用にするため、糖分と油脂分を増やしたらそうなっちゃいました。

<材料(18センチのリング型1個分)>

♡生おから      100グラム
♡ダイヤ米粉     100グラム
♡三温糖       100グラム
♡ココアパウダー   50グラム
♡ベーキングパウダー 10グラム
♡塩         ふたつまみ

☆豆乳        150グラム
☆菜種油       100グラム

<作り方>
1)生おからをボウルに入れて手でほぐす。
2)1に♡の材料をすべて加え、泡立て器で混ぜ合わせる。
3)2に☆の材料を入れてよく混ぜ合わせる。
4)分量外の油を塗った型に流し入れ、170度に予熱しておいたオーブンで25分ほど焼き、アルミホイルをふんわりかぶせて150度に下げて15分焼く。ケーキをさわって弾力があったらできあがり。

ポンイトとしては、焼き上がった時におからのぽそぽそした感じはないのですが、上面の火に当たる部分は乾燥してやや固くなります。
また、パウンド型だとやきあがりに時間がかかりますので、真ん中に穴があいている型か、マフィン型など加熱時間が短めになる型を使ったほうが、よりしっとり感が高まります。

とはいえ、パウンド型で焼いても内側はしっとりしていますので、上のところにアイシングをするなどして隠しちゃえば全く問題ありません♪


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |