2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.12.12 (Thu)

さつまいもムースのラズベリーソースがけ

ムスメの夜泣きがはじまってしまい、睡眠不足がつらいなー、と思っていたら、今度はムスメが風邪をひいてしまい、さらに眠れません(涙)
眠れないって、こたえますね……

なかなか寝付かず、やっと寝たと思ったら「ふえ〜ん」と泣きはじめるムスメ。
泣きながら目を開くこともあるんですけれど、しっかりと目覚めているわけでもない様子。
太陽がのぼると夜泣きが終わり、ぐーぐーと眠りはじめます。
不思議な状態です。

そういえば、ムスコが小さい時にも眠らなくて、朝方まで子守唄を歌ってだっこしていたっけ。
布団に入ると、アトピーをがりがりかきむしる音と手の動きが始まり、つらくて、切なくて、「これがいつまで続くんだろう」と、やりきれない気持ちになったなぁ。

ムスコはアトピーがかゆくて眠れなかったけれど、ムスメはアトピーではなくて夜泣き。
そのうち夜泣きもしなくなるだろうと思いつつ、ムスメのお昼寝の時に一緒にうとうとしようと思います。

睡眠不足だろうがなんだろうが必要なのは、ムスコの給食の代替え。
今日は杏仁豆腐の代替えなので、見た目をちょっと華やかにしてみました。

うっすら黄色いさつまいもムースに真っ赤なラズベリーソースをかけて♪

131211_0724~010001

旬のさつまいもの風味がやさしいですが、ラズベリーの色と味がアクセント。
ムスコに味見をしてもらうと、「おいしいね、これ。おいしいよ、これ。いろは、たまごがはいったプリンみたい」とほめてくれました。
疲れている時ほど、ほめ言葉が何よりのエネルギー源になってくれますね♪


<材料(プリンカップ3〜4個分)>
さつまいもマッシュ    150グラムくらい
無調製豆乳        100シーシー
ココナツミルク      100シーシー
*豆乳だけでも、ココナツミルクだけでもできます。豆乳だけだとあっさり、ココナツミルクだけだと濃厚になります。
甜菜グラニュー糖     小さじ3

水            大さじ1
米粉           小さじ1
*タピオカ粉やコーンスターチに置き換え可。
粉寒天          小さじ半分

ラズベリーソースは、ラズベリージャム大さじ2に水を大さじ1加え、粉寒天小さじ8分の1を小さな鍋で煮溶かして作りました。粉寒天は80度以上で2分以上加熱しないと溶けないので、面倒な方はタピオカ粉などでとろみをつけてかけてもよいかと思います。

<作り方>
1)小さな鍋に米粉と粉寒天と水を混ぜておく。
2)1に豆乳とココナツミルクと甜菜グラニュー糖を入れ、木べらでかきまぜながら中火で加熱し、クツクツしてきたら弱火にして3分ほど加熱する。
3)2に蒸してマッシュしたさつまいもを加えてバーミックスでなめらかになるまで撹拌する。
4)カップに流し入れ、粗熱がとれたら、上からラズベリーソースをかけて冷蔵庫で冷やす。
*寒天なので、冷蔵庫で冷やさなくても固まります。


そうそう、かけるソースはなくてもいいですし、お好みではちみつやメープルシロップも合います。

私は寒天を入れて水分が出ないようにしたラズベリーソースをかけましたが、それはさつまいもムースの色をキレイに保つためです。
給食のように作ってから時間がたって食べる時には、底の部分にはちみつやメープルシロップを入れておくと、浸透圧の関係で、少し水分が出てきてムースに茶色っぽく色がにじみます。

米粉と粉寒天をミックスして入れているのは固まり方がやわらかくなるようにするためです。

さつまいもマッシュを入れる量はお好みなのですが、多くなると、いもようかんみたいな感じになります。
さつまいもの品種によって水分量や粘度は変わりますが、さつまいもの量をレシピの3倍量くらいに多くすれば、さつまいもクリームとしてケーキのデコレーションに使うこともできますよ♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ
 | HOME |