2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.10.31 (Thu)

りんごのココア米粉パウンド(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

今日はハロウィーンですね。

ムスコに「Trick or Treat(おかしをくれないと、いたずらしちゃうぞ」という言葉を教えたら、おもしろいらしく、何度も何度も言ってきます(汗)
さすがに言うたびにあげると大変なことになっちゃうので、そんなにはあげたりしませんが。

今日のおやつにはカボチャクリームのケーキを作ろうと思っていたのですが、ムスメをだっこしながら作るのは不可能なので断念。

ムスコが好きなココア味のケーキに、これまたムスコが好きな甘い、甘いアイシングをかけました。
ハロウィーンっぽさがまったくないので、ハロウィーン仕様の飴を飾ってみました♪

131031_1053~02

ケーキの中には煮りんごに甜菜糖を加えて甘くしたものとレーズンを入れています。

普段は甘さ控えめですが、甘いケーキもガツンとパンチがきいていて、おいしいものですね♪

ちなみに、アイシングなしでもOKですが、少しココアの苦みが強めです。
お子さんと召し上がる際には、膨張剤はベーキングパウダーにして、ココアを30グラム程度に減らしていただくとよいかと思います。


<材料(スリムパウンド1本分)
♡ダイヤ米粉      130グラム
♡ココアパウダー    40グラム
♡タピオカ粉      20グラム
♡甜菜糖        60グラム
*重曹+クエン酸で焼く場合には、これ以上、甜菜糖を減らすと重曹独特のクセを感じます。甜菜糖の量を減らしたい場合にはベーキングパウダーを使ってください。
♡重曹         小さじ2分の1弱
*重曹+クエン酸はベーキングパウダーに置き換えられます。ベーキングパウダーの時には10グラムにしてください。
♡クエン酸       小さじ3分の1強
♡塩          ふたつまみ
*味を引き締めて奥行を出します。しょっぱい味にはなりませんので、ご安心を。

☆水        150グラムくらい
*いっぺんに入れず、生地の状態を見ながら入れてください。あとから煮リンゴから出る水分で生地がやわからくなりますので、あとから水分を微調整してください。

☆菜種油        50グラム

煮りんご        70グラム
レーズン        30グラム

=アイシング=
粉砂糖         50グラム
水           4〜5グラムくらい

*粉砂糖に水を加えて、ねりねりするとアイシングになります(卵白不要です)。
ただし、ほんのちょっとの水でとろとろになりすぎるので、ご注意ください。
はじめに3グラムくらい入れたら、あとはぐるぐる混ぜて数滴ずつ水を増やして様子をみながら作っていただくと、うまくできます。アイシングを固めに作ると、その水分をケーキが吸うので、ちゃんと固まります。


<作り方>
1)オーブンを170度に余熱しておく。煮りんごを粗く刻む
2)ボウルに♡の粉類を入れて泡立て器で混ぜ合わせる。そこに菜種油と水を入れ、固めのぽってりくらいの生地になるようにする。
3)生地にレーズンを混ぜ、煮りんごを加え、ぽってりするくらいの生地になるように微調整する。
4)分量外の油を塗った型に生地を入れ、170度で25分ほど焼いてから、150度に温度を下げてアルミホイルをふんわりかぶせて20分くらい焼く。
*竹串をさして生地がつかないかどうか確認してください。
5)型からとりだし、ボウルをかぶせて冷ます。
*冷める時にパウンドケーキから出る水分を蒸発しすぎないようにして、適度にしっとり感を持たせるためです。
6)しっかりと粗熱をとってから、アイシングをかける。アイシングを固めに作ると、その水分をケーキが吸うので、ちゃんと固まるので、それからカットする。
*気温が低い時には固まりますが、夏場など気温が高い時にはアイシングはしっかりとは固まらず、べたつきます。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |