2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.10.14 (Mon)

なわとびのごほうびお菓子と、ムスコの優しさ

三連休、いかがお過ごしですか?
素晴らしい秋晴れですね〜
空がとってもキレイ♡

ムスコは来週の運動会でなわとびがあるらしく、先週から私は、なわとびができないムスコとの練習の日々。
普段はあまり買ってあげることがない市販の食べられるお菓子を買い込み、なわとび練習のごほうびにしています。

なわとびの練習が終わると、市販のお菓子(←私の作ったお菓子は珍しくないから)を私が家の中に隠し、宝探しのようにヒントを与えて探させます。
それがムスコは楽しみで、頑張っているみたい。
お菓子への執着はスゴイですね〜(笑い)

先週はムスコが学校に行っている間、ムスメとお散歩しながらコンビニやスーパーのお菓子棚を見ていたのですが、こんなお菓子を見つけました。

お米とおからのクラッカー レーズン&ココナッツ。

131014_0735~01

甘さ控えめですが、おせんべいのような感じではなく、サクサクと軽くて洋風な歯触り。
噛んでいるとココナツの甘い風味とシナモンの香りがほんのりとする、あっさり味です。
ジャムやはちみつを乗せてもおいしいかと思います。

原材料は、うるち米(日本)、もち粉(日本)、レーズン、おからパウダー(大豆を含む)、乾燥ココナッツ、メープルシュガー、シナモンパウダー、食塩。
ちなみに、米は新潟県産だそうです。

岩塚製菓の新商品らしいのですが、サイトではライスすたいるという商品名で3種類の味が紹介されています。

こういう添加物がなく、安心して食べられる市販のお菓子が増えてくれるのは嬉しいですね♪


食べ物つながりの話題です。
私は大人げないのですけれども(恥)、ムスコの態度が大人だったので驚きまして。

夕食後、夫に食後のデザートとして真空パックに入った和菓子を渡すとカビがはえちゃっていたんですよ。
添加物が入っていないからカビもはえるんでしょうよ、くらいの感じで私はいたんですけど……。

夫が、「キミが買って来てからずっと火のそばにおいておいたからじゃないの。30度もある時に置いておくなんてさ、悪くしようとしているようなものだよ。(パッケージの裏を見ながら)ここにも『涼しい場所に保管してください』って書いてあるじゃない」と言うではありませんか。
まさに正論!

でも、でも、正論だったけど、ムスメの相手をしながらご飯を食べ、片付けもしなきゃならなくて忙しかった私はカチンときてしまいました(←なんて心が狭い私。汗)
そもそも、私がずぼらで片付けなかったのがいけないのに。

「はいはい、わかりました。賞味期限まであと2週間もあったけど、私の管理がずぼらなせいで和菓子にカビをはえさせて食べられないようにしてしまいました。すみませんね」と言い、イライラをしずめようと台所に行きました。

すると、ムスコが私のところにやってきて、「ねえ、おかあ、だれもわるくないとおもうよ。だれもわるくないけど、たべられなくなっちゃったのは、もったいなかったね。おとうは、『こんどからは きをつけてね』という いみで いっただけで、おかあのこと、おこったんじゃないよ」。

ムスコの言葉にうるっとしながら、「優しいね。慰めてくれてありがとう」と言うと、「べつに、なぐさめているわけじゃないし。ボク、ほんとうに そう おもうんだよ。だから、おもったとおりに いったの」だって。
この家族の中で、キミが一番大人だねぇ。

キミはなわとび50回飛べるようになるように毎日練習を続けようね。
お母さんは冬眠するクマみたいに食材を溜め込むクセをやめるように努力するからね。

一緒に頑張ろうね♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン
 | HOME |