2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.07.11 (Sat)

こちら卵代替料理研究所です

卵を使わないぎせい豆腐090708_0850~01


はい、こちら卵代替料理研究所です(笑い)

ムスコの保育園ではパンと同様、卵料理が大量に出ます。

その時々で必死になって卵を使わないスパニッシュオムレツとか、卵を使わないフレンチトーストとか作ってみました。
卵を使わないスパニッシュオムレツはムスコがとても気に入ってくれたのはいいのですが、結構、作る手間がかかって面倒くさい。

卵料理じゃないですけど卵お菓子の定番、卵を使わないたまごボーロができた時には我ながら感動しましたよぉ。
何度もレシピを調整し、このレシピに行き着いたときには「卵なしでも行きていける!」って思ったくらい(←いいすぎ?)

で、卵を使わない卵焼きのことに戻ります。
豆腐を水切りして使うのが一番楽なんじゃないかと思い、やってみました。
水切りした後、ザルにあげておけば豆腐は適当に固まるくらいだし、ちょっとつなぎがあればできそうだと思ったとおり、ふんわりと固まりました。
まだカボチャパウダーが足りなくて黄色が少ないのですが、もう少し足せば大丈夫そう。
味も良かったです。

まあ、これ結局、擬製豆腐に色をつけているだけですけどね。

もう少しレシピを卵っぽく調整したら、アップしたいと思います♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

11:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

卵の存在感。

除去してると卵って特別な存在だなぁ~と思います。何にでも入っているし。
何かに入っている卵は抜けばなんとかなりますが、
オムレツやオムライスシート、卵とじなど卵そのものの料理は結構手ごわいですよね。
現在卵とじに連敗中です。
えららんさんの卵焼き、野菜たっぷりでいい感じですね。
ほしみかん |  2009.07.11(土) 12:04 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

なんでこんなに卵ばっかり使うんですかねぇ?
不思議ですよね。
昔はそんなに卵の消費量が多くなかっただろうと思うと、加工食品の発展と卵って切っても切り離せないものなのかとも思います。
それに、卵料理。
そんなに食べて大丈夫なのか???

卵とじですか~。
むずかしいですよね。
以前、ゆばを卵スープに使っているのを見たことがあり、「これ、カボチャパウダーとかコーンクリームとかで黄色い液体を作ってから、ゆばを入れて、タピオカ粉でとろみをつけたら卵とじになりそう」と考えたことがあります。
でも、ムスコはゆばもNGなので、試したことはないですが。
もうすでにほしみかんさんはこういう組み合わせ、やってみているんじゃないかとは思いますけどね。
えららん |  2009.07.11(土) 18:12 | URL |  【編集】

卵、そういえば息子のアレルギー発覚までは結構な頻度で買って使ってました~
卵焼きに親子丼にオムライスにチャーハンに・・・別に、卵が大好き!ってわけでもないのに、結局「便利」だから使ってたんだと思います。
給食でもきっと、安易に料理できて安上がりで子供もそこそこ好きだしって事で、卵料理多いのかも。。。
ともぴょん |  2009.07.12(日) 10:37 | URL |  【編集】

卵っぽい!

卵なんて食べ過ぎたら毒になるだけなのにね~。
週に1、2度食べるくらいで充分なのにね~。
確かに簡単で見栄えはするけどさ~。

そうそう、この間の醤油の続き(しつこい?)なんですけど、
そうですよ~刺身には刺身醤油がありますよ!
これは普通の醤油よりもドロとしていてさらに濃くて甘い。
でもね、これで育ってきているから刺身をそれ以外の醤油で食べるなら食べない方がいい。ってくらいなんです。
後は、漬物にかける醤油も甘い醤油でないと辛くておいしくない~

関東とかが本店の居酒屋とかに行くと刺身醤油もないし、生醤油も辛いし・・・おいしくないんですよ、文化の違いですよね。

でもね、甘い醤油を使っているからといって煮物が甘いってわけではないと思います。
クックパッドとかで分量どおりに作ってみたら甘くて食べれないことが何度もあったから、おそらく九州の人は醤油の甘さのぶん砂糖の量を減らしているんだと思います(私の考えでは)
多少は甘いかも知れないけどね。

本当はそんな醤油から卒業して大豆、小麦、塩。だけの醤油で全てを済ませたいんだけど。

とうこmama |  2009.07.12(日) 11:38 | URL |  【編集】

ともぴょんさんへ

息子さんの卵アレルギーがわかるまで、ともぴょんさんも時間がかかったんですねー。
本当に、卵って加熱時間も短くていいし、黄色くてキレイだから見栄えもするけど、意識しないで使うと、使い過ぎになりがちですよねー。
でも、卵の黄色だけはほしいな~。
トウモロコシとかぼちゃの黄色だけじゃなくて、ほかにも子どもが好きな黄色い食べ物ってないものか?と探す日々です。
卵は好きじゃないですが、卵の黄色はスキですー。
えららん |  2009.07.13(月) 05:21 | URL |  【編集】

とうこmamaさんへ

> 卵なんて食べ過ぎたら毒になるだけなのにね~。
これ、同感!
でも、栄養士は「完全栄養食だから」って決まり文句のように言いますよ~。
卵アレルギーがおさまっても、あんなに食べさせたくないな~。

> そうですよ~刺身には刺身醤油がありますよ!
> これは普通の醤油よりもドロとしていてさらに濃くて甘い。
> でもね、これで育ってきているから刺身をそれ以外の醤油で食べるなら食べない方がいい。ってくらいなんです。
> 後は、漬物にかける醤油も甘い醤油でないと辛くておいしくない~
おおおおおー、そうですか。
目からウロコですー。
甘い醤油で刺身と漬物ですかー。
文化の違いって興味深いですね。

甘い醤油を使うか、醤油+みりんにするかの違いっていうだけじゃなく、もしかしたら気候の違いで気温の高い九州では、醤油を醸造する際の発酵が早く進むから砂糖を足して味の深みを出す意味もあるのかな~、とかぼんやりと考えていました。
九州の甘い醤油から、もし仮に甘みの成分を抜いて味わうことができたとしても、東北で食べている醤油とは味が違うかもしれないなぁ、とか……。
沖縄だとあまり醤油は使わず、塩でお魚も野菜も煮ますよね。
醸造に適した低温だと醤油自体を大量に使うけど、南に行くにしたがって醤油自体の味が変わり、沖縄だと消費量が減るんですよね。
醤油文化、おもしろいですね。
えららん |  2009.07.13(月) 07:32 | URL |  【編集】

ターメリックとかサフランとか。

ちょうどヴィーガンレシピを見ていたら、ターメリック(ウコン。カレーの色付けは、これです)で色付けをした揚げ物や炒り卵もどき(豆腐を炒り豆腐のようにしていました)が出ていました。

パエリアのサフランライスの色、サフランですよね。

ヒエ粉とリンゴジュースで作ったクリーム、ちょうど卵色でした。
http://www.tsubutsubu.jp/04buy/custard/index.html
りんごの酸味がきいている、結構食べ応えのあるクリームです。(牛乳と卵で作るカスタードクリームのような味ではありません、念のため)

黄色のパプリカとか、黄色のズッキーニとかは、子ども受けする野菜じゃありませんね。

スポンジだと、黄桃をピューレにして混ぜ込む作り方がありましたが。

皆様のコピー食作りの御苦労、頭が下がります。
美咲 |  2009.07.13(月) 12:56 | URL |  【編集】

美咲さんへ

私ヴィーガンレシピ、好きです!
「この素材で、こんなことするんだ!」って思うようなことをしますよね。

そうそう、よくターメリックも色づけに使うんですよね。
ムスコはやっと煮魚にショウガを一切れ入れられるようになったばかりなので、もう少し大きくなったらターメリックも試してみようと思っていました。
ターメリックって、ショウガと同じ種類ですもんね。
サフランは考えたことがなかったのですが、豆腐の色づけにも使えるのかな???
今度、試してみます。

> ヒエ粉とリンゴジュースで作ったクリーム、ちょうど卵色でした。
私もムスコの主食がヒエ・きび・ホワイトソルガムだった時には、作っていました!
結構、おいしいですよね!

> 黄色のパプリカとか、黄色のズッキーニとかは、子ども受けする野菜じゃありませんね。
そうなんですよー、両方とも「べぇ~」と言いながら出されちゃうので。
まだ、はっきりした味と食感のほうがスキみたいで。
ナスなども食べてくれない野菜です。

> スポンジだと、黄桃をピューレにして混ぜ込む作り方がありましたが。
見たことあります!
いつかやってみたい!!
桃は少しなら食べられるのですが、缶詰のシロップがまだダメなんですー。
缶詰が使えたら、食材の幅が広がるなぁ~、と夢みているんですけどねぇ。

卵なしの料理やお菓子、あれこれ試作しているのは楽しいのですが、なかなかうまくいきません(笑い)
>
> 皆様のコピー食作りの御苦労、頭が下がります。
えららん |  2009.07.14(火) 05:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/135-84537303

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |