2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.08.08 (Thu)

ムスコのひとり遊び

今朝、ムスメに授乳するのに抱き上げようとしたら、イタッ。
どうやら軽く腰をねじってしまったようです。
とにかく、痛い。

痛いけど、ムスメに授乳をしなくちゃならないし、ムスコの相手もしなくちゃいけない(涙)
ホメオパシーのレメディをとり、すこし動けるようになったので、布団から起き上がってみましたが、でも動くたびにズキズキ。
中腰になれないし、立ったり座ったりもつらいので、洗濯も台所の洗い物もなーんにもできない(泣)

昨日、ムスコとムスメを連れて東急ハンズに行き、実験セットを買って来たので、ムスコにひとりでやらせることにしました。
私は座ってムスコにやり方を教えつつ、この記事を書いてます(笑い)
ただいま朝7時……。

食品に含まれるビタミンCがどのくらいか検出する実験セットです。
試験管など実験器具はすべてプラスチック製。

これだったら、こぼれて手についても怪我したり、やけどしたり、有毒ガスが発生することもないしね。

130808_0733~010001

キットにはこんなのが入っていました。
小さな試験管やスポイトがかわいい〜(←実は私、こういう器具が大好き♡)

130808_0803~010001

実験するのは、ムスコが食べられる食材。
上から時計回りに、みかん、きゅうり、ゆず、トマトです。

ムスコにはガーゼに食材を包んでしぼったりするのは難しく、テーブルの上はびしょびしょ。
腰痛で動けない自分にイライラしていて、ムスコに「汚しても、おかあさん、床の拭き掃除できないのに!」と叱ってしまいました(←6歳の子どもには難しいからできなくて当然なのに。反省)。

ところが、ムスコはいつものように泣いて「じゃあ、もうやらない」とすねてしまうのではなく、自分で台拭きを持ってきてきれいにしてくれ、私が「ありがたとう」と言うと、「じゃあ、ジッケン、する?」

慎重に果物や野菜の絞り汁をスポイトで吸い上げ、ビタミンC検出液に1滴ずつ入れ、色が変化すると「おおっ♪」と大歓びしていました。

あとはナスやキャベツ、ジャガイモ、人参など、汁をとるのが難しい食材も、すり下ろしたり、刻んだりして抽出し、ビタミンCの実験をさせようと思います。

あれこれやらせた後、「ビタミンCは身体を元気にしてくれるんだよ。だから、ビタミンCがたくさん入っている野菜や果物を食べようね」と声かけも忘れずにねー

ビタミンCとは何なのか、この実験が何を意味しているのかはよくわかっていないとムスコにはまったくわかっていないと思いますが、大きくなった時に、「これはなんだろう?」とか「あれはどうしたらできるんだろう?」と物事について考えることができる子になってくれたらいいな。

夏休みはムスコがやりたがるだけ実験につきあってあげようと思います。
私も実験が好きだしね。

ということで、ホメオパシーのレメディのおかげで腰の痛みが少しずつ落ち着いてきたので、お昼ごはんを食べたら、「ほんやさんで、じっけんのほん、さがそうよ〜」と騒ぐムスコのお供で東京駅そばのOAZOの丸善にでも行こうかな。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:12  |  ムスコのこと
 | HOME |