2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.07.11 (Thu)

手作り天然果汁アイスバー

我が家の夏のアイスの定番は、甘酒チョコアイスクリームです♪

甘酒の濃厚な味わいとココアのビターな風味が混じり合って、とても乳製品を使っていないとは思えない味になります♡

甘酒とチョコ風味が好きな方、ぜひお試しくださいね〜

さてさて、ムスコが「あついから、アイスがたべたい! このアイス、ボク、たべられる?」と学校帰りに立ち寄ったコンビニで言いだしました。

うーん、うーん、食べられるアイスですか……ないよ…(涙)
コンビニでコピーをとらなきゃよかった。ぐっすん。

ムスコは「やっぱりね〜、コンビニだとダメだよね」となぜか晴れやかな顔。
予想していた、ってことなんですね。
お兄ちゃんになったもんだ。

ということで、帰ってから家に買い置きしてあるジュースを凍らせてシャーベットにしました。

以前、買い物に行ったお店で、アイスバーをつくるいただいたんですよ。
トレーのような形で持ち手をつけて凍らせるシンプルな構造なんですけどね。

130708_0708~020001

凍らせたのは、巨峰ジュースとりんごジュースです。

できあがった手作り天然果汁アイスバーをなめていたムスコ。
「ねえ、ねえ、おかあ。このアイス、こおる とちゅうで、ちゃんとフォークでつんつんした? すごくかたくいよ。シャーベットって、つんつんしたほうが おいしくできるんだよ」

そんな面倒なこと、してるわけないじゃないか(汗)
どうして、そんなこと知ってるんだろう???

大きくなってくると、いろいろな食の情報が入ってきて、ごまかしがきかなくなりますね(苦笑)

ムスコの小学校の夏講座の打ち合わせをしているのですが……。
学校と話をするたびに、「アレルギーっ子の笑顔を見るためにみんなで頑張りましょう!」ではなく、「夏休みで教職員が手薄になる中、誤食や事故のリスクを限りなくゼロにするにはどうしたらいいのか?」みたいな話し合いばかりになってきてしまっていて……。

それはわかるんです。
たしかに、学校としては万一、アレルギー反応が出るような事態になったら大変ですもんね。

わかるんだけど、誤食や事故を恐れるあまり、そこだけに目を向けてしまうと、アレルギーのある子どもたちにはアレルギー反応のリスクを避けるために実習をさせないほうがいい、という結論になりかねないですよね。

私はこの夏講座で多くの人に米粉を知ってもらい、アレルギーっ子の心に目を向けてもらおうと思っていたけれど、子どもの安全を預かることを第一の使命と考ている学校と協力し合いながら、一歩踏み出そうとするのは、とても難しいことなんですね。

学校も私も、アレルギーっ子が安全に楽しい時間を過ごしてほしい、という思いは同じです。
でも、アプローチが違うんですよね。

最終的に笑顔が見られればいいいわけですし、関係者の心をひとつにして、頑張って成功させたいと思います♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと
 | HOME |