2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.07.01 (Mon)

りんごクリームのタルト(小麦・乳・卵不使用)

ムスコに「ねえねえ、おかあ。タルト、たべたいな、っておもわない? ボク、たべたいんだけど。いっしょにつくるってどうかな?」とお誘いを受けました(笑い)

ふたりで作ったのは、こんなタルト♪

130626_1559~020001

クラストの中に豆乳カスタードクリームを入れ、上に煮りんごを乗せ、ココアクッキーを飾りました。

レシピは私が気に入っているものばかり。

クラストは甜菜糖を使ったサクサク粉クッキー(米・小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)を使いました。

カスタードクリームはとろ〜り、なめらか 豆乳カスタードクリーム(小麦・卵・乳不使用)で。
でも、面倒だったので、レシピのカボチャパウダーとバニラエキストラクトは省略(笑い)
使った米粉は、ダイヤ米粉です。

煮りんごは、煮りんごの簡単おやつに甜菜糖を入れて甘さをしっかり出しました。

そうそう、上に飾ったココアクッキーは、クラストに使うために作った生地で、カボチャパウダーを入れる前にちょっとだけとりわけて作っています。

甜菜糖を使ったサクサク粉クッキー(米・小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)のカボチャパウダーの分量をそのままココアパウダーに置き換えると、苦いし、固くて、子ども向きではなくなっちゃいます。

レシピのカボチャパウダー10グラムを置き換えるとしたら、3グラムのココアパウダーにして、甜菜糖シロップを作る時の甜菜糖を10グラムくらい足したほうがおいしいです。

ムスコは、ラップにショートニングをつけてミニタルトの型に塗り付け、「このぼこぼこにあぶらがぬりにくい!」とひとりごとを言いながら一生懸命に塗り付け、「タルトのかたに、クッキーのきじ、うすいけど、うまくくっついたよ♪ ボクがつくったの、おかあのとおなじくらい、おいしいよ、たぶん」と得意顔(笑い)

焼き上がってからは、クラストを自分ではずして(←驚いたことに、薄いのに割らずに上手にはずせました)、そこに山盛りの豆乳カスタードクリームを入れ、煮りんごをココアクッキーを飾り付け。
「おいしい♡♡♡」と大歓びで、おかわりして食べていました♪

カスタードクリームを入れるとタルトがしけりやすいので、食べる直前に作ってすぐ食べるのが一番です♡
もなかの皮にあんこを入れて食べるお菓子と似てますね〜

最近、少しずつ、ネガティブな言動が減ってきて、食欲も出てきたので(←給食を残さない日が増えてきました!!)、できるだけ一緒に作って、楽しく食べる時間を作ってあげたいな。
給食の時にはおしゃべり厳禁ですが、家ならニコニコ笑顔でおしゃべりしながら食べられますもんね。

あ、そうそう、白砂糖を減らしていたら、やっぱりカイカイの度合いが減って来たように感じます。
あとね、落ち着きがなかったのも、ちょっとだけ改善されてきたような?
ムスコには、やっぱり白砂糖が合わないんじゃないかなー、と思ったのでした。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |