2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.06.18 (Tue)

とても悩んだこと

ムスメの妊娠中、たくさん心配事がありましたが、そのひとつが風疹でした。

私が妊娠初期に受けた血液検査の結果で、風疹の抗体が落ちていることが発覚。
なのに、ちまたでは風疹が流行中(涙)

妊娠初期に風疹にかかるとお腹な赤ちゃんが先天性風疹症候群を発症する可能性があるが、妊婦は予防接種を受けることは出来ないので注意するように、とお医者さんから言われました。

母に聞いたところ、「あんたには予防接種は全部受けさせたと思うんだけどねぇ」ということだったので、風疹の予防接種を受けたけど、時間が経って抗体が落ちたのかなぁ……。

もし自然に風疹にかかったら抗体が落ちることはないので、二度とかかることはないはずですから、血液検査で引っかかることもないですものね。

うーん、困った。

風疹にかからないようにするには、自己防衛しかない!
外出時にはマスクをすることと手洗いとうがい。
夫にもムスコにもお願いしました。

そして、頼みの綱はホメオパシー。
私の身体のバランスが整っていて、自然治癒力がきちんと働いてくれれば、もしまわりで風疹のウイルスが飛んでいてもかからないだろうと思って。

ホメオパシーではさまざまな自然界にある物質を使うのですが、毒性がなくなるまで薄め、その物質の持つエネルギーだけをレメディ(砂糖玉)にして用います。
風疹の予防接種はダメですが、ホメオパシーであればお腹の赤ちゃんへの副作用は生じないため風疹の予防をすることができます。

私が書いた記事ではないですが、予防接種とホメオパシーも読んでいただくと、イメージがつかみやすいかと思います。

ちなみに私はハーネマンアカデミーオブホメオパシーで勉強しているのですが、その学校の講師であり、もともと西洋医学のお医者さんだった天井先生にずっとホメオパシーの主治医として診ていただいており、風疹予防用のレメディも処方していただきました。

ご興味のある方がおられましたら、ホメオパシー振興会にご連絡なさってみてくださいね。

妊娠中から私は不調を感じるたびにホメオパシーでケアしてきました。

そのおかげもあってか、ムスメは元気過ぎるくらい♪
いまも私のとなりで寝転んで大声をあげ、手足をバタバタさせて泣いています。

あっ、今、目が合ったら、だっこしてもらえると思ってニコッとしました〜

お互いに、子どもたちが健やかに過ごせるよう、最善を尽くしてあげたいですね。

130510_0955~010001

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡








スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア
 | HOME |