2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.05.27 (Mon)

サクッとおいしい米粉の天ぷら

私は無性に天ぷらが食べたくなることがあります。
サクッとした食感が大好き♡
それに、野菜って油で揚げると甘みが出ておいしいですよね〜

でも、てんぷら屋さんやお惣菜の天ぷらは、たいてい小麦と卵が入っていますよね。
怖い、怖い……。

私はてんぷらに米粉を使うのですが、米粉だと天ぷらがサクッと揚がります。
それに小麦で天ぷら用の生地を作る時には必要な冷水も不要です。

小麦だとグルテンが出ないようにするために冷水を使いますが、米粉にはグルテンがないので常温の水でぐるぐるかきまぜても平気。
作るのがとても楽です♪

野菜で作る天ぷらはおいしいですよね〜
上から時計回りに、人参のかきあげ、新タマネギと焼きエビ(←桜えびみたいだけどもう少し大きいです)、そらまめの天ぷらです。

130510_1153~010001

<材料(天ぷらの衣の生地)>
ダイヤ米粉      適量
水          適量


<作り方>
1)ボウルにダイヤ米粉を入れ、そこに常温の水を加えてよく混ぜ、パンケーキの生地くらいの固さにする。
2)具材を1の生地にくぐらせ、180〜200度前後に熱した油に入れてからりと揚げる。


米粉の天ぷらをカラッと揚げるコツは、小麦の生地は粉のダマが残るくらいに軽く混ぜてさらっとした感じですが、米粉の生地は少しとろりとさせること。
それを高めの油で揚げると衣の水分が一気に飛ぶので、サクッとしやすいです。

火がとおりにくい具材の場合には、レンジなどである程度加熱して冷ましたものに衣をつけて揚げると、からりとした食感を楽しめます♪

米粉の天ぷらは揚げたてが最高!!
時間が経つと食材の水分が出てくるのでしっとりしてしまいますが、それはそれでたっぷりの大根おろしを生醤油をつけて食べるのがお気に入りです♡

お弁当に持って行くかき揚げを作るなら、冷めてもサクサクの天ぷら粉の記事でご紹介した粉がおすすめですよ♪

さてさて、食事の支度をする間の強い味方は、ムスコ。
台所の出入口のそばにあるソファに寝かせたムスメが落ちないように見ていてくれます。

ひざにティッシュの箱を乗せているのは、ムスメが飲んだおっぱいを吐いた時に拭くため。
準備も万端(笑い)

130525_0743~030001

ムスコは、ムスメが泣きはじめると「はやくおっぱいあげて!」と慌てて教えに来てくれます。

ムスコの時には泣かれるとすぐに飛んで行きましたが、2人目のムスメの場合、「もうちょっと待ってね〜」なんて声をかけるだけ。
泣かせたままで料理や洗い物を済ませちゃうようになりました。

泣かせていると可哀想だとは思うのですが、おっぱいにかじりつき、ずっとだっこのムスメのペースに合わせたら、炊事をすることなんてできなくなっちゃうので。

ムスコが起きるのは朝6時半。
そのため、夜8時にはふとんに連れて行きたいので、なんとか7時までには夕食を食べられるようにしようと努力しています。
我が家の生活のペースは、小学校に入ったばかりにムスコが最優先。

ムスメが生まれて2か月になり、赤ちゃんがいる生活にやっと慣れてきました。
2人目育児を楽しめるような余裕はまだまだできないですが、でも、わからないことだらけでノイローゼぎみだった1人目のムスコの時よりも育児ストレスを感じないでいられるみたいです。
だって、ご飯がとってもおいしく食べられていますから(笑い)

ムスコの時には出産前の体重よりも10キロくらい減ってしまい、倒れそうになっていたのがウソみたいです。

食べ物は健康のバロメーターですね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理
 | HOME |