2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.05.20 (Mon)

くるみキャラメリゼのせ ホットバナナ米粉ケーキ(小麦・卵・乳・大豆不使用)

5月になってから、ムスコの小学校に送り迎えをしています。
ムスメをだっこして送り迎えをしているのでとても目立つらしく、登下校中の子どもたちやママたちに声をかけられます。
自分から話しかけるのが苦手なムスコと私にとっては、ムスメが話のきっかけになってありがたい限り。
小学生になると行動範囲も広がるし、保護者や子どもたちとのコミュニケーションは大切ですよね。

送り迎えのきっかけは、ムスコの下校時間に合わせて入学式の写真のサンプルを見に行ったこと。
その時に一緒に帰ってきたのですが、「おかあ、あさ、いっしょにいくのはムリだよね?」とためらうような口ぶりで言われ、「大丈夫だよ!」と言ったのが始まりです。

この記事で書きましたが、ムスコはムスメが生まれてから、いえいえ、私が妊娠中から、できるだけわがままを言わず健気に頑張ってくれています。

せめてもの「わがまま」が小学校の送り迎えなら、小学校は徒歩7、8分の場所だし、行ってあげないとね♪

最近、食も細くなって痩せてきて心配だったのですが、手作りのおやつを作っておくことも多いです。
米粉のおやつだけでももりもり食べてくれると少し安心ですから。

ムスコのお迎えに行く直前に焼き上げた、くるみキャラメリゼのせ ホットバナナ米粉ケーキです。

130515_1459~030001

ムスコが帰ってきて、「おおっ、なんじゃこりゃ〜、すごいね♪ まだあったかいよ」とパクパク。
何度もケーキをおかわりした後、「このあまいくるみ、たべていい?」と、キャラメリゼしたくるみをぜんぶとって食べてしまいました(笑い)

オリジナルレシピは、とても気に入ってよくプレゼント用に作っていたくるみ入りクイックバナナブレッドです。

レシピを書いた時には、冷蔵庫で冷やして食べたいと思って糖分も油脂分も多めにしたのですが、今回は、焼きたてであたたかいうちに食べようと思い、糖分も油脂分もレシピの半分の量にしました♪

冷まさないでケーキを食べると、バナナの甘みも香りも冷ました時よりも強く感じます。
また、ケーキの中にはまだ焼いている時に発生した食材の蒸気がこもっているので、ぱさつきはありません。
ケーキの型にくっついている部分と上の面は焼いている間にオーブンで熱が加わるため、少し固くなりますけれども。

上に飾ったくるみは、米あめでキャラメリゼにしました。

やり方は簡単です。

=くるみのキャラメリゼの作り方=

1)フライパンにくるみを入れて炒り、火を止めます(←火をとめずにやるとすぐに焦げます)。
2)フライパンとくるみがまだ熱いところに、大さじ2杯程度の米あめを入れるとじゅーじゅーと音がして溶けます。
3)それをくるみにからめて、くるみをばらばらにしてからオーブンシートの上に並べて冷まします。

キャラメリゼをして冷めても、ちょっとベタベタするのですが(←冷めてもべたつきますが。汗)、そのままではケーキの上にくっつきません。

もしも、ケーキの上にくっつけたい時には、加熱していない米あめをケーキの上にたらし、そこにキャラメリゼしたくるみを乗せるとよいですよ。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |