2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.05.02 (Thu)

小麦・乳製品を使わないドリア

授乳をしていると、とにかくお腹がすきますよね。

私、毎食、ごはん1合以上は食べているんですけど……(汗)
しかも、食事と食事の間に、おやつで米粉パンやおもちも食べてるんですけど……(汗びっしょり)

こんなに食べていても妊娠前の体重のあたりを前後しているところを見ると、ムスメがせっせせっせと飲んでいるでしょうね。

母乳のもとは血液。
母の私の血が不足したらもともこもない、ということではありますが……でも、どんどん胃袋が大きくなっていくのが怖いです(号泣)

自分のことながら、あまりに男らしい食いっぷりに呆れ果てている今日この頃。

お茶碗山盛りのお米ばかりをわしわし食べていても満腹感が薄い。
ちょっと目先の変わったものを作って、目からも満足感を味わいたい!

そんなわけで、野菜をたっぷり入れ、豆乳と米粉でホワイトソースを作り、ドリアにしてみました♪

130429_1225~020001

ムスメが寝ている間にちゃちゃっと作ったので、作り方は簡単です。

鍋に無調製豆乳200シーシーに米粉大さじ1くらいを入れて、塩・こしょうとブイヨンをお好みで加え、木へらでかき混ぜながらところみがつくまで加熱すると、豆乳ホワイトソースのできあがり♪

私はご飯にたまねぎとトウモロコシを入れてピラフ風にし、上に豆乳ホワイトソースをかけ、塩・こしょうで炒めたアスパラとカットしたミニトマトを載せ、砕いたコーンフレークをふりかけました。
チーズをかけるわけじゃないので、オーブンで焼かなくてもOKです。

見た目がいつもの食事と違うせいか、とてもおいしく感じました。

でね、おいしかったのはいいんですよ。
いいんですけど、それでさらに食欲が刺激されちゃいまして。

ドリアの食後のデザートに、さくらんぼジャムたっぷりの米粉食パンを2枚も食べてしまいました(汗、汗)
どう考えたって食べ過ぎですよね。
うーん、胃を少し小さくしないと。

さて、この豆乳ホワイトソースにはブイヨンを入れました。
塩・こしょうだけの味付けでもいいんですが、それだと豆乳の風味がそのまま残ります。
なので、ブイヨンを入れて風味を加え、豆乳臭さをやわらげ、味わいの奥行を出しました。

我が家では、以前はアレルギー特定原料等25品目不使用 化学調味料無添加ブイヨンを使っていましたが、最近は欧風だしがお気に入りです。

130429_1220~020001

動物性の食材を使っていないのですが、とてもコクがあり、味わいに広がりが出ます。
化学調味料や遺伝子組み換え食材などは使っていません。
野菜の味が活きているので、私は洋風のお料理だけでなく、私は切り干し大根やヒジキの煮物などにも使っています。

欧風だしの原材料は「塩、でんぷん、酵母エキス、ローストオニオン、醤油、コショウ、セロリ、キャロット、ガーリック (原材料の一部に小麦、大豆を含む)」。
でんぷんは何に由来するでんぷんなのか、また、小麦・大豆が何に含まれているのかなど原材料の詳細は確認していませんので、もしご興味を持たれた方がおられましたら、メーカーに確認してみてくださいね。

ブイヨンがなくてもおいしいお料理はできますが、ブイヨンがあると時間がなくても手軽に味の変化をつけられて便利ですよね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理
 | HOME |