2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.02.19 (Tue)

米粉の人参マフィン(小麦・卵・乳・大豆不使用)

ムスコの保育園のおやつはカボチャケーキ!
……だったのですが、買い置きしていたカボチャが痛んでいて使えず(涙)

うーん、うーん、黄色かオレンジの食材はないものか……?

そう考えていて思いついたのが人参!!
考えれば考えるほど、人参のキレイなオレンジ色と、はちみつの優しい甘さがミックスしたらおいしそう♡

人参とはちみつだけだと味が短調になりそうな気がしたので、甘酸っぱいレーズンとココナツファインで味わいと食感にアクセントをつけてみました♪

130213_0807~010001

パウンドケーキのような割としっかりした食感ですが、レーズンとココナツファインが入っているので、ほろっとした感じです。

130213_0808~010001

焼きたてはふんわりしています。
でも、焼いてから半日くらい経つと、生地に入れたレーズンが水分を吸うためもあって、きゅっとしまった食感になります。
ちょうど、やわらかめのスコーンみたいかなぁ。

時間が経ってからのほうが、人参とはちみつとレーズンとココナツの風味が落ち着いて一体感が出るので、私は焼きたても時間が経ってからも両方とも好きでした。


<材料(ミニマフィン型5個分)>
♡ダイヤ米粉       100グラム
♡タピオカ粉       10グラム
♡重曹          小さじ3分の1弱
*重曹+クエン酸をベーキングパウダーに置き換える時には、5〜6グラムにしてください。
♡クエン酸        小さじ4分の1強
♡塩           ひとつまみ

☆人参すりおろし     50グラム
☆はちみつ         40グラム
☆水           65~80グラムくらい
*人参の水分量とはちみつの濃度によって、加える水の分量が変わりますので、少なめに入れて様子をみて調整してください。
☆菜種油          25グラム

レーズン          20グラム
ココナツファイン      10グラム

<作り方>
1)型に分量外の油を塗り、焼き上がった時にスポンジが取れやすくしておく。オーブンを170度に予熱しておく。
2)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
3)☆の材料を入れて、スプーンなどでよく混ぜ合わせる。
*泡立て器で混ぜようとしても生地がワイヤーの間に入ってしまうので、うまく混ざりません。
*ホットケーキの生地よりも固めでぽってりするくらいの固さです。
4)3の生地にレーズンとココナツファインを入れて軽く混ぜてから1の容器に生地を流し込み、170度に予熱しておいたオーブンに入れて18~20分ほど焼く。


焼き上がったものを味見してみて、ムスコも私も「うん、おいしいね!」と意見が一致♪
強い甘さが好きな夫には、粉砂糖でアイシングを作って人参マフィンの上にとろ〜りとかけました。

保育園から元気一杯に帰ってきたムスコが、私のところにやってきて声をひそめ、「ねえ、ねえ、ないしょのおはなしがあるんだけど」
どんなことかと気になって聞いていると……

「ボク、Rくんといっしょにすわってたの。そしたらRくんがね『ねえ、そのケーキ、まずそうなんじゃない?』っていったんだよ。ボクはね、『ううん、おいしいよ』っていったの。せっかくつくったのに、そんなこと、いっちゃいけないよねー」

そのムスコの言葉を聞いて、びっくり。
それと同時に、とても嬉しくなりました。

去年までだったら、「まずそう」なんて言われたらきっと、しょげて帰ってきただろうのにね。
でも、ちゃんとお友だちに自分の意見を言えるようになったんだね。

それに、食べ物への感謝の気持ちが育っていたのも感じました。
作った私のことも気にかけてくれたのを感じ、うるっときちゃいました。

Rくんは保育園の0歳クラスからずっとムスコと一緒。
人懐っこくて気だての優しい男の子です。
Rくんに「好きな食べ物はなに?」と聞くと、「オレ、すきなのは、にくにくにくにく〜〜〜。あと、すし! トロ、ウニ、イクラがうまいよね! やさいはいらない。ムスコくんもやきにく、いく? すし、くう?」って、ニコニコしながら逆に質問までしてくれますから。
私もムスコに食物アレルギーがなかったらたくさん外食していたと思うし、ムスコもRくんと似たようなものが好きになったんじゃないかなぁ、と思います。

普段から和食ベースで、ムスコはお野菜をもりもり食べているから人参マフィンを「おいしいもの」と認識するけれど、野菜嫌いの子にしたら「まずそう」という認識になりますよねー
大人だって、食べ慣れているものを「おいしい」って感じますもんね。

Rくんとムスコの食生活のどっちがいいとか悪いというわけではなく、家庭の食事の習慣は、子どもの味覚の土台と食べ物への向き合い方に影響するのだなぁ、と感じた日でした。

さてさて、今日の午後、ムスコを連れて病院にいかねばなりません。
というのも、アレルギー(食物アレルギー・喘息・アトピー)の指示書を主治医に書いてもらい、それを小学校に持って行って養護の先生と栄養士さんと打ち合わせしなくてはならないからです。

いくら私が自宅安静を指示されているとはいっても、ムスコが小学校に入学して劇的に環境が変わるので、特に給食については、心配な点などを伝えつつ、でも「あーら、神経質なお母さんね、もう」って思われないようにしないと(汗)

参考までに献立表をもらったのですが、自校式だとはいうものの、保育園の給食よりも小学校の給食は品数が少なく(基本的に主食とおかずとデザート)、しかもまったくアレルギーっ子を気にしていないような献立でびっくりしました(涙)

誤食を心配しながら給食で除去食を工夫してもらうか、全部お弁当にしちゃうか悩みどころです。
うーむ……。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |