2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.02.04 (Mon)

新しい米粉でショートケーキ

ムスコの保育園の1月のお誕生会がありました。

その前日、「おかあ、ケーキつくれる? クリームぬるとたいへんだから、ボク、おやすみする?」
ムスコの優しい言葉にちょっと迷いましたが……

卒園するまで、お誕生会があるのはあと2回。
せっかくのお誕生会だから、やっぱり作ってあげたいなぁ。

ちょっと作業をしてはソファに横になり、また少しやっては休み……でしたが、たまたま年末に作ったブッシュドノエルのチョコ風クリームのベースにした、さつまいもとココアを混ぜたものがあったので、それを使ったのでクリームはラクチンでした。
アレルギーっ子クッキングには、なんでもかんでも「念のため」と冷凍しておくと、思わぬところで役に立ちますね♪

あまり美しいケーキにはならなかったのですが、スポンジの間にはさんだのは煮りんごで、上に飾ったのはみかんの形をしたゼリーとピンク色のアラザンです。

130124_0835~010001

<材料(16センチの耐熱容器1個)>*これは自分の覚え書きとして書いたレシピです。完成していません。

ダイヤ米粉     90グラム
♡コーンスターチ      20グラム
♡甜菜糖         30グラム
♡ベーキングパウダー   5~6グラム

カボチャ裏ごし         40グラム

☆水            70〜80グラムくらい
*はじめは最小量を入れ、カボチャの水分によって調整してください。
☆菜種油          30グラム

りんご酢          10グラム

<作り方>
1)型に分量外の油を塗り、そこの部分にクッキングシートを敷き込み、焼き上がった時にスポンジが取れやすくしておく。オーブンを180度に予熱しておく。
2)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
3)2に☆の材料を入れて、よく混ぜ合わせる。そこにカボチャの裏ごしを加えてさらに混ぜ合わせる。
*ホットケーキの生地よりも固めになります。
4)3にりんご酢を入れて混ぜ合わせる。
*生地はヘラでもちあげて落とすとぽってりするくらいになります。
5)1の容器に生地を流し込んで表面をできるだけ平らにならし、180度に予熱しておいたオーブンに入れて15~18分ほど焼く。
*生地を作ったらすぐに焼いてください。作ってすぐに焼いたほうが膨らみがいいです。触ってみて弾力があれば焼き上がっています。
6)スポンジの粗熱がとれたら縦半分の長方形に切ってシロップ(メイプルシロップと水を半々にしたもの)を打ち、お好みのジャムなどをはさんで、その上からたっぷりとクリームを塗る。


レシピをご覧になって「あれ?」とお思いになった方、いらっしゃいますか?
実は、このショートケーキでは、新しい米粉を使っています。

しばらく前に取り寄せをしておいたダイヤ米粉です。

130125_0902~010001

なぜ新しい米粉を取り寄せたのかというと……。

ムスコが小学校に入学するため、机と本棚を購入。
そのため、「パン用」「お菓子用」「料理用」などと各数種類ずつの米粉や食材を買い置きしていたのですが、保管しておくスペースがなくなったため、米粉を省スペース化しないと、なのです。

以前、「パン用」としてダイヤ米粉のサンプルをいただいたことがあるのですが時、マイベイクフラワーのようなふっくらもっちりした感じではないけれど、香ばしくておいしい米粉食パンができた経験がありますし、お料理にもちょっと使ってみたら問題ありませんでした。

気になっていたのはお菓子作りなのですが、今回作ってみて、おいしく作れる米粉だということはわかりました!
でも、まだ、私のレシピでは、気泡が不揃いで大きくなったり、食感がイマイチなど、さまざまな気になる点があるので、ここに書いたレシピを調整しないといけないですが。

いろいろな用途に使ってみて、ムスコの除去食としておいしく味わうだけじゃなく、赤ちゃんが生まれたら離乳食にも使えたらいいな♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |