2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.01.28 (Mon)

ありがとうございます!

今日も遊びに来てくださって、ありがとうございます。
ブログの更新がままならず、申し訳ありません。

前回の記事で、切迫流産の可能性があるため自宅安静を指示されたというご報告をいたしましたが、たくさんの愛情のこもったメッセージをいただきました。
ほんとうにありがとうございます。

今回のことで、「アレルギーっ子がいると入院するなんてできない相談だよなぁ」と実感するとともに、改めて、アレっ子ママたちの大きな愛を感じています♡

アレっ子ママたちは家族だけでなく、まわりの人たちにもたくさん、たくさん、たーーーくさんの愛情をそそいでくださっているのですね。
ママたちのまわりに素敵な愛情の連鎖があって、そこにさらに愛情が繋がって……。

「真実の愛は無限。与えれば与えるほど大きくなる」(フランス人作家サン=テグジュペリ)の言葉がありますが、ほんとうにそうだと実感しています。

みなさんに、心から感謝申し上げます。

深刻な症状としては切迫流産の可能性があることなのですが、それに付随して、ほとんど寝たきりでいるためか、腰痛やら浮腫やら低血圧やら消化不良やら……大小さまざまな症状が出ているので、医師の指示に従うとともに、ホメオパシーでのケアも欠かせません。

健康な体って、ほんとうに大切ですね。
普通の生活を営めるありがたさをしみじみ感じています。

妊娠してから、いきなりジャンクフードがどうしても食べたくなったり、ラーメンやハンバーガーやポテトが食べたくなったりして、どうにもこうにも心身のバランスが崩れているのを感じたりしていたんですよねぇ。
それを無視して過ごしていたのもいけなかったと反省しています。

横になっていて身体を動かせないので、普段よりも食生活に気を配ることで、身体の自然治癒力のスイッチが入ってくれるといいなー

自然治癒力を高めたいと思い、以前、このブログでもご紹介した『自然派ママの食事と出産・育児』著:大森一慧を何度も読み返し、できるだけ穀菜食をメインとした食生活をしています。

今、私の枕元にはこんな感じで本が積み上がっています(笑い)

130124_0921~010001

マクロビオティックの本がたくさんありますが、私はお肉が大好きなので少しは食べていますし、妊娠前はお魚も大好きでした(妊娠したら食べられなくなったけど)。
また、3食玄米にするとうまく消化できないようなので、玄米を食べるのは1食くらいでしょうか。
なので、あくまで本は参考程度なのですが。

早く、寝たきり生活を卒業して、しっかり歩いて身体を動かし、健康な赤ちゃんを生んであげられるようにしたいと思います。

みなさん、ご心配くださり、ほんとうにありがとうございます!


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア
 | HOME |