2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.11.01 (Thu)

豆腐チョコクリームの米粉ショートケーキ(小麦・卵・乳・ナッツ不使用)

10月末に保育園のミニ誕生会がありました。

保育園の栄養士さんからは「今月はハロウィーンの絵になります」と聞いていましたが、ジャックオランタンの絵なんて描けるわけないし!(汗)
ハロウィーンは夜のイメージがあるので、クリームは豆腐にココアを混ぜたチョコクリームにすることにしました。
子どもたちは白いクリームですけどね。

今回のケーキは、ムスコが「ボク、てつだってあげるね!」と宣言したとおり、いろいろとお手伝いしてもらいましたよ♪

まずは飾りに使うクッキー作り!
家にあるありったけのクッキーの型をテーブルの上に山積みにし、ムスコに好きな型を選ばせました。

ムスコ曰く、「よる、おほしさまがひかっているしたを、きしゃがはしっているイメージにする!」
ほほぉ、自分なりのイメージがあるわけね。
いいことだ、いいことだ♪

ということで、こんなのができあがりました♪

121025_0831~010001

今回は、星と汽車の型で上手にクッキーを抜いてくれました。

生地を伸ばしたところを効率よく抜くようにとアドバイスすると、「ここはもうないから、こっちならキシャがぬけるかな? かけちゃうかな?」と悩みつつ。
ちょっと前は、せっかく伸ばした生地のはじっこと真ん中に型を置いてしまって、何度も何度も練り直しをして伸ばさないといけなかったけど、成長したもんだ〜〜

豆腐チョコクリームの味は結構濃厚で、ムスコは目を輝かせて味見を堪能♪
でも、手抜きをして寒天を入れなかったら、ずっととろりとしていました。

そのせいでナイフではキレイに切れないし、保育園に行く時に夫に「絶対に横にしないでね。ケーキを入れた容器に接触するとクリームがはがれちゃうから!」とお願いし、ムスコには「おとうはケーキを持っていてゆっくりじゃないと歩けないから、絶対に走っちゃダメだよ」と注意。

やっぱり家で食べる時はクリームに寒天なしでもいいけど、持って行く時には寒天を入れて崩れないように保険をかけておかないと、と思ったのでした。

あ、そうそう、大切なことを。
写真をとるためにクッキーを飾りましたが、クッキーをケーキに飾るとクリームの水分をすってしけってしまいます。
食べる直前に乗せたほうがおいしいです。

なので、私はケーキにクッキーを別添えして、栄養士さんに飾り付けていただけるようにお願いしました。
そして、ムスコには内緒で、お菓子のパッケージに描いてあったジャックオランタンの絵を切り抜いて同封し、それも一緒に飾ってもらったのでした♪

レシピは以下のとおりです。

=スポンジ=
<材料(16センチの角型1個)>
♡米の粉         100グラム
♡タピオカ粉       10グラム
♡甜菜糖         15グラム
♡重曹          小さじ3分の1
♡クエン酸        小さじ4分の1
*重曹+クエン酸をベーキングパウダー5〜6グラムに置き換えたほうがふんわりした食感になります。

さつまいも裏ごし      45グラム

☆リンゴジュース      80~100グラムくらい
*さつまいもの水分によって必要量が変わるので、レシピの最少量を入れて調整しながら生地を作ってください。私が使ったさつまいもはとても水分が少なくパサパサしていたので、多かったです。
☆菜種油          15グラム

<作り方>
1)型に分量外の油を塗り、そこの部分にクッキングシートを敷き込み、焼き上がった時にスポンジが取れやすくしておく。オーブンを170度に予熱しておく。
2)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
3)2にさつまいもの裏ごしと☆の材料を入れて、よく混ぜ合わせる。
*ホットケーキの生地より気落ち固めになります。
5)1の容器に生地を流し込み、170度に予熱しておいたオーブンに入れて20~25分ほど焼く。
*生地を作ったらすぐに焼いてください。作ってすぐに焼いたほうが膨らみがいいです。触ってみて弾力があれば焼き上がっています。


=豆腐チョコレートクリーム=
焼き豆腐      200グラム
*水切りして140グラムになりました。木綿豆腐でも大丈夫ですが、焼き豆腐よりも柔らかめになると思われますので、ココナツミルクの量を調整してください。
三温糖       30〜40グラム
ココアパウダー   20グラム
ココナツミルク   70グラム
*クリームのコクを出すために入れていますが、豆腐の水分によっては軟らかくなりすぎるので調整してください。

<作り方>
1)鍋にお湯を沸騰させ、豆腐を6等分くらいに砕いて中火で10分ほど茹でる。茹で終わったら、ザルにペーパータオルを敷いてから豆腐を乗せ、30分ほど水切りする。
2)ミキサーに1の豆腐と三温糖、ココアパウダーを入れてなめらかになるまで攪拌する。
3)スポンジケーキに塗る。ラップをし、1時間ほどなじませる。
*豆腐チョコクリームの水分はスポンジが吸うので1時間ほど置いておくとムースくらいの固さになります。


=クッキー=
<材料>
♡サクサク粉   50グラム
♡三温糖     12グラム
♡塩       ひとつまみ

菜種油      17グラム
熱湯       15グラムくらい

カボチャパウダー  8グラム

<作り方>
1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器でかき混ぜる。
2)1に菜種油を入れて手のひらですりあわせてサラサラするまでなじませる。
3)2に熱湯を入れ、よくこねる。
*入れてすぐにはなじみにくいですが、数分こねているとなめらかで扱いやすい固さになります。それでもどうしてもまとまらなければ、ごく微量ずつ増量してください。熱湯が少ないほどサクサクします。ちょっと油が浮いた感じになりますが、野菜パウダーを入れるとなじみますので大丈夫です。
4)3の生地にカボチャパウダーを混ぜ、よくこねます。
5)まな板の上にラップを敷き、3の生地を乗せ、その上にラップを重ねて麺棒で3~5ミリほどの厚さに伸ばします。お好みの型で抜きます。
6)160度に予熱しておいたオーブンに入れ、20分ほど焼き、触ってみて軟らかいようだったら150度に下げて10分ほど焼きます。焼き上がったら天板の上でしっかりと冷まします。
*水分を足した時には焼き時間も長くなります。家庭のオーブンによってクセがありますので、焦げそうな時には温度を下げて焼いてください。水分をしっかりと飛ばすとサクサクになります。


帰ってきたムスコにケーキの感想を聞くと……

満面の笑みで、「みんなに、いいなー、いいなー、っていわれた!」
その後、報告するのが待ちきれなかったように楽しげに、「クッキーちょっとだけたべさせて、とか、そのクリームチョコあじなの?なめたい、とか、そのハロウィーンのえいいな、とか。むふふ。みんなのケーキのハロウィーンのえは、カボチャにめがまんまるでヘンだったの」とのこと。

たぶん、自分でも一生懸命手伝ったから、おいしさも喜びも倍増だったのでしょうね。
今月のショートケーキも楽しんで食べて来てくれて、よかった、よかった♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |