2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.10.11 (Thu)

ココナツとクルミのベイクド米粉ドーナツ(小麦・卵・乳・大豆不使用)

ムスコが昨夜、言いました。
「おかあさん、あしたのおやつなに? ボク、たべられるやつ? それとも3じ、おむかえ?」。

いつもごめんね。
そして、いつも私の体調を心配して、我慢してくれてありがとう。

このところ、ずっと、食べられないおやつの時には早退だもんね。
でも、夫が出張中ということもあり、私も早くお迎えに行くことができないので、がんばって作るぞ!!

私が「おやつはドーナツだから保育園のは食べられないけど、ちゃんと作るから大丈夫!」。
そう言うとムスコが「そう、つくれる? じゃあさ、ひさしぶりだから、ちゃんとできてるか、あじみするぶんと、もっていくぶん、つくらないとね♪」とニッコリ。
確かにそのとおりだねー(笑い)

久しぶりなので以前のレシピを見ていて、砂糖なしレーズン&チョコチップの米粉焼きドーナツをアレンジすることにしました。
この2年前の記事を読んで、なんだかジーンとしてしまいました。
ムスコも大きくなったなぁ。

121005_0635~02

以前のレシピのままだと今のムスコには甘さが足りないので、調整しました。

<材料(ドーナツ5個分)>
♡米の粉      100グラム
♡ホワイトソルガム  30グラム
♡三温糖       30グラム
♡重曹        小さじ3分の1
♡クエン酸      小さじ4分の1
*重曹+クエン酸をベーキングパウダーに置き換える時には、5グラムにしてください。
♡塩          少々

完熟バナナ      1本(100グラムほどでした)
*皮に黒い斑点が出るまで熟したもの。
菜種油        40グラム

クルミ        15グラム
ココナツパウダー   5グラム
*ココナツパウダーを入れたほうがほろりとした食感が出ます。


<作り方>
1)完熟バナナの皮をむいて冷凍したものを冷蔵庫で解凍し、バナナと水分を分離させておく。クルミを粗く刻んでおく。オーブンを200度に予熱しておく。
2)♡の粉類をすべてボウルに入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。
3)2に菜種油を入れ、バナナの分離した水分を少し残して生地が成型できる状態になっているかを確認しながら手でよく混ぜ合わせる。バナナの水分をすべて加えてもどうしてもうまくまとまらない場合には水をほんの少し足す。
*水を入れるとネッチョリ感が出やすくなるため、極力、水分を減らすためにバナナを冷凍して水分を分離させて使っています。
4)3にココナツパウダーと刻んだクルミを入れて軽く混ぜる。
5)生地がかなりやわらかくて手のひらの上で成型できないので、天板の上にクッキングシートを敷いてから、そこに5等分した生地をこんもりと盛り上げて真ん中に指をつっこんで穴をグリグリとあけて成型する。画像のようにドーナツの形を優先する場合には手のひらの上でぎりぎり成型できるくらいの固さになります<バナナの量の調整が必要です>。
*あまり膨らみませんので、最初から高さを出して成型してください。
*表面はなめらかにならないので(クルミとココナツパウダーが入っているからデコボコします)、適度に整っていればOKです。

6)200度で予熱が終わったオーブンで14~15分ほど焼く。
*オーブンによってクセがありますので、様子を見ながら調整してください。焦げると苦くなります。


この生地は崩れやすいですし、かたちもあまりキレイになりません。
もし、ドーナツの形のほうを優先したい場合には水分量を減らして手のひらの上で成型する方法もあります。
そうすると固めのスコーンみたいな食感になります。

ちなみに、ムスコに持たせるのは形優先で作りましたので、食感は固めでした。
しっかりと噛むと味わいが広がる感じ。

121005_0709~01

画像を見ていただいてもわかるとおり、かなり噛みごたえがあります(笑い)

でも、ムスコも私もしっかり噛みしめると甘さや味わいの広がりがじわじわ広がるお菓子も好きなので、これはこれで気に入りました♪

ただし、ラップに包んで密封袋に入れておいても、もともとの水分が少ないので固くなりやすいです。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |