2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.10.01 (Mon)

とろ〜り、なめらか 豆乳カスタードクリーム(小麦・卵・乳不使用)

ムスコのお誕生会用のショートケーキを作るため(このケーキです)、無調製豆乳を1リットル買いました。
普段はほとんどお菓子作りにもお料理にも豆乳は使わないので、このままだと冷蔵庫に賞味期限が切れるまでずっとキープすることになっちゃいます(汗)

そうなるともったいないので、豆乳でカスタードクリームを作ってみることにしました。

以前、乳や卵を使わないヴィーガン用のカスタードクリームパウダーを買った時、原材料は豆乳と糖分と植物性油脂と植物性着色料と香料が使われていました。
それを思い出し、卵たっぷり風カスタードクリームトースト(小麦・乳・卵・大豆・ナッツ不使用)を作ってムスコが喜んでくれたのを思い出し、それをアレンジ。
このレシピは、ココナツミルクを使ったカスタードクリームだったので、ココナツの脂肪分でかなりコクがあったんです。

たぶん、豆乳で作ると、もっとさらり、あっさりになるだろうなー、と思ったので、なたね油やバニラエキストラクトなども加えて風味づけしてみました。

できあがった熱々の豆乳カスタードクリームを、あんずの缶詰にたっぷり。

120930_1120~01

ムスコの食べさせると、「これ、な……に。ん!? んんん♡」
一気に食べてしまいました(笑い)
やっぱり、甘いものが好きなんですね〜


<材料>
無調製豆乳      200グラム
甜菜糖        大さじ3〜4
*お好みで増減してください。がっちり甘いほうがおいしいのですが、このレシピの分量だとかなり甘いです。
カボチャパウダー   小さじ半分
*色づけのために入れていますので、入れなくても味には影響ありません。
米粉(米の粉)    大さじ1(計量スプーンに粉をおさえつけず、ふんわりとすり切り1杯はかる)
タピオカ粉      大さじ1(計量スプーンに粉をおさえつけず、ふんわりとすり切り1杯はかる)
*米粉とタピオカ粉はとろみづけに入れています。米粉だけにするとねっとりし、タピオカ粉だけにすると少し固めの仕上がりになります。コーンスターチやくず粉にすると柔らかめになります。
塩          ふたつまみ
バニラエキストラクト 小さじ半分
*バニラエッセンスであれば数滴で充分です。

<作り方>
1)全部の材料をなべに入れてハンドミキサーでなめらかにまるまで撹拌する。
*ミキサーでも結構です。泡立て器で混ぜただけだとカボチャパウダーや粉類が混じりにくいので、ハンドミキサーかミキサーで混ぜたほうがなめらかにできます。
2)1をなべに入れ、中火で焦がさないように木へらでとろみが出るまでかきまぜながら加熱する。

以上です!
この豆乳カスタードクリーム、材料さえあれば5分くらいでできる簡単さです。

できたて熱々のカスタードクリームをフルーツにかけて食べるのが大好きです♡
イギリスでホームスティしていた時、中庭にはラズベリー、ブルーベリー、クランベリーといったベリー類などがあって、季節の味を楽しんでいました。
庭の果物がなくなる冬場には缶詰のフルーツにたっぷりのカスタードクリーム♪

「果物に熱々のカスタードクリームをかけて食べるととてもおいしいのよ」と教えてくれたのはホストマザーでした。
カスタードクリームを食べると、ホストマザーがキレイに手入れした庭に座り、さまざまな草花を見ながらおしゃべりしたティータイムを思い出します。

この豆乳カスタードクリームは冷めると少々固まりますが、クリームパンなどにするにはよい固さかと思います。
タルトならこのままの固さでよいと思いますし、冷蔵庫で冷やし固めてカスタードプリンにするなら心持ちやわらかめでもよいかなー、と思います。

お好みでとろみの粉類を調整してみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ
 | HOME |