2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.08.24 (Fri)

保育園用のショートケーキ(小麦・卵・乳・ナッツ不使用)

昨日はムスコの保育園のお誕生会でした。
クリームを塗ったケーキを作るため、結構時間がかかります。

楽しんで作れる時もあるのですが、体調が思わしくないと、「できるだけ簡単に、できるだけ楽に」って思っちゃいますねぇ。
その「一手間」を省いたがゆえに、できあがってもイマイチとなることもあったりして(汗)

ケーキの絵はヨットと聞いていたので、そのあたりも悩みどころでした。
チョコレートでお絵描きするのは難しいし(←色をつけてほしいと言われるから)、クッキーを載せるのもなぁ……

とあれこれ考えていて……そうだ、いいこと考えた♪
我が家には、ちょうどみすず飴があるぅ。
みすず飴はオブラートに包んであるフルーツ寒天だから、ヨットの形に切って乗せたらおいしいハズ!

ということで、今回は豆腐クリームをペタペタ塗って、みすず飴を切って飾りました♪

120823_0850~02

スポンジはこちらのレシピを使い、スポンジとスポンジの間にたっぷりとラズベリージャムを塗りました。

白いのは豆腐クリームです。
豆腐クリームは、キャロブ豆腐クリーム米粉ケーキのクリームのレシピで、キャロブを入れず、豆腐と和三盆とメープルシロップをたっぷり入れて作ってみました。

やっぱり、できあがりは豆腐の風味たっぷり(汗)
白いクリームがいいかな、と思ったけど、ココアパウダーを入れるべきだったなぁ。

でも、ムスコはとても気に入ったようで、味見のおかわりもしたがっていたし、帰ってきてからも冷蔵庫に入っていた残りを食べていたので、まあ、よし、としましょう。

豆腐クリームは寒天なども入れないから作るのが楽なのですが、もうちょっと工夫して豆腐のかおりプンプンではないクリームを作りたいものです。

今回、嬉しかったのは、ムスコがこのケーキを気に入ってくれたことはもちろんなのですが、一緒になって考えて、飾り付けのアドバイスをしてくれたこと。

みすず飴を切って、船体になる大きい三角と、帆になる小さい三角を組み合わせてムスコに見せたら、「したのさんかく、そこのところをきったほうが、おふねみたいにみえるよ」。

なーるーほーど♪
台形を反対にしたようなかたちのほうが、船っぽいねー。

ただの三角を組み合わせているだけなのに、子どもの想像力というか、見立ての力というのは素晴らしいですね。
ムスコが言ったとおりにしてケーキに飾ると、満足そうに「ほら、ヨットだね!」とニコニコ笑顔。

保育園で食べる時には、ムスコが一目置いて憧れているお友だちから「うわー、おおきいケーキだね! ゼリーがのってる!!」と言われたらしく、それをちょっと自慢げに教えてくれました。

以前はケーキがおいしいか、おいしくないかを教えてくれるだけだったのに、大きくなってくるにつれ、お誕生会のケーキをきっかけにお友だちとどんな関わり方をしたかとか、どんな「事件」があったかなどを話してくれるようになりました。
保育園でどのように時間を過ごし、どのようにお友だちと遊んでいるのかは見えないだけに、こうしてムスコの口からいろいろなエピソードが聞けると、とても嬉しいです。

たかがケーキ、されどケーキ。
ムスコの心の成長にとっては、とても、とても大切なものなんだな、と感じます。
そして、ムスコの心の成長を私が知るきっかけとしても、ね。

暑くたって手抜きせず、頑張って工夫して、おいしいケーキを作ってあげないとね♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |