2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.15 (Wed)

お友だちへのお菓子の詰め合わせ♪

日曜日、仲良しのお友だちが娘ちゃんと息子くんと一緒に遊びに来てくれました♪

娘ちゃんは、ムスコよりも1歳年上で小学1年生。
ふたりは仲良しさんで、かつ、アレルゲンも似ているので、私が手作りしたお菓子を食べてもらうことができます。

前に会った時、娘ちゃんはレーズンが好きって言ってたなぁ、ニコニコ食べてたもんね。
レーズンをたっぷり入れたから、バナナケーキも喜んでくれるといいな。

息子くんはお米を避けたほうがいいと聞いていたから、タピオカ粉を使ったほうがいいかな。
サクサク粉はまだ試してないかもしれないもんね。
でも、まだ1歳にならないから離乳食はまだかもしれないし、「見るだけ」かもしれないなー。

前回会った時のことを思い出し、みんなの笑顔を思い浮かべながらお菓子を作るのは、ほんとうに楽しいですね♡

120812_1306~01

左側のケーキは、くるみ入りクイックバナナブレッドのくるみをレーズンに置き換え、シナモンを抜きました。
かなり気温が高いし、腐敗防止もかねて、三温糖を10グラム増。
甘さが濃厚になると、さらにケーキ度がアップして、おいしいですよねー。

しっかりと冷ましてからカットし、小さな袋に個別包装。
ちょっとよそいきになるかな〜、と思って。

右側の上のほうの緑色のは、ほうれん草のタピオカ粉クッキー。
右側の下のほうの黄色のは、カボチャのタピオカ粉クッキー。
レシピは、タピオカ粉のサックリクッキーを使いました。

ほうれん草のタピオカ粉クッキーは、ほうれん草パウダーを使うのですが、レシピよりも三温糖を足さないと、ちょっとえぐみを感じます。
糖分を増やすと、抹茶っぽい味だな、と私は思っています(←そう感じなかったら、スミマセン)

サクサク粉でクッキーを作る方は、サクサク粉のぐるぐるクッキーを参照していただければと思います。

タピオカ粉とサクサク粉をミックスしてもよいようでしたら、タピオカ粉&サクサク粉の紫いもクッキーでしょうか。

タピオカ粉はキャッサバのでんぷんだし、サクサク粉はさごやしのでんぷんだし、両方とも同じように「でんぷん」なのですが、特性がかなり違うので、使い分けたり、ミックスするとおもしろいですよー。

ちなみに、タピオカ粉のクッキーが一番歯ごたえがありポリッというかカリッという感じで、タピオカ粉&サクサク粉だとサクッとして、サクサク粉のクッキーはさっくりと軟らかい歯触りです。

バナナのクイックブレッドとサクサク粉のクッキーは、私自身のお気に入りレシピBEST3♪
アレルギーのあるなしにかかわらず、お友だちにプレゼントする時には、このレシピを使うことが多いです。
アレルギーがない人にも喜んでもらえることが多いんですよー。

とっても嬉しいことに、ママも娘ちゃんもとっても気に入ってくれ、パクパク食べてくれました〜
娘ちゃんが「もっと、食べる!」
ママが「ん、んんっ! これ、おーいーし!」
ふたりの言葉で、もう私、幸せいっぱいでした♡

どうやら、かなりお腹がいっぱいになってしまった気配もありましたが、クイックバナナブレッドの主原料は米とバナナだから、お腹いっぱいになっちゃっても、ご飯代わり、ということで(笑い)

みんなで一緒に食べられるって、ほんとうに幸せなことですね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |