2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.08.29 (Wed)

我が家のベビーラッシュ

我が家は今、ベビーラッシュです。
誰の、って?
それは、虫たちの、なんです。

今年はアゲハの幼虫を育てていることは前にも記事に書きましたが、今朝も3匹のアゲハが飛んで行きました♪

120802_0832~02

幼虫のエサになるミカンの葉は、夫がおいしそうなところを選んでとってきて飼育箱に入れています。
軟らかい葉っぱだからなのか、幼虫たちはもりもり食べ、夫が「ええええー、もうないの!?」と目を丸くするほど。

夫が幼虫のためにとってきた葉っぱには、また卵がついていて、幼虫もいました。
夫のつぶやき。
「一体、いつまで世話をすればいいんだろう……」

おいしいエサをくれる親切な人がいて、天敵になる生き物もいないから、幼虫たちは自然界で見かけるよりも大きくなり、さらにもりもり(笑い)
夫は「またとってこなきゃ」と言いながら、アゲハのために暑い中、花切りばさみを持って出かけて行きます。

そんな我が家の状況を見た母。
びびりのムスコのために、近所のお兄ちゃんが養殖(?)しているヘラクレスオオカブトの幼虫とニジイロクワガタ、カブトムシのオスとメスをもらって来てくれました。

こちらがヘラクレスオオカブトの幼虫。

120727_1827~01

よくわからないと思いますが、この幼虫、すでに細めのフランクフルトくらいの太さです。
サナギになる前には150グラムくらいの重さになるらしい。
成虫になると、大人の手のひらの指先から手首くらいの大きさ。
うひゃ〜、想像するとぞわぞわするぅ(汗)

こっちがニジイロクワガタ。
コガネムシとか玉虫みたいにピカピカ光っています。

120727_1841~03

数日前、また実家の母から電話があり、隣りのお兄ちゃんがヘラクレスオオカブト(成虫)とエレファントなんとかという大きなクワガタを持ってきてくれたからと、虫たちが宅急便で届きました。

もう虫ばっかりでいらないので、保育園にあげちゃおうかと思ったらムスコに「あげちゃうの? でも、ボクほしんだけどなぁ」と言われ、断念。

この虫たちとの共同生活、いつまで続くんだろうなぁ……。
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと
 | HOME |