2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.08.17 (Fri)

食欲がない日のお昼ごはん

私はそもそも夏が苦手です。
というか、強い日差しが苦手です。
北国育ちのせいなのか、あまりに暑いと溶けそうな気がしてきます……。

そんなわけで、まだまだ暑さが続いていて、さすがにもう食欲がなくなってきました。
倒れちゃ困るからと必死に食べようとするのですが、食べられん……。
水もあんまり飲みたくないけど、ろくに食べず、水も飲まずだと、熱中症一直線ですよね。

あまりの私の食欲のなさをみかねた夫が昨夜、ナスとトマトとベーコンのパスタを作ってくれました。
おいしい、おいしい、おーいーしー♡
味付けがよかったのもあるけど、作ってもらって食べると、おいしさは倍増ですね♪

ナスは食べたいと思っていたけど、とにかく何か食べなきゃと思っても、自分で火を使って調理して食べる根性もなくなっていたのでしたよ……。

さすがに朝昼晩と夫に作ってもらうわけにもいかないので、「これだったら、食べられるかも!?」と思い、ひさしぶりにキュウリの漬物を作りました。

2年前の夏にご紹介した、醤油とりんご酢と甜菜糖と生姜と鷹の爪を入れて作る甘酸っぱい漬物なのですが、いやー、これなら食べられる!
キュウリは身体の中の余分な熱を冷ましてくれるし、漬物にして冷蔵庫で冷やしておくとナイス♡

そんなわけで、今日のお昼ごはんはこんなになりました。

120815_0810~01

小さめにおにぎりをにぎって、おいしい塩をたっぷりとまぶし、香りのいい海苔を巻いて。
シンプルだけど、最高の味ですね♪

おにぎりと漬物って、日本の最高の食文化だわ、と改めて感動したのでした。

あと、こちらは雑学です。
虫に興味のない方には、気持ち悪いだけかもしれないのですが……。

夏といえば、アゲハチョウ!
黒っぽい幼虫が脱皮して黄緑色の幼虫になり、それがさなぎになって、幼虫とはまったく違う形の蝶になりますよね。

我が家では今年、すでに6羽のアゲハチョウが飛び立っていき、今も5個のさなぎがあるのですが、幼虫が枝にくっついて動かなくなり、それがさなぎのかたちに変化し、さなぎの殻の背中をやぶって羽を持つ蝶になるのが不思議で仕方がありません。
さなぎの中で、一体どんなすごいことが起こってるんだろう??

調べていたら、昆虫の変態について書かれたサイトがありました。
それによると、「蛹の中で、幼虫だった組織はどろどろに溶けて分解し、分解された結果を材料として成虫の組織が再構成される」んだそうです。

それって、すごくないですか!?
幼虫は溶けてかたちがなくなった後、命がけで、あの美しい模様を持ったアゲハチョウになるんですよ!!

いやー、自然の神秘というべきでしょうかね。
命の営みというのは、ものすごい奇蹟の積み重ねなのですね。

そうやって考えていけば、私たちだって、小さな、小さな卵子と精子が出逢ったことで作られた命なわけで。
「私」という命が生まれる確率からしたら、父と母が誰になるかということも含め、地球上に流れて来た長い時間の中で、天文学的な数字の確立の中の「1」だったわけですよね。

家族を大事にして、そして自分のことも大事にして、みんなで大切な日常を積み重ねていきたいと改めて思いました。

食欲がないからキュウリの漬物、なんていう話から、かなり飛躍しちゃって、スミマセン。

今日も楽しい一日をお過ごしください♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理
 | HOME |