2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.06.29 (Fri)

小麦・卵・乳・大豆・ナッツ・バナナを使わないホットケーキで幸せな時間♡

ムスコの保育園のおやつにホットケーキを持って行くことになりました。

以前は、しょっちゅうホットケーキを作っていたのですが、最近ご無沙汰(汗)
上手に作れる自信がまったくないので、ホットケーキミックスをネットショップで注文しようかとも思ったほどでしたよぉ(涙)

でも、すごく前のことですが、「市販のホットケーキミックスにはかなりのベーキングパウダーが入っていて、子どもが摂取するには多過ぎる」というのを読んだり、聞いたりしたことがあり(←一時期、かなり話題になっていましたよね)、気になっていました。

私が使うベーキングパウダーはラムフォードのアルミニウムフリーのものですが、一般的なベーキングパウダーはみょうばん(アルミニウム)が入っているものが多いですよね。

アルミニウムを大量に摂取することによる人体への影響はないという研究者もいるようですが、私の個人的な考えですけれども、人体にはアルミニウムは構成元素として含まれていないし、不必要なもの、あるいは身体の中に入ってきてはいけないものなのではないかなぁ、と思うのですよ。

もしもアルミニウムが必要なものだったら、人類が生きてきた長い歴史の中で、きっと人体の構成元素のひとつとして入っていたはずですもん。
鉄・亜鉛・銅といった金属は体内にないといけないものですし、それ以外にもいろいろな金属が含まれています。
でも、アルミニウムはないんですよねー。

もし人体の構成元素がどういうものか、どういう金属が含まれるのかにご興味がある方は、このサイトをご覧になってください。
要点だけがまとめて書かれていますので、さっと目を通すことができます。

実際のところ、ホットケーキミックスの製造メーカーに膨張剤の量を確認したわけではないし、原材料に「ベーキングパウダー」ではなく「重曹」と書いてあればそれなりに安心ではないかとも思うのですけれども。

なにはともあれ、考えているうちにお取り寄せするのも面倒になったため、以前、とても気に入ってよく使っていた小麦・卵・乳製品・大豆・ナッツ・バナナを使わないふんわり米粉ホットケーキのレシピを使いました。

レシピの「リ・ブラン」は販売中止になってしまったので、「米の粉」を使いました(←水分を微調整しました)
すこし色味を濃くしたかったので、カボチャパウダーを2グラム入れました。
レシピで変えたのは、その2点です。

7/1追記:「リ・ブラン」のレシピは、「米の粉」に置き換え可能です。
しかし、米粉の特性が違いますので、「米の粉」に置き換える時には若干水分量を減らしてくださいね。
「米の粉」は「リ・ブラン」よりウイロウになりにくいのですが、それは「米の粉」が「リ・ブラン」よりも水分を吸収しにくいからなのではないかな、と思います。
ゆえに、水分量を「リ・ブラン」の時と同じにすると、生地がゆるすぎることがあります。

120627_0748~01
120627_0753~02

ひさしぶりに作ったら……う、うまい!(←かなり焼き過ぎだったけどねー)
ホワイトソルガムの風味もいいんですよ。

米粉だけだと、米粉の甘さやもちもち感、しっとり感が出てきますよね?
ところが、ちょっとしたホワイトソルガムのクセというのか、素朴な感じが出るので、それが逆に、小麦の全粒粉が入っているような風味になるのも楽しい♪

ホワイトソルガム、いいですね~
栄養価も高いし。

ムスコに持たせたホットケーキの残りは、私の3時のおやつになりました。
メープルシロップをたっぷりかけて食べると、うーーーーん幸せ♡

今度は、このホットケーキに超簡単バナナアイスクリームを乗せて、溶かした乳不使用チョコレートをかけて食べようと固く心に誓いました☆

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |