2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.06.20 (Wed)

米粉ミニスコーン(小麦・卵・乳・大豆・ショートニング不使用)

蕁麻疹が毎日のように出ているだけでなく、「おしっこだけだと思ったらウンチもでた~」と叫ぶくらい、胃腸の調子がよくなさそうなムスコ。

無謀とは思いつつも、2種類の米粉スコーン(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)からショートニングを抜いてみました。
別にショートニングが胃腸に悪いというわけではなく、気分的なものですが(笑い)

120618_0738~02


<材料(ミニスコーン13~15個分>
♡米の粉      100グラム
♡コーンスターチ   50グラム
♡甜菜糖       40グラム
♡ココナツパウダー  25グラム
♡重曹        小さじ1
♡クエン酸      小さじ半分
*重曹にするとショートブレッドのようなどっしりとした感じになり、ほろりとした食感にはなりません。ベーキングパウダーの場合には10グラムになります。
♡カボチャパウダー  3グラム
*色づけのためなので入れなくても味には関係ありません。

菜種油       40グラム
さつまいも裏ごし  40グラム

水          65~65グラムくらい
*さつまいもの水分量によって変化しますので、最初は少なめに入れてください。


乳不使用チョコレート  30グラムくらい
ドライフルーツ(お好み)30グラムくらい
*私はレーズンとくるみを15グラムずつ使いました。

<作り方>
1)チョコレートとドライフルーツを粗く刻んでおく。オーブンは180度に予熱しておく。
2)♡の粉類をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
3)2にさつまいもの裏ごしと菜種油と水を入れ、なめらかになるまで手のひらで混ぜ合わせる。生地が耳たぶくらいの固さで扱いやすくなったら、半分にわけ、片方にチョコ、もう片方にドライフルーツを入れて混ぜる。
5)クッキングシートの上で2.5センチくらいの厚さに伸ばし、直径3センチくらいの丸形で抜く。
6)天板の上に丸く抜いた生地をのせ、上面に茶こしで薄く米粉をふりかける。180度で13~15分ほど焼く。


このミニスコーンですが、見た目はガレットのように焼き上がります。
焼きたてはまわりだけサクッとして内側はやわらか。
焼いてから時間が経つと、ソフトクッキーのような食感になります。

保育園の先生にもおすそわけ♪
担任にミニスコーンを渡したら、「今回でおやつをいただいたの3回目なんですよ」と他の先生に自慢してた(笑い)

いつも「すごくおいしかったです! お店で売ってるのみたいですよね~」と喜んでくれていたのですが、持って行った回数を覚えていてくれるほど心に留めていてくれたなんて感動でした♡

今回のミニスコーンにはくるみをたくさん入れました。
というのも、夫が海外出張に行った時にくるみ割器を買って来てくれたからなんです。
木のおもちゃみたいですよねー。

120618_0734~01

ムスコがせっせ、せっせと割ってくれました。

120618_0758~01

割り方のコツを覚えたらしく、どんどん割るスピードがアップ。
子どもは「これ、おもしろい!」と思うと覚えるのが早いですねぇ。

家の中で飛び跳ねないとか、大きな声を出さないとか、何度注意しても、注意しても、覚えてくれないのにね(笑い)
記憶の回路が違うんでしょうかね~

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |