2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.05.04 (Fri)

カボチャのクリームサンドクッキーを持って、都会のオアシスへ♪

保育園では新年度に1回、主治医からのアレルゲンの除去指示書とともに血液検査の結果を提出することになっています。
そのため、ムスコの血液検査をしたのですが……。

まあ、そりゃあね、想像してましたけど、順調にIgEはアップしてました。
血液検査は目安だとはわかっていても、やっぱり上がると凹みますね(涙)

ムスコは春先からごしごしと目をこすり、目がはれぼったい。
蕁麻疹も出やすいし、咳も出るし……。
喘息がぶりかえしたのか、花粉症なのか、あれこれ考えて、頭の中がグルグルでした。

主治医曰く「花粉症かもね。再感作というよりも、これまでは完全除去していたものの負荷をはじめているから上がってもおかしくないし、年齢が大きくなると環境アレルゲンが上がってくるからね。これからも上がると思うけど、あまり気にしないで、現状を観察しつつ、ムスコくんにいい状態を心がけてね」。

やっぱり、そうなんですね(泣)
ダニ、スギ、ネコの毛(←かつてネコを飼っていて手放したから一応下がってた)が高数値をマークでしたけど、もっと上がっていくってことなんですねぇ。

そんな折、花粉症デビュー7・4歳 食生活も原因?というニュースが。

「子どもの“花粉症デビュー”は平均7・4歳」だそうで、調査に協力した医師たちの見解は「はっきりした要因は不明だが『高タンパク、高カロリーの食事をする子どもが増えている』『免疫力の低下』」が原因として推測されるとのことですで、「4~6歳の発症が最多の27・4%」だそうです。

うーむ、ムスコはまさに最多発症の年齢。
高タンパク、高カロリーの食事はしていないけれど、親の私がアレルギー体質だし、免疫機能が弱いんでしょうねぇ。
身体に優しい食事をして、免疫力アップをサポートしてあげたいな、と思います。

話は変わりますが、最近、ムスコを自然に触れ合わせるようにしています。
生田緑地に行った時の記事でも書きましたが、ムスコがハエや蚊でもビビるっていう状況もまずいし、ひまわりやアサガオの咲く季節も知らないっていうのも悲しいことだし。
せっかく四季が美しい国に住んでいるんだから、自然とともに洗練されてきた文化も知ってほしいな、と思いまして。

ということで、過日、行ったのが国立科学博物館附属自然観察園
JR「目黒」駅と地下鉄南北線「白金台」駅が最寄りで、子どもの足でも10分ほどです。

東京都心にありますが、自然状態の常緑広葉樹林が残っていて、うっそうとした感じの場所もあります。
側に大きな道路もありますが、自然観察園の敷地内に入ると自動車の音も騒音も聞こえず、風にそよぐ木々の音や鳥の声、散策する人たちの談笑などが聞こえ、心が癒されます。

ほんとうに自然しかないのですが(←遊具などはありません)、それゆえに、一枚一枚かたちの違う葉っぱの美しさに気づいたり、鳥が枝から枝に飛び移る「カサカサッ」という音聞こえたり、池の水面が小さく波立っているところにいるアメンボの姿が見えたり……。
普段はバタバタしていて見過ごしている、たくさんの命に触れられるような気がします。
まるで、日常生活とは隔絶した場所にある、「都会のオアシス」へと小さな旅に出るような感じがして、楽しいです♪

20ヘクタールの園内には水辺や散策路があるのですが、1080種の植物、2100種の昆虫、130種の鳥類が記録されているそうで、ここには、生態学を専門とする研究者が配属され、自然教育園内外で野外調査を中心とする研究活動が行われているそうです。
ちょうど私たちが行った時にも、観察員の方が植物を詳細に観察していました。

歴史を感じさせる看板ですね~
駅からも近いし、近所には遊具がある公園もあって(自然観察園の中には遊具などはありません)、子どもたちをお散歩がてら連れて行きやすいですよ。

120428_1528~01

自然観察園で見られる季節の花々は、お花屋さんなどで売っているような花ではなく山や野原に咲いているようなもの。
知らない名前、見たことないものもたくさんあります。

120428_1415~02

ムスコには虫にも花にも関心を持ってほしいので、虫眼鏡を買って渡しました。
虫眼鏡は気に入ったらしく、目にくっつけてみていました(←眼鏡じゃない!っつーのに。笑い)
未来のファーブルになってくれるといいな、なんてね。

120428_1400~02

ベビーカーを押した若いパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで幅広い年齢層の方々が訪れています。
自然観察園の敷地内にはたくさんのベンチがあり、そこで横になって空を眺めている人も。
みなさん、思い思いに自然を楽しんでいました。

いいなー、と思ったのは、靴を脱いで上がれるあずまや。
さっそくムスコはあずまやに座り、「きがきれいだねー、きれいだから、ここでおやつ、たべちゃダメ?」
あずまやは赤ちゃんのおむつかえにもいいですし、ちょっとお休みするのにも良さそうです♪

ムスコのおやつには、カボチャのクリームサンドクッキーを持って行きました。

120429_0917~02

サクサク粉100パーセントの生地で作ったので、さくっとした優しい食感。
中に挟んだクリームはマシュマロを溶かしたものです。

クッキー生地はサクサク粉のぐるぐるクッキーのカボチャパウダーのレシピを使いました。

上にポツポツとフォークで穴を開けてから焼きました。
これは火のとおりがよくなっておいしくなりますよう、っていうおまじないみたいなものです(←めんどうな時には省略しています。笑い)
効果としては、フォークで穴を開けておいたほうが生地が膨らまなくていいかなー、くらいなんですけどね。

マシュマロをサンドするには、焼き上がったクッキーの上に適当な大きさにちぎったマシュマロを乗せ、オーブンに天板ごと戻してオーブンに残った熱で溶かしてはさみます。

このカボチャのクリームサンドクッキーはムスコも私も大のお気に入り♡
おでかけ先でちょっと食べるのに便利ですし、おいしいです♡

明日は、同じレシピでほうれん草パウダー版のクリームサンドクッキーを持って、電車散歩に行く予定です。
おにぎりとクッキーと水が入った水筒があれば、ごきげんなムスコです♪

お互いに、ゴールデンウイークはのんびり、笑顔で楽しみましょうね!

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行
 | HOME |