2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.05.02 (Wed)

かぼちゃとデーツの米粉マフィン(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

ゴールデンウイーク、まっただなか♪
みなさん、いかがお過ごしですか?

私はカレンダーどおりに仕事なので、今日も仕事に行って、明日から連休です。
あー、待ち遠しい!

旅行などに出かける予定はないので、近場でお散歩三昧になる予定です♪

さてさて、カボチャを買ってきました。
ものすごく水っぽくて、ぽくぽくしたかぼちゃの煮物が好きな我が家では、そのままではちょっと、という感じでした。
そもそも、季節外れのカボチャなので、当然といえば、当然なのですが……。

ともかく、裏ごしして冷凍にしておけば便利だからと思い、裏ごししたんですよ。
そうしたら、水分が分離(?)しているんじゃないか!?と思うくらいの水っぽさでビックリ!

水が多いとはいっても、カボチャの風味はあるし、栄養もあるので、ムスコに持たせるおやつにしました。
冷凍したらシャーベットになっちゃいそうだったんですもん(笑い)

保育園のおやつはホットケーキ。
卵のような黄色でふんわりしたケーキが私の頭の中にははっきりと浮かんでいたんですよ。

でもね、できたら、こんな、厚焼き卵みたい感じになっちゃったんです(涙)

120501_0849~01

カボチャがたーっぷり入っているからなんでしょうねぇ。
ふわっと膨らまないから、上がもりもりっと盛り上がらなくて、膨らみが足りなかったような印象。
しかも、卵黄の色っぽかった~

ムスコにも「あれ~、ホットケーキっていってなかった? たまごやきのいろなんですけどー」と鋭い指摘をされてしまいました(汗)

食感もふんわりではなく、しっとりやわらかな感じ。
ウイロウになるギリギリくらいの(笑い)

ホットケーキの代替ではなく、むしろ、卵焼きの代替って言ったほうがよかったんじゃないか!?
ほんと、そう思いましたよー

しかし、生地には甜菜糖を入れ、デーツを刻んで加えたので、甘さもあります。
味はなかなか良かったです。

試食したムスコからは「あまかった~、またつくってね」と大好評でした。
ムスコは「甘い=おいしい」ですから。

マフィンではなく、厚焼き卵もどきみたいになっちゃいましたが、「おいしい」と言われたので、結果オーライということで(笑い)

カボチャやサツマイモなどを生地に入れると油脂分を減らせるし、甘さの奥行も出るし、軟らかくなり、いい事ずくめなのでよく活用していますが、自然のものなだけに、水分量や身質の違いでケーキの焼き上がりも左右されます。
食材というのは、同じものはひとつとしてないんだな、と感じます。
人との出会いのように、いわば、一期一会なのですね。

ひとくちに「カボチャ」と言っても、その品種や育つ場所、育つ時期、育てる人によって、まったく違ったものになりますよね。
食べ物というのは、自然の中ではくぐまれた時間や人の愛情が凝縮した、尊いものですね。

私たちは自然の命をいただき、その命で生かされていますよね。
日本の恵まれた食材があるからこそ、ムスコは元気いっぱいに育ってくれているのだと感じます。

食材を無駄にせず、おいしくいただきたいと改めて思った朝でした。


<材料(小さめのマフィン5個分)>

♡米の粉         90グラム
♡コーンスターチ      20グラム
♡甜菜糖         20~30グラム
♡重曹          小さじ半分
♡クエン酸        小さじ3分の1
*重曹とクエン酸はベーキングパウダー6グラムに置き換えられます。
♡塩            ひとつまみ
*カボチャの甘さを挽き立て、味を引き締めるためです。塩味は感じません。

カボチャ裏ごし         60グラム

☆ココナツミルク        60グラムくらい
*カボチャの水分によって調整してください。水分が足りない時には水を足してください。大量にココナツミルクを使うと油っぽくてくどい感じになります。
☆菜種油          20グラム

デーツ            適宜

<作り方>
1)型に分量外の油を塗り、オーブンを170度に予熱しておく。デーツの種をとって粗く刻む。
2)♡の粉類をビニール袋に入れてシャカシャカ振って混ぜ合わせ、ボウルに入れる。
3)2にカボチャの裏ごしと☆の材料を入れて、木へらでよく混ぜ合わせる。泡立て器で混ぜるとワイヤーの間に入って流れ落ちてこないくらいの状態になるので。
*木へらを軽く振るとぽってり落ちるくらいです。
4)3にデーツを入れて軽く混ぜ合わせる。
5)1の容器に生地を流し込み、170度に予熱しておいたオーブンに入れて20分ほど焼く。
*生地を作ったらすぐに焼いてください。作ってすぐに焼いたほうが膨らみがいいです。串をさして生地がついてこなければ焼き上がっています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |