2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.04.20 (Fri)

豆乳カッテージチーズ&メープル on 米粉食パントースト

今朝の朝ご飯。
米粉食パンにメープルシロップと豆乳カッテージチーズを乗せたトーストです♪
とてもおいしかったです♡

120420_0729~02

さてさて、このところ、ムスコに負荷をしているからなのか、ムスコが私にいろいろと質問してくるようになりました。

昨夜の会話はこんなでした。

ムスコ「ボクはぎゅうにゅう、のめないでしょ? どうしてぎゅうにゅうからつくるのに、チーズはたべられるの?」

私「牛乳から脂肪分と水分を分離させて、それを発酵させて作るの。そうすると、牛乳に含まれるたんぱく質のかたちが変わるから食べられるんじゃないかなー」(←これで正しい説明になっているのか不安ですけど。汗)

ムスコ「ブンリって? ハッコウってなに?」

私「分離っていうのはね……えーと、水と油が混ざらなくてわかれちゃっているようなこと。発酵っていうのは、微生物っていうちっちゃな目に見えない生き物が一生懸命お仕事して、食べ物をおいしくしてくれること。腐るのとは違うよ」(←この説明、大丈夫かな。汗)

ムスコ「ふーん。ブンリとハッコウのじっけん、してみたい!」

ムスコの好奇心が高まっているのは嬉しいことです。
特に、食べ物についてしっかりと自分なりに納得いくまで考えようとする姿勢は頼もしい限り。

せっかく芽生えた「やる気」を、ここで「なに言ってんの、そんな面倒なことしないよ」とにぎりつぶしてしまうのは、もったいないよね。
よっしゃー、やってみるか♪

とはいえ、さすがに牛乳をチーズにする実験はできないなぁ。
我が家にはチーズを熟成させるような場所もないしね。

そこで、昨夜は、触っても怖くない豆乳を使って、水分を分離させる実験をする約束をして寝ました。

今朝起きてから、私が揃えた材料は、無調整豆乳200ミリリットルとレモン1個。
1個からしぼれたレモン汁は大さじ1と半くらいでした。

120418_0756~02

大豆に含まれるたんぱく質が酸性のものに触れれば凝固するだろうから、リンゴ酢でもいいかと思ったんですけど、冷蔵庫にレモンがあったので。
それに私、レモンの香りが好きだし。

私が手に持っていた材料を見たムスコ、「いま、やるの? やるやるやる~、じっけんするぅ」とのりのり。

おいおい、これから保育園に行かなきゃいけないし、お母さん、仕事があるんだけど(汗)

とはいえ、ムスコのこの好奇心から、いつか科学の芽が育つかもしれないよねー。
保育園に行く前だっていうのに、ムスコの「やる気オーラ」にひきずられ、実験をすることになってしまいました。

さっきまで眠そうな顔をしていたのに、おめめパッチリ。
ワクワク感で、眠気は吹き飛んだようです。

まずはレモンを切らせて、果汁をしぼらせる作業から。
全部自分でやらせることにしました。

「きるときは、ネコのて、だよねー」と覚えていてくれたのはいいですが、丸いレモンにグーの手をのせるのは、怖いですから~~~(汗)
ひやひやしながら丸いもののにぎり方を教え、夫がといでくれたばかりですぱすぱ切れる包丁でレモンを切ってもらいました。
見ているほうが疲れますねぇ、はあ。

しぼったレモン果汁に入った種をとるのですが、ものすごく集中しながらスプーンですくいとっていました。
次に、小さな鍋にこぼさないように豆乳を入れて火にかけ、ぐらぐらと煮立たつ寸前まで温めたところに、一気にレモン果汁を入れて木へらでグルグル。
火から下ろしてからしばらく置いて、ザルにペーパータオルを置いてこしました。

この作業をしている間、ムスコは「こんなにレモンをいれたらスッパイんですけどー」とか、分離してきたのを見て「きたなくなってきたんですけどー」とか、あれこれアナウンスしながら楽しげにやっていました。

できたものはこんな感じ。

120418_0810~01

四角いチーズになると思い込んでやっていたムスコには衝撃的だったようですが、「カッテージチーズっていう、こういう熟成させないチーズもあるんだよ」と説明すると納得していました。

いざ、味見をしてみると「すっぱい!」
豆乳200ミリリットルにレモン1個(大さじ1杯半)では多すぎたらしいです(汗)

けれども、味わいとしては、ほんとうにカッテージチーズっぽい。

ということで、作った翌日、ムスコと一緒に、トーストした米粉食パンにメープルシロップと豆乳カッテージチーズをたっぷりと乗せて朝ご飯に食べました。
そのままで食べるにはすっぱかったけど、レモンのほわんとたちのぼる香りと酸味はメープルシロップとベストマッチでした♪

子どもが、わからないことはお父さんかお母さんに聞いたら何でも知ってる、と思ってくれている間は短いですよね。
小学生くらいになったら、きっと、ムスコが知っていることは格段に増えていくでしょうし、親にベタベタすることもなくなるでしょうし。

ムスコが私を頼りにしてくれている間、私もムスコをありったけの愛情で接していけたらいいな、と思っています。
ムスコが「もう、やめてよー」っていうくらいまで、べたべたしちゃおーっと♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン
 | HOME |