2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.04.04 (Wed)

ムスコと私のとある一日

昨日はひどい暴風雨でしたね。
みなさん、お怪我などはなかったでしょうか。

さて、時々、「えららんさんの一日って、どんな感じなんですか?」と聞いていただくことがあります。
私がホメオパシーの勉強をしたり、お料理教室をしたりしているので、「あれこれ、いつやっているんだろう?」と不思議だとのこと。

たぶん、早寝早起きなだけで、アレっ子ママのみなさんとほとんど変わらない生活だと思うのですが……。

複数の方から質問をいただいていたので、わざわざ記事に書くようなスゴイことは何もないのですが、記事にしてみますね。

最初にお伝えしておくと、私は今、ムスコのお弁当として持参しているのは、ほぼ、パンとおやつのみです。

以前のように、給食のメニューすべてを作って持参しているわけではないので、その分の時間の余裕があります。
以前は平日のお弁当制作にかけていた2~3時間前後と、週末の下ごしらえや試作に使っていた半日は、今では私の自由に使える時間になりました♪

また、ムスコのアトピーが大きくなるにしたがいコントロールできるようになったので、毎日、掃除をしなくて過敏に反応しなくなっています(←ずぼらになり、掃除は週末だけです。毎日が理想ですけど。汗)

思い返してみれば、ムスコが保育園の乳児クラスの時には、夜は痒くて眠れないムスコを抱っこして夜明け近くまで子守唄を歌う毎日で、ふらふら・へろへろ。
いつ倒れてもおかしくないと思いながら、とにかく時間が足りなくて、ご飯を食べる時間も惜しくて朝晩ともに前夜に作ったおにぎりだけを食べて時間節約(←めちゃめちゃ不健康。汗)

ムスコが年少クラスになった時は、給食は全部持参。
「自分だけ違う」という気持ちをできるだけ緩和してあげたいと思い、こまごまとしょっちゅう買い物に行って頑張ってコピーしていたし、週末は食材の下ごしらえと試作に明け暮れていました。

買い物にいっても、キャベツ1枚とか、いちご2個なんて買えないですよねぇ。
結局、たくさん買うことになり、冷蔵庫にはいつも食材が溢れんばかりに入っていたのに、コピーのためにほんのちょっとの食材が欲しくて買い足してました。
ほんっとうに、ものすごい時間と労力とお金がかかってたなぁ(涙)

年中クラスになって、食物アレルギーっ子を育てる親にまったく理解がなかった看護士が辞め、園長が変わってから、劇的に楽になりました!

もともと栄養士さんは私の大変さをよくわかってくださっていたので、保育園の風通しが良くなったのか、ムスコがみんなとできるだけ一緒に食べられるようにと考えてくれるようになりました♪

「除去が区の指導ですから。息子さんの安全をまず第一に」(by前園長)ということで、息子のお弁当以外の選択肢を与えようとしてはくれませんでした。

冷凍したパンの持参は「家庭の雑菌で食中毒になると困るので」(By元看護師)という強硬な意見の持ち主。
朝作ったものしか受け入れてもらえませんでした。

家庭から持参したものは保育園で再加熱が必須で、朝焼いたばかりのパンですら「殺菌のため」とか言って、レンジでがんがん温められ、わざとまずくしているようなことまでされ、ほんとうに悲しかったです。

ところが、鉄壁の2人(笑い)がいなくなったら、栄養士さんがいろいろと配慮してくれて、フォーやビーフンを使ってくれるようになり、現在では、パンとおやつだけを持っていいようにしてくれました。
ほんとうに、心から感謝しています!!

さて、前置きが長くなりました。
私のある一日のスケジュールを書いてみますね。

これは、とてもスムーズにいった日です。
もちろん、まったく勉強もできず、くずぐず&だらだれで、「いいかげんにしなさい!」な日も多々あります(笑い)


4:30 起床
4:30~5:00 みなさんのブログを拝見して元気をいただく & ネットニュース
5:00~6:30 ホメオパシーの勉強 / 洗濯機をまわす
6:30 ムスコのお弁当づくり / ムスコが起床して朝食を食べ終わるまでちょこちょこと
7:15 ムスコ起床
7:15~7:30 空手の練習 / ムスコがやっているのを応援しつつ、洗濯物を干したり、洗い物
7:30 朝ごはん
7:45 保育園に行く準備
8:00 ムスコと遊ぶ / 洗濯物をたたんだり、あれこれ家事をしつつ
8:30 家を出る → あっちこっち寄り道したり遊びながら保育園へ
8:50 保育園に預ける
9:00~10:00 私は保育園から会社までウオーキング(約5キロ) / 考え事に最適な時間♪
10:00~17:30 会社 / お昼休みはお弁当を食べつつ勉強。時には食材の買い物も
17:30~18:30 会社から保育園までウオーキング
18:45 帰宅 → 家に入った途端、夕飯の準備で戦争状態(笑い)
19:20 夕食 / 食べ終わったら、ムスコが食べ終わるまで台所の片付け
20:00 お風呂
20:30 ムスコと遊ぶ
21:30 就寝 / ムスコと一緒に熟睡


ムスコと私の一日はだいたい、こんな感じです。
みなさんのブログには必ず毎日お邪魔しているのに、なかなかコメントを残せずすみません!!!

もしかしたら、このスケジュールを見て、「買い物をどうしてるの?」「テレビは?」とお思いになる方がおられるでしょうか。

まずは買い物ですが、私はコピー弁当を作らなくてもよくなってからは、夕ごはんに使いやすい食材があればいいので、宅配にしています。
いつでも思いついた時に注文できますし、わざわざお店に行って食材の産地や原材料のチェックやレジなど、なんだかんだで1時間くらいあっという間なので。

10日に1回くらい宅配をお願いし、あとは、必要に応じてちょこっと買い足す感じです。
保育園のお迎え後にムスコを一緒に連れて行くとあっちこっちで「これ、ほしい!」「これ、たべられる?」が始まってしまうので、週末のレジャーの一環としてしか連れて行きません(笑い)

テレビですが、私はあまりテレビを見ません。
テレビは一旦、見始めてしまうと他のことができなくなるし、自分のペースが狂うので。

実は私、子どもの頃から大学時代まで狂ったようにテレビ&ビデオ&映画館の生活で、一生分観たかも?な感じです(笑い)
大好きだったアニメは、ほぼすべての台詞を記憶するくらいになるまで見ていました。
ほんっと、無駄に記憶力を使っていて、まったく勉強はしませんでした(汗)

今でも、もちろん見たいと思う番組もあるのですが、私が見たい番組は録画しておき、早朝に見ることにしています。
そうすれば、ムスコに邪魔されることもなくゆっくり見られますし、ムスコの生活のリズムも崩さずにすみますから。

ムスコはそれなりにテレビが好きですが、見なくても平気のようです。
ジャンルとしては、電車の番組はもちろんなのですが、手品とかネイチャー系のものが大好き。
韓国ドラマでも、歌舞伎でも何でも、音が出ていて動いてあれば何でも見ます(←猫みたいです。笑い)

私がムスコにいつも言っていることがあります。
「テレビを見てもいいけど、その分、おかあさんと一緒に遊ぶ時間が減るからね。テレビを見ても、遊んでも、どっちでも好きなほうでいいから、自分で考えてね」。

するとムスコはムスコなりに、「これは、みる!」とか、「もう、おしまいにして、あそぶ」とか、自分の行動を自ら考えて選択するようになりました。

以前は「もう、見るのやめなさい!」と私がいきなりリモコンで消したりしていたのですが、そうすると「みたかったのに~」としつこく文句を言っていて、うるさかったんですよねぇ(汗)

ムスコに自分でテレビを見るかどうかを決めさせるようにしたら、だらだらと見続けることはなくなったような気がします。
それに、どうしても見たい番組の時には「おとうさん、ろくがしておいてね~」とお願いすることも覚えましたし(笑い)

今になって考えてみると、それはムスコに気持ちを無視して、私が親の権限で行動を押し付けていたから、それに対する「やめて!」という反発だったんでしょうね。
ムスコに悪いことをしていたな、と反省しました。

最近のムスコのブーム、牛乳パック(というかジュースパック)で作った電車です。

120328_0758~01

私が牛乳パックのまわりに白い紙を貼付けたのを渡すと、ムスコが折り紙を切って電車のライトやら窓をつけます。
ものすごく真剣に作っていて、作り終わると激しく自慢してくれるので、おもしろいです~

ちなみに、左側が常磐線で、右側が山手線。
ムスコは運転手さんになりきっています(笑い)

そもそも私は、怠け者でネガティブシンキング。
何かを新たに始めようと思っても「あー、面倒くさい」(←これ、口癖です。恥)とか、「私には無理」と否定的な結論を自分で勝手に想定してしまいます。

けれども、ものは考えよう。
まだやってもいないのに、結果はどうなるかなんてわかりませんよね。

やってみたらできるからもしれないし、できないかもしれない。
「やりたい」と思う理由も、「やらない」と思う理由も、それぞれ考えてみれば、同じくらいたくさんありますよね。

「やる」も「やらない」も決めるのは自分の心次第なんじゃないなと私は思っています。

もしも、「やりたい」と思うことがあるとしたら、「できない」という結論を出すのは、やってみてからでもいいんじゃないかなー。
やってみたいことがあったら、まずやってみて、そこでできなかったら、その時に、どうしようかと考えてみてもいいんじゃないか、と考えるようになりました。

最初からやめるかどうかを決めなくたって、途中で面倒で続けるのがつらなくなったら、やめちゃったっていいんですもん(笑い)
あとで「あーあ、やりたかったのになぁ」と後悔するよりも、まず、やってみることが大事なんじゃないかなー、と今は思います。

そんなわけで、とりあえず始めてみたホメオパシーの勉強でしたが、勉強すれば勉強するほど興味深いです。
私は「活字中毒」なので、歩きながらでも本を読みたいくらい(笑い)
どんなに大量であっても資料や参考文献を読むのは楽しいですが、それをレポートにまとめるのがつらい……(泣)

そして、勉強をするようになって良かったことが!
私の気持ちのメリハリがつくようになったこと。

以前は、ムスコと遊ぶ時、「あー、やらなきゃならないこと、いっぱいあるのに! ひとりで遊んでくれればいいのに!」と不満な気持ちをかかえていました。
でも今は、「ムスコが起きてくるまでが勉強の時間」「今はムスコと遊ぶ時間」と気持ちの切り替えをすることができるようになりました。

そのためか、ムスコのことをよく観察するようになり(笑い)、ムスコがどういうことに興味を持って、どういう考え方をし、どういう行動をするのかというのがわかるようになってきた気がします。
私がせかせか、いらいらしていたせいで、見えなかったことがたくさんあるんだな~、と思います。

食物アレルギーが判明した時だって、「これからどうすりゃいいの?」と眼の前が真っ暗でした。
不安と不満と「どうして私だけがこんなに大変な思いをしなければならないの」という被害妄想が大きくなり、とても苦しかったです。

でも、やってみれば、「除去食ってヘルシーだし、おいしいよね♪」と実感できるようになり、今ではノンアレの食事よりも除去食のほうが好きかも!?(笑い)

何でも「やってみなけりゃわからない」ってことですよねー。

新年度がスタートしましたし、何か新しいことをスタートするのにいいタイミングかもしれませんね♪

春風に吹かれながらのウオーキングも楽しいですよ~
私はひどい花粉症だからくしゃみをし、鼻をかみながら歩いてるけど(笑い)

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと
 | HOME |