2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.03.26 (Mon)

週末はパン・デー

いつも書いていて恐縮ですが、私は米粉食パンが大好きです♡
ムスコもパンが大好きで、毎日食べても飽きないらしく、「あさごはん? パンにする~。はちみつかけて、はちパンにするぅ♪」などとニコニコと答えてくれます。

ムスコが年少クラスだった時の看護士がいなくなり、保育園は冷凍パンでも受け入れて焼いてくれるようになりました(←家庭のものは雑菌が繁殖するという理由で朝の焼きたてパンしか受け入れてもらえませんでした。涙)。

しかし今は、冷凍パンも加熱していただけるし、とても理解のある栄養士さんにたくさんのご配慮をいただき除去食も出していただけるようになったので、基本的に週末にパンを焼き、スライスして1枚ずつラップに包み、密封袋に入れて冷凍しています。

冷凍したパンはレンジでチンして解凍するのではなく、少し低めの温度で解凍しつつ焼き上げると、外側がカリッ、内側がもちっとして、非常においしいトーストになります♪

さて、以前から、我が家では週末の一日をパンにすることがありました。
それは私がいつも会社にお弁当持参で行っていて、炊いたごはんばかりだと飽きるから。
でも、米は米なんですけどねー(笑い)

米粉食パンを2斤焼き、1斤をお弁当用の冷凍にし、1斤をお昼ごはん用。
ジャムを何種類も出して、「好きなジャムをつけて食べてね~」と言い、ソーセージやブロッコリー、トマトなどのおかずも出していました。

ところが、ところが、これをしていると、ムスコはパンの上に山になるほどジャムをつけてしまい(←糖分取り過ぎですぅ~)、ソーセージばかりおかわりし、野菜はほんのちょっぴりしか食べてくれません(涙)

ムスコはトマト以外の生野菜が苦手なので温野菜にしていたのですが、野菜は加熱した時と生では風味も食感も違いますし、生の野菜には酵素もありますし、微量栄養素も壊れにくいですよね。
冬にトマトやレタス、キュウリといった夏野菜を生でたくさん食べるのは身体を冷やして良くないですが、でも、適度に生野菜を食べるのはいいですよね~。

少しずつでも生野菜に慣れてもらいたい!
そんなわけで、最近、パン1斤を薄くサンドイッチ用にスライスし、野菜をメインに並べ、ムスコが大好きなマヨドレを出し、自分で好きなものを乗せてサンドイッチを自分で作って食べてもらうスタイルに変えました。

120324_1306~03

私のお気に入りは、レタス、キュウリ、コーン、ツナにマヨドレ。
ここに生ハムやチーズなどが入っても、もちろんおいしいです♪
トマトもおいしいんですが、種の部分きちんと取り除いておかないと、パンが水っぽくなってしまいます。

ずらりとテーブルにパンと具材を並べてみると……ムスコ、食べる、食べる!
「じゃあ、ボクはパンにとうもろこしとおさかな、のせよ~っと♪ きゅうりものせてみようかな。えほんにあったね!」

決して食べなかったキュウリにもマヨドレをたっぷり乗せて、「うーん、おいしい♡ キュウリのあじ、ぜんぜんしないね」とニコニコ。
たしかに、保育園のキュウリって、離乳食も同時に作っている関係で、加熱してあるから、青臭いんだよね~(汗)

ムスコが言っている絵本というのは、小さい頃からお気に入りだったサンドイッチ サンドイッチ
とにかく絵が、ものすごくおいしそうなんです!
これを読んでいると、いつもサンドイッチが食べたくなります(笑い)

120325_1124~01

この絵本の中のサンドイッチの具材は卵やハムなどムスコが食べられないものもたくさんあります。
とはいえ、そういう絵を見ていても「食べられなくて悲しいな」という気持ちはわかないようです。
「食べられなくて可哀想」というのは親の心の問題で、子どもは子どもなりに解決策を見いだしているのかもしれないですね。

ムスコは絵本で見たたサンドイッチのイメージを自分なりに膨らませ、「自分で作って食べる」ということがとても楽しいようです。
それに、生野菜を食べるからと、私もマヨドレかけすぎ禁止令を出したりしませんから、たっぷりかけられますし(笑い)

子どもはたとえ嫌いなものであっても、自分で調理したり(←ムスコに缶を開けたり、レタスをちぎったりと、お手伝いをしてもらいます)、自分で作って食べるのは、とにかく楽しいようで、もりもり食べてくれます。
目を輝かせて食べてくれるのは、ほんとうに嬉しいですよね♪

夜、寝る前にムスコに聞いてみました。
「今日、一番楽しかったことは何?」
「みんなでサンドイッチをたべたこと! ボクはおかいものでレタスもキュウリもかったし、つくったし、たべたし、おもしろかった!」

私がムスコに伝えてあげられることは、食べることは楽しいという気持ちかな、と思っています。
楽しく食べることは、自分の心を見つめることであり、一緒に食べている家族も考えることにつながりますよね。

そして、自分の眼の前にある食べ物がどうやって食卓に並んだのかを考え、それをありがたくいただくことで、自分の身体の栄養となってくれるということ、食べ物の命をいただいて自分の命がつながっていることを心身で感じてほしいな、と思います。
こういう感謝の気持ちというのは、言葉で教え込むことではなく、子どもの心や身体が自然に感じ取っていくものだと思うので。

週末に子どもたちにお手伝いしてもらいながらのサンドイッチ・パーティ、いかがですか?
米粉食パンのレシピで焼いたパンは、サンドイッチにしても、とってもおいしいですよ♪


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン
 | HOME |