2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.04.02 (Mon)

ココナツ&杏仁ケーキのラズベリージャム米粉ケーキ(小麦・乳・卵不使用)

お料理教室への参加申込、ありがとうございました!
定員を超えましたので、締め切らせていただきました。
ありがとうございます♪

今回はココナツ&杏仁ケーキのラズベリージャム米粉ケーキと、食品における放射性物質の新基準について書いています。
ご興味のある記事へスクロールをお願いします。

***************************************

4月1日から食品の放射性物質による汚染食品の新基準値が導入されましたね。

3月1日から31日までの間でも食品セシウム 100ベクレル超 10都県57品目で、一般食品で373件にものぼったそうです。
50~100ベクレルの間のものはさらに多いということで、どのように対処していくのか気になるところです。

しばらく前に、新基準値導入にあたって厚生労働省が発表した食品衛生法上の新基準値(案)には、新基準値とともに経過措置という特例について書かれています。
これまでの基準で製造され、すでに流通しているものに関しては、それを回収するわけではないですし、少なくとも今年いっぱいくらいは新旧の基準値で製造された製品が混在していくのでしょうね。

原発事故にともなう日本産農林水産物・食品への安全性検査等規制の動向を見ると、世界各国が日本国内で流通しているよりも格段に厳しい基準を課し、日本の食品汚染をどれほど危惧しているかがわかります。
東日本の食材だけでなく、2011年3月11日以降に収穫・製造された日本産のすべての食品への放射能検査を義務づけている国もあります。

上記の日本国内の新基準を補足するようにアップされた、厚生労働省の食品中の放射性物質の 新たな基準値についてという参考資料があります。
規制対象核種は、セシウム134.137、ストロンチウム90、プルトニウム、ルテニウム106であるとかいてあるのですが、物理的半減期の記載がやけに短い。

驚いたのが、プルトニウムが「14年~」と書かれていること。
たしかにプルトニウムの同位体は複数あり、プルトニウム241は半減期14年です。
でも、原発から放出されたのはプルトニウムの大半はプルトニウム239。
半減期は2万4000年と物理の本で読んだことがありますけど?

この資料では、プルトニウム239の半減期が14年と書いているわけじゃないからウソではないけれど、プルトニウムを「14年~」と書くことで半減期が短いように感じます。
こういう情報の出し方はフェアではないですよね。
政府のフェアじゃない姿勢は、日本国内のみならず、国際社会にもよーく見えているのでしょうね。

さらに、「夏の電力不足に向けて、各地の原発の再稼働を」とか「原発を動かさないと電気代が上がるよ」とか、いろいろなプレッシャーがかかりはじめていますね……。

原発事故が収束したとはとても言えない状況で、放射性物質による汚染で多大なる被害を受けている生産者の方々の苦悩も続いていて、環境汚染の面でも、食の安全の面でも問題が山積みなのに、なぜ原発再稼働ばかりに目を向けているんでしょうかね……とても悲しいです。

ご覧になった方も多いのではないかと思いますが、とてもわかりやすく要点がまとまっていて、かつ衝撃的だった動画のリンクを貼っておきます。
テレビ朝日「モーニングバード!」の「そもそも総研」というコーナーで放映されたものです。
小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は"おしまい"です

************************************

120323_0617~02

大きなビンに入ったラズベリージャムを買いました。
私はラズベリージャムが大好きなのですが、夫とムスコはあまり好きではない様子。

私はイギリスにいた時、「トーストにバターをたっぷり塗って、そこにラズベリージャムか、マーマレードをたっぷり塗ると、とってもおいしいのよ♡」と教えてもらいました。
教えてくださった英国女性は、大さじ山盛り1杯くらいのバターに、ジャムを山盛り2杯くらい塗るのがおいしさのルールと言っていたので、現地にいる時にはそのルールのとおりに食べていて、どんどん服が着られなくなりました(汗)

あ、今は冷蔵庫にバターを買い置きする習慣がないので、ジャムだけ入っています。
でも、バターの塩気と甘酸っぱいジャムがたまらなくおいしいので、もし乳の負荷などでバターが冷蔵庫に入っている時には、ぜひ、バター&マーマレード、バター&ラズベリージャムをお試しくださいね♪

いくら冷蔵庫に入れているとはいえ、ずーっとジャムを開けたままで悪くしちゃうのももったいないので、上の写真のようなケーキにしちゃいました。

ケーキには「杏仁霜」を入れたので杏仁風味なのですが、杏仁にはラズベリーの甘酸っぱさがとてもよく合います。
そして、ココナツも♪
やっぱり、ラズベリージャムって、パンにつけても、ケーキにしても、ブラボーです!

ちなみに、私が買っているのはクオカ「杏仁霜」です。
コンタミの可能性があり、でん粉が何に由来するものなのかは確認していないので、ご興味のある方は原材料の詳細をお問い合わせなさってみてくださいね。


<材料(18センチの丸形1個分)>
♡米の粉         165グラム
♡コーンスターチ     100グラム
♡三温糖         110グラム
♡杏仁霜         20グラム
*製品によっては「乳」が入っていることがありますので、原材料をよく確認してください。
♡ベーキングパウダー   15グラム

☆無調整豆乳          150グラムくらい
*豆乳の濃度によって量が変わりますので、ぽってりするくらいまで入れてくださいね。
☆菜種油            90グラム

ココナツパウダー         40グラム
リンゴ酢             10グラム

ラズベリージャム        たっぷり
*「ええええー」と自分にツッコミを入れたくなるくらいたっぷりのほうがおいしいです(笑い)

<作り方>
1)型に分量外の油を塗り、オーブンを170度に予熱しておく。
2)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
3)2に☆の材料とココナツパウダーを入れてよく混ぜ合わせる。混ざったらリンゴ酢を入れて混ぜる。
*ぽってりするくらいの固さになります。
4)1の容器に生地を流し込み、170度に予熱しておいたオーブンに入れて30分ほど焼き、150度に下げてアルミホイルをふんわりとかけて20分ほど焼く。
*竹串をさしてみて生地がつかないかを見て、火が通っていることを確認してください。
5)ケーキを型からはずしてから上面にラズベリジャムをたっぷりとかけ、250度くらいで3分ほど焼く。
*ジャムを載せてから加熱するのは、ジャムの濃度を高めてジュレ状にするためです。すぐに食べるなら焼かなくても結構です。型からはずさずに焼き上げると、ジャムが手にくっついてとりはずすのが大変になります。



にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ
 | HOME |