2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.02.17 (Fri)

一歩前進したムスコのバレンタイン

3/11お料理教室への参加ご希望のご連絡をいただいた方々へ詳細のご連絡をメールでさせていただきました。
もしも、届いていないなどということがありましたら、ご連絡いただけますか?
どうぞよろしくお願いいたします!

話は変わりますが、ムスコにとって、今年はとても嬉しくて、特別なバレンタインになりました。

今月に入ってから私に新しいお友達ができました♪
まだ20代でとても繊細な感性を持ち、ものづくりをなさっている作家さんです。
私の会社の近所にあるお気に入りの緑茶カフェうおがし銘茶茶の実倶楽部でおしゃべりした後、「ムスコさんが召し上がれるようでしたら」とプレゼントをくださいました。

ムスコの大好きなフェアトレードのチョコレート

120210_0714~03

こちらは原材料がバナナと米ぬか油というだけのバナナチップス。

120210_0714~01

自動車と汽車のかたちのクッキーが入ったのりものクッキー
私が作るクッキーよりもカリポリした食感で、新鮮でした♪

120210_0717~01

いつも仲良くしていただいているchikaさんからもいろいろといただいてしまいました。

米粉や米麺などたくさん、たくさんいただいたのですが、その中でも特にムスコが気に入ったのが黄金糖
関西だけで販売されているらしく、実物を見たのは初めてでした。感動♡♡♡

120206_0808~02

chikaさんの旦那さんの超スーパー美味ないかなごのくぎ煮には、この黄金糖が欠かせないとのこと。
味の決め手なのだそうです。
純露の紅茶が入っていないベッコウ飴と似た味ですが、それよりも上品で甘さがあっさりしている気がしますので、お料理に使っても邪魔をしないのでしょうね。

ムスコはそもそも甘いものには目がなく、飴も大好きです。
黄金飴1粒あげたら、「はちみつのあじ♡」ととろけそうに幸せな顔でうっとり。
以来、ありがたいことに「黄金糖、あげようかと思ったんだけどなぁ」と言えば、いつもはぐずぐずしていてできない片づけでも着替えでもあっという間(笑い)
ものすごい御利益です♪

しおのど飴はあっさり味。
ムスコは「なんかかおりがする。しっているあじのようなきがする」なんて言いながら舐めてました。
おいおい、入っているローゼルもリコリスも月桃も知らないじゃないか~(笑い)
ムスコはこちらも気に入り、自分用の「飴箱」に入れていました。

120206_0808~01

箱の中には可愛い3人とchikaさんのメッセージも添えてあり、ムスコと私は大感激♪
ねえちゃんの「マイベイクフラワーおいしかった。ありがとう」という言葉に「他人を気遣える優しさがあって、大人だなぁ」と感心し、まーねえちゃんの可愛いビーズ細工に感激し、あっちゅ画伯の上手な絵に心がほこほこ&ワクワクしたのでした。

こっちは義妹が送ってくれたJR電車チョコ
中身のチョコをいろとりどりのラムネに入れ替えて送ってくれました。

120214_0958~02

紙でできた箱をじーっと見ると、運転席にはワイパーなどまで精密に描かれ、リアリティのある車両には乗客が乗っています!!
そういう細かいところを気にするムスコは大興奮していました。

下の画像は、去年の末から習い始めた少林寺流空手で一緒の女の子からもらったチョコ。

120213_2049~01

道路の絵が書かれた地図と乗り物(消防車、パトカー、自動車、電車)のチョコのセットでとても可愛いです。
もちろん、たっぷりとチョコには乳製品が入っています(笑い)

もらってすぐ、「これは乳製品が入っているから食べられないよ」と説明すると納得し、乗り物を並べて遊んだり、写真に撮ったりしていたのですが……。
ずっと見ているうちに、食べてみたくてしかたなくなったらしい(汗)

「かゆくなってもいいよ。たべたいの。たべてみたいの」と言うので、「絶対に痒くなっても泣かないでね。おかあに文句も言わないでね。痒くても我慢するなら食べてもいいよ」と答えると、「うん!それでもたべる。ボク、おにいちゃんだからなかない」と覚悟のほどを語ってちょっとずつかじっていました。
「じゃあ、たべない」って言うと思ってたんだけどなぁ……(涙)

ムスコは少しの乳製品であれば口にできるので、チョコレートに入っていた「全乳粉」の負荷を兼ねて私はムスコの様子を見ていました。
ムスコが口にできる発酵させた乳のチーズやヨーグルトより、全乳粉は強いからねー。

夕食後に食べ、ずっと右目だけをこすっていて、寝る時にポチッと蕁麻疹。
幸いなことに、あまり痒くない蕁麻疹のようで、本人もさほど気にしていませんでした。

それに懲りず、翌日の朝、「また、たべてみる~」と言うのでOKすると、1粒全部食べてしまいました(驚!!)

保育園のお迎えの時に見てみると、右側のほっぺだけが赤くてがさがさ。
太ももに血がにじんだかき傷。
それでも約束通り、決して「かゆい」とは言いませんでした。

さすが男、二言はないね~
あるいは、単に食いしん坊なだけなのか?(笑い)
ここで「痒い」と言ったら、二度と自分勝手に食べさせてもらえないもんね。

私がどの程度のアレルギー反応かを見極めるために「あれ、ここ赤いね。血も出てるけど」と指摘すると、「ああ、これね。たぶん、チョコのせいじゃない? でも、だいじょうぶだから」とさらりと言いのけたのでした。

でもね、その言動に、ムスコが大人になったようで、ちょっとだけ感動しました。
母だけにゆだねるのではなく、自分で食べるものを決めたいという意思が芽生え始めたのね、きっと。
その時がきて初めて知ったけど、ムスコにとって5歳はアレルギーっ子の独り立ちのスタート地点だったんだね。

私自身は「全乳紛」入りのチョコレートを食べさせようなんて思いもしなかったし、これまでだったらムスコも食べようとしなかっただろうと思うので、やはり、こういうのは縁というのか、タイミングなんだなー、と感じます。

こうやって、少しずつ、一歩ずつ、これからも前に進んでいけたらいいなと思ったバレンタインデーでした。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡








スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

喜んでもらえたみたいで、嬉しいわ♪
黄金糖は我が家でも『疲れが取れる~』ってお気に入りの飴ちゃんやねん。
暖かくなるとすぐにべっちょりになるんやけどね^^;

てか、ムスコ君、チョコで乳の負荷って、凄いやん!!
自分から分かってて食べてみるってのが、心がぐんと成長してるって事よね、ホンマに凄い!

ほんで、かゆいって言わんかったトコも偉いわ~。
ムスコ君、男やね(^_^)v
chika |  2012.02.17(金) 12:23 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.02.17(金) 13:41 |  |  【編集】

黄金糖って、関西のなんですねー!
岐阜もありますが、ちょうど真ん中だからでしょうか(^^)

料理に使うのは初めて聞きましたー!
あたしも試してみようかな♪

桃うさぎさんのお兄ちゃんといい、大きくなってから自分で「食べる!」って言い出す時は、食べられる時なんですかねー?

かなり前進しましたね!!
アレルギー症状出てるのに、「こんなのなんでもないよ!」みたいな息子くん、大人ー!ですね(^^)

りんかでは、なんでもかんでも食べたがるから全然あてにならないですけど(笑)
まみ |  2012.02.17(金) 21:38 | URL |  【編集】

Peopel Treeのチョコ大好きなんですー!あのビターなのにビターじゃない甘さ♪
欲しいけど欲しいけど・・・体重増加が1ヶ月に2キロもあったんです・・・単にオヤツの食べすぎで(恥)。
検診でやんわり注意されたので、今はオヤツは甘酒生活してます(コレはコレで幸せなんですけどネ)。
黄金糖って、コッチにしか売ってないんですね!ちょっとびっくりしました。美味しいんですよねぇー。
うっとり。
息子が、バレンタイン前に電車のおもちゃに入ったチョコが目について、飛びついてました。なんとかなだめて気をそらしたんですけど・・・来年は買うことになるんだろうなぁって思います。おせんべいとか詰め替えないとですねぇ。


それにそれに!
私、全乳粉にもびっくりしたんですけど、それ以上に驚いたのは息子さんの意思。
「食べてみたい」という意志が時には怖くもあったりしますが、これまでじっくり体の内からの声を大事にしてきたからこそ判断ができたりもするのかなと思いました。
そうやって、心も体も少しずつ少しずつ強くなっていくんですね。
男の意地にも乾杯です^^
そよら |  2012.02.17(金) 22:20 | URL |  【編集】

かっこいい~☆

息子くんも空手しているんだね~。
私も空手が大好きよ♪。
娘が4才くらいになったら、娘にもさせて、空手、復帰するつもり。
息子はその頃には、わたしの級を越えているだろうから、教えてもらえるだろうし(^-^)。

えららんさんの息子くん、大人~。すごく男っぽい(*^o^*)。
まさしく、引っ張っていってくれるタイプよね~。好みだわ~。

うちはヨーグルトもチーズも、まだ全然無理で(ToT)。
あそこまで無理だと、どんな風に付加させたらいいか悩んじゃうよ。
粉ミルクなんかを、「すっごく微量が量れる電子天秤を買って計量」ってのが出来たらやってみたいんだけどね。

パソコン、まだダメなの~。
で、ブログもお手上げ。
日曜日に修理に出す予定。
でもブログやらないと、すごく家事がはかどるよ~(・ω・)。
↑悔し紛れで、パソコンできない寂しさを、前向きに受け取ってみました(^_^)。

楽しい週末を~♪。 
桃うさぎ |  2012.02.17(金) 22:34 | URL |  【編集】

はじめまして。

はじめまして。
21歳の大学生です。アレルギーの事を調べててたまたま見つけました。
僕も卵と牛乳と甲殻類のアレルギー持ちです…

息子さんめっちゃ男前ですね(^O^)
痒みに耐えるのは相当気力がいりますからね…
なおや |  2012.02.18(土) 07:50 | URL |  【編集】

chikaさんへ

> 喜んでもらえたみたいで、嬉しいわ♪

喜ぶも何も、もう大騒ぎの大興奮でしたよ~
ムスコは食後に必ずデザートがほしいんだけど、「おかあ、きょうのデザートなににする? ボクはもうはちみつあめってきめてるんだよね♪」と言いながら、毎食後のように舐めています。
そんなにいつも舐めていたらありがたみがなくなるから、たまにのほうが嬉しいよ、って言うんですけど、「ボク、だって、はちみつあめがすきなんだもん。だいすきなんだもん!」だそうです(笑い)

> 黄金糖は我が家でも『疲れが取れる~』ってお気に入りの飴ちゃんやねん。
> 暖かくなるとすぐにべっちょりになるんやけどね^^;

やっぱり、chikaさんのお宅でも必需品なのですねー。
たしかに、素材がシンプルだし、気温があがると溶けちゃうかも。
でも、溶けちゃうくらいのほうが、食材がちゃんとしてそうで安心するわ~。
温かくなったら冷蔵庫に保存すればいいんだもんね♪

> てか、ムスコ君、チョコで乳の負荷って、凄いやん!!
> 自分から分かってて食べてみるってのが、心がぐんと成長してるって事よね、ホンマに凄い!

びっくりしたですよー、ほんと!
私はチョコで全乳乳の負荷をしようなんて夢にも思っておらず、もらわなかったら絶対にしなかったもん。
たしかにね、自分から食べてみるっていうくらい、自立心みたいなものが出てきたんでしょうね。

でもね、さすが遅延性のアレルギー反応が多いムスコ、食べた直後には出なくても、だらだらと痒みとカサカサが続いていて、食べて2日後に夜眠ったのに手の甲をとんでもなく引っ掻いて目が覚めたりしていて。

アレルギー反応は激しく出なくなってありがたいけど、長引くねぇ……。

> ほんで、かゆいって言わんかったトコも偉いわ~。
> ムスコ君、男やね(^_^)v

その根性にはちょっと感動したわ♪
絶対に泣きついてくると思ったのに、掻いてても泣かないし、「ここ、なでて」と言うから「チョコのせいでかゆいんじゃないの?」と聞くと、あとは何も言わなくなるから、「痒い」っていうのも言わないって覚悟を決めてたんだよね。
アレルゲンであると思いつつ勇気を持って食べたんだなー、と思います。

赤ちゃんの頃はかぶと大根とひえとMA1しか口にできなかったのに、お兄ちゃんになったもんです。
えららん |  2012.02.19(日) 09:35 | URL |  【編集】

鍵コメントさま

そうなんですよー、黄金飴って関西だけの素晴らしい飴文化なんですよ~
私、黄金飴みたいので知ってるのって、純露だけですもん。
初めてムスコと一緒に舐めて、上品な甘さで感動でした♪

やっぱり、鍵コメントさんもいつも買ってらっしゃるのですね。
そうですか、思い出の味なのですかー。
またお話、聞かせてくださいね。

以前教えてくださったこと、とてもとても参考になりました。
ありがとうございます。
反省なんて、そんな、そんな、そんな!!!

私もお弁当持参のほうが、日常的にムスコが食べているものですし、化学物質や食品添加物に敏感なムスコの体調をキープする意味でも一番安心かな、とは思います。

それと同時に、ムスコが「みんなとおなじのがいいの。おいしいじゃなくて、おなじのほうがいいの」と言うようになってきました。

これまではおやつなどでも代替えを作れないようなものだと「おいしいからいいよね」と言って納得していたのですが、今は「おなじにできないの? おなじがいいなー。おなじにできないんなら、それでもいいけどさ」という言い方になってきて、ムスコの価値観などを含む気持ちの変化が生じていることもあるかな、と感じるようになってきています。

保育園では給食から除去して出してもらっていて、みんながスパニッシュオムレツの時に、スパニッシュオムレツの具だけを炒めたものを出してもらっているのですが、それでも給食を作ってらっしゃる方が作ってくださったから、みんなと同じもの、という認識のようなのです。
私が野菜炒めを持たせたら、間違いなく、「みんなのとちがう!」ってムスコからクレームが入ると思いますが(笑い)

そんなこともあり、バレンタインの「かゆくてもチョコをたべてみたい」というムスコの自立心の芽生えのこともあり、心の成長のためにはアレルギー対応をしてもらって給食を食べさせてあげられるのがいいのかな、と感じているところです。

たしかに、放射能のことも非常に気になります。
ムスコの保育園でも何か月かに1回、給食の検査をしているのですが、食べ終わった後にしばらく経ってから発表されますから(涙)

それに、なんだかよくわかりませんけど、過去に牛乳で10ベクレルの放射能が検出されたんです。
その時は牛乳の抜き打ち検査を偶然していたらしく、あわてて放射能が入っていなかった牛乳に変えたとか。
でも、区のホームページを見ると、その放射能が検出された日の牛乳も「不検出」と記載されていて、微妙な気持ちになりました。
まあ、検査をまったくしていないよりはマシですけど、たぶん、保護者を安心させるためだけに形式的に行われている検査なのでしょうね……。

いろいろと調べたり、考えたりしていますが、結局は、ムスコはご縁のある学校に入学させていただくことになるのだと感じますし、あまり神経質になりすぎても私のほうが不安になりすぎて良くないなと思っています。

鍵コメントさんが書いてくださった、『「食べてみる」「症状を自覚できる」「自分で判断する」「悩む」「悲しむ気持ちから立ち直って考えてみる」「やめる決断もできる」ということは、人生の中で、とっても有意義な経験だと思います。・・・というか、「全てのものを食べられる」ことより、そういうことが学べる方が(比べるもんじゃないけれど)はるかに価値があると思います』という言葉、まさにそのとおりだと思います。

自分と向き合い、問題点を考えたり、その問題を乗り越えた時の達成感を感じたりしながら成長していってほしいな、と思います。
そして、アレルギーがあることで、「みんなと同じ」はなかなか難しいけれど、「違ってもいいんだ。それはそれでボクだから」と感じられるくらい心が強くなっていってくれるよう、サポートしてあげられたらいいな、と思っています。

いつも一緒に考えてくださり、先輩としてたくさんの貴重な情報やアドバイスをくださり、ほんとうに感謝しています。
ありがとうございます。
えららん |  2012.02.19(日) 10:11 | URL |  【編集】

まみさんへ

> 黄金糖って、関西のなんですねー!
> 岐阜もありますが、ちょうど真ん中だからでしょうか(^^)

まみさんも黄金糖、ご存知でしたか~
たぶん、関西圏にお住まいだからですよね。
いいなー、ご近所で売っていて。

> 料理に使うのは初めて聞きましたー!
> あたしも試してみようかな♪

chikaさんに聞いて、飴をお料理に使うなんて!?とびっくりしました~
でも、ネットで見たりしたところ、いかなごのくぎ煮にはコクを出すために欠かせないものだということがわかりました。
関西のお料理の味の秘密の一端を知ったようで、なんだか嬉しかったです♪

それに、上品な甘さなので、豚の角煮とか、煮魚とか、甘味を加えるお料理に向いているんじゃないかなー、と感じています。

> 桃うさぎさんのお兄ちゃんといい、大きくなってから自分で「食べる!」って言い出す時は、食べられる時なんですかねー?

もしかしたら、そういうこともあるんじゃないかな、と今は感じています。
これまでは私にアレルギーに関することはすべてを委ねている感じだったのですが、チョコのことでは自分で積極的に判断していったので、心と身体の両面からアレルゲンに対する不安な気持ちを乗り越え、「たべてみよう」って思ったのかもしれないですね。

重篤なアレルギー反応は出なかったのですが、痒みやカサカサがずっと続いているので、本人はどう思っているのかはわからないですが。

小学生くらいになるとお友だちを一緒に遊ぶことも増えますし、学童保育などのおやつのこともあるので、何と何がアレルゲンで、どんなものだったらどの程度食べられるのかを自分で判断することを覚えさせていくことも大切だなぁ、と感じています。

でも、勝手に食べちゃって、体調や量の問題で重篤なアレルギー反応が出ないとも限らないし、まだ私の眼の届くところで少しずつ本人の意志を尊重しつつ負荷を進めていきたいと思います。

> かなり前進しましたね!!
> アレルギー症状出てるのに、「こんなのなんでもないよ!」みたいな息子くん、大人ー!ですね(^^)

ありがとうございます!
今年の春から年長さんになりますし、クラスの子たちにも刺激を受けて、「男は強くなくちゃ」とか「赤ちゃんだから泣かないよ」とか言っています(笑い)
そういう心の成長が嬉しく感じられました。

> りんかでは、なんでもかんでも食べたがるから全然あてにならないですけど(笑)

うちはひとりっこなのでムスコの食べるものは私が管理できますが、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいると、同じものを食べたいって思いますよね。

でも、食べたいという食への興味はアレルゲンを理解していく上でも非常に大切なことだと思います。
食べてみたいという強い気持ちがあるから、「いつか大きくなったら食べられるよね?」とか未来に対する希望も持てるんだと思います。

ムスコは「かぶ、大根、ひえ、MA1」からスタートして、食べさせてもらえるものだったらなんでもよかった時期を経て、「あれ、たべてみたいなぁ」とお友だちや大人が食べているものを羨ましがるようになり、少しずつ心と身体の成長が伴い、食べられるものが増えてきたように感じます。

お互いに、少しずつ、一歩ずつ、進んでいけるといいですよね。
えららん |  2012.02.19(日) 10:35 | URL |  【編集】

そよらさんへ

> Peopel Treeのチョコ大好きなんですー!あのビターなのにビターじゃない甘さ♪
> 欲しいけど欲しいけど・・・体重増加が1ヶ月に2キロもあったんです・・・単にオヤツの食べすぎで(恥)


おいしいですよねー、風味があって。
丁寧に作られたチョコだな、って思いますもんね。

妊娠中の体重増加……私もそうでした(汗)
先生に注意され、栄養士さんに注意され、自分でも注意したいという気持ちがありながら、自分に甘くて「もう、ちょっとだけ」とか「ご飯のおかずでカロリーを少しセーブしたから」とか言い訳しながら食べてて血糖まで出た私でございます(涙)

そよらさんはちゃんと甘酒を楽しみつつ、体重もセーブするためのおやつの見直しもなさっているようで、すごいです!

あと少し、ですね。
白砂糖は身体を冷やしますし、血液の質にも影響すると聞きますから、甘酒生活で乗り切ってくださいね♪
どうぞお体を大切になさってください。

> 息子が、バレンタイン前に電車のおもちゃに入ったチョコが目について、飛びついてました。なんとかなだめて気をそらしたんですけど・・・来年は買うことになるんだろうなぁって思います。おせんべいとか詰め替えないとですねぇ。

そうですねー、お互いに、子鉄くんですもんねー。
私たちはママ鉄でしょうかね、いやがおうでも(笑い)

電車のパッケージ、とにかく欲しがりますよね。
私も、もなかだ、チョコだ、お菓子だと電車パッケージのものを買いますが、買った後の寿命はせいぜい長くて1か月ですねぇ。
だって、ただの箱なのに、電車のおもちゃみたいに走らせて真剣に遊んじゃいますから(汗)
でも、たしかにデザインが可愛いですよね♪

> 私、全乳粉にもびっくりしたんですけど、それ以上に驚いたのは息子さんの意思。
> 「食べてみたい」という意志が時には怖くもあったりしますが、これまでじっくり体の内からの声を大事にしてきたからこそ判断ができたりもするのかなと思いました。

全乳粉は危険なアレルゲンとして避けていたので、ムスコが食べてみたいと言った時もドキドキでした。
でも、このタイミングは何か意味があるかも!?とも思いました。

というのも、これまでは私がダメと言えば諦めていたし、こんなに主張したことはないんです。
母の指示に従っていれば大きなアレルギー反応が起こることはないと認識していたと思うのですが、それが転機を迎えたんですねぇ。
私にとっては突然のことのように思えましたが、ムスコの身体は「そろそろ食べてみる準備ができたよ」と教えてくれたのかもしれないですね。

まだまだ食物アレルギーっ子であることには変わりないので、今回のことで自信を持ちすぎて勝手に食べるようになると困るなとは思うのですが、いいチャンスなので、「これは食べられるよ、こっちはダメよ」というだけじゃなく、もう少し深いところまで食物アレルギーのことを説明してみようかな、と思います。

乾杯、ありがとうございます!


えららん |  2012.02.19(日) 19:11 | URL |  【編集】

桃うさぎさんへ

> 息子くんも空手しているんだね~。
> 私も空手が大好きよ♪。
> 娘が4才くらいになったら、娘にもさせて、空手、復帰するつもり。
> 息子はその頃には、わたしの級を越えているだろうから、教えてもらえるだろうし(^-^)。

そうだったのね、桃うさぎさんは空手をやっていたのね~
かっこいい!
娘ちゃんと一緒に空手、いいねー!!!

ムスコが習っているのは実戦がメインじゃなくて、型や礼儀をみっちり習った後、組み手をやるの。
空手という武道を行うと、その技によって相手に危害を与えうるということをきちんと理解できないうちに組み手などの実戦を行っていくのは心配だったしね。
そのためか、ムスコが習っている流派では、女性や子どもが多いです。

> えららんさんの息子くん、大人~。すごく男っぽい(*^o^*)。
> まさしく、引っ張っていってくれるタイプよね~。好みだわ~。

今回のことでは、いままでに見たことがない積極性を見せてくれ、大人になったなぁ、とは思ったのですよ。
「かゆい」って、私との約束を守って言わなかったし。

ただねー、引っ張って行けるほどの積極性があるかというと、食べ物以外はまだダメで……(汗)
あまりにも引っ込み思案なので、今は先生に仲介に入ってもらえたりするからいいけど、小学生になってからお友だちとうまくかかわれるか心配でございますよ。

そんなこともあって、心と身体を鍛えるために空手を習い始めたんだけど……これがまた、空手の先生にも甘えちゃって(汗、汗)

引っ張るはムリでも、せめて自分のしたいことをお友だちに伝えるとか、「一緒に遊ぼう!」って声をかけられるようになってほしいわ。

> あそこまで無理だと、どんな風に付加させたらいいか悩んじゃうよ。
> 粉ミルクなんかを、「すっごく微量が量れる電子天秤を買って計量」ってのが出来たらやってみたいんだけどね。

そうなんだよねぇ、負荷って悩むよね。
負荷をしたいわけじゃなくて、安全のために、どのくらいまでOKなのかを知りたいんだよねぇ。

微量の負荷からスタートさせていく時には入院負荷になるよねぇ。
先生や看護士さんたちがいるのは心強いもんね。

桃うさぎさんはマクロビっぽい食生活をしているから、日常的に乳製品はほとんど摂取しないでしょ?
私もそれほど乳製品を必要としていないし、牛乳も好きじゃないし、私の個人的な考えだと日本人の体質には乳製品があまり合わないんじゃないかとも思っていて……。

でも、西洋的な栄養学だと牛乳は大切な栄養源ということになっていて学校給食でも、外食でも、加工食品でも「乳」が使われたりするから、安全のために、少しの乳を口に入れても大丈夫になってくれたら、って思うもんね。

桃うさぎさんは栄養に関して深い知識があるから、いろいろと考えてらっしゃると思うけれども。

> パソコン、まだダメなの~。
> で、ブログもお手上げ。
> 日曜日に修理に出す予定。
> でもブログやらないと、すごく家事がはかどるよ~(・ω・)。

パソコンが修理に出てしまったのですね。
ほんと、パソコンがないと他のことをできるよねー。
いろいろな方のブログにお邪魔したり、調べものをしているとあっという間に時間が経ってるもんね(汗)
娘ちゃんとの時間や家事を楽しみつつ、お過ごしくださいね♪
えららん |  2012.02.20(月) 07:06 | URL |  【編集】

なおやさんへ

> はじめまして。
> 21歳の大学生です。アレルギーの事を調べててたまたま見つけました。
> 僕も卵と牛乳と甲殻類のアレルギー持ちです…
>
> 息子さんめっちゃ男前ですね(^O^)
> 痒みに耐えるのは相当気力がいりますからね…

はじめまして。
コメントを残してくださり、嬉しいです!

アレルギーのことを調べていて、私のブログを見つけてくださったのですね。
ありがとうございます。

卵と牛乳と甲殻類にアレルギーをお持ちなのですね。

ムスコのこと、誉めてくださり、ありがとうございます。
ムスコは今回、ほんとうに頑張ったと感じています。
アレルギー反応のことを考えてもなお、「食べてみたい」という思いが強かったのでしょうね。

自分のアレルゲンがどのようなもので、それを食べるとどのような反応が起こるのかをきちんと理解し、大きくなるにつれ、自分で自分の食べるものをきちんとコントロールできるようになるといいな、と願っています。

痒みはつらいですよね……。
痛みよりもつらいのではないかと思うこともあります……(涙)

なおやさんが21歳の大学生とうかがい、ムスコも大きくなったら、なおやさんのように自分のアレルギーに関心を持ち、向き合って行けるようになるといいな、と思いました。

ちょうど私はムスコの小学校のことで悩んでいたところだったので、なおやさんのコメントで勇気をいただきました。
ありがとうございます。


えららん |  2012.02.20(月) 07:14 | URL |  【編集】

黄金糖!!!

これ、私も大好きなんですが、関西方面だけの発売だったとは知りませんでした^^;

持病で入院した時に2ヶ月、3ヶ月絶食した事があるのですが、飴とガムと水分(繊維質のないジュースやお茶)のみ許されていたんです。で、点滴で普段以上のカロリーを体内に入れているにも関わらず、空腹と口さみしさにそれはそれは色んな種類の飴を買ったり買ってきてもらったりしてまして…もうね、別の病気になるんじゃないかというくらい、ものすごい量を消費したと思います(苦笑)
その時に、飽きもせず欠かしたくなかった飴が、この黄金糖とカンロ飴でした♪

黄金糖、ホント上品な甘さで、しかもキレイですよね~♪

何だか久しぶりに食べたくなってきました!また、買ってみようっと^^


ムスコくん、男前ですね~!
ひどい事にはならないとも分かったという事も良かったですし、やっぱり身体の声を無意識のうちに感じとっているというのはあるんでしょうね♪
たくさんのバレンタインのプレゼント良かったですね^^
pekklenn |  2012.02.20(月) 11:48 | URL |  【編集】

pekklennさんへ

お返事が遅くなってしまい、すみませんでした。

> 持病で入院した時に2ヶ月、3ヶ月絶食した事があるのですが、飴とガムと水分(繊維質のないジュースやお茶)のみ許されていたんです。で、点滴で普段以上のカロリーを体内に入れているにも関わらず、空腹と口さみしさにそれはそれは色んな種類の飴を買ったり買ってきてもらったりしてまして…もうね、別の病気になるんじゃないかというくらい、ものすごい量を消費したと思います(苦笑)
> その時に、飽きもせず欠かしたくなかった飴が、この黄金糖とカンロ飴でした♪

2、3か月もの絶食という大変な時をお過ごしになったのですね……。
点滴で栄養分が足りているとはいえ、食べ物を見て、においを嗅いで、かんで味わって、という、いわゆる「食べる」ということをしないと、空腹感や口淋しさは生じてしまいますよね。
pekklennさん、身体のためとはいえ…点言葉にできないほど切なかったでしょうね。
ほんとうに、ほんとうに、おつかれさまでした。

pekklennさんは黄金糖とカンロ飴を召し上がっていたのですね。
やはり、シンプルな味は食べ飽きしない、ということなのでしょうね。
アレルギー対応食を食べていても思いますが、素材の味が活きている味というのは、一番のおいしさですよね♪

> ムスコくん、男前ですね~!
> ひどい事にはならないとも分かったという事も良かったですし、やっぱり身体の声を無意識のうちに感じとっているというのはあるんでしょうね♪

ムスコを誉めていただき、ありがとうございます。
なにか、身体で感じることはあったのではないかと思います。

今回のことで「お友だちからもらった乳入りチョコレートはとてもかゆくなる」→「うちにあるチョコレートはかゆくならない」→「同じチョコなら、かゆくならないほうがいい」という公式ができたようです(笑い)

ムスコはチョコがとても好きで、リンツの99パーセントという砂糖が1パーセントしか入っていないものすごく苦いチョコでも平気で食べていて、もらった乳入りチョコとは風味が違うため、そういう違いにも気づいたようです。

今年は予期せぬプレゼントをもらい、ムスコが食物アレルギーについての自分なりの理解を深められて、とてもよかったな、と思います。
えららん |  2012.02.27(月) 06:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1149-05400c8a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |